健康・体質・栄養

浮腫みの内臓アプローチ、追加ポイント

おはようございます
ALLアプローチ協会 鈴木正道です。

本日は浮腫みのアプローチに関して

追加情報をお伝えいたしま

動画でご覧になる方はこちらから↓

 

浮腫みに対する

アプローチとして

今までのメルマガで

お伝えしてきた内容ですと

 

末梢血管にアプローチする方法

距骨か関節周囲の血管や

中足骨間の血管の硬さをとっていく

アプローチ方法

これは血管に針を刺すようなイメージで

血管に圧をかけながら血流を

回復していくアプローチです。

 

結局リンパの流れは血管の血液の

流れに依存するため血管の硬さや

関節や骨と一緒にアライメント不良を

起こしてしまった血管を整えていくことが

必要となります。

 

筋・筋膜のアプローチでは

鎖骨下の筋・筋膜

鎖骨下筋や小胸筋の循環や

第一肋骨・鎖骨に関わる

筋・筋膜のリリースや

伸張をしていくことで

鎖骨下動脈へのリンパ液の

流れを整えていくことが

有効となります。

 

 

全身でみていくと、

8つの隔膜構造を整えていく

ことも重要でしたね。

①足底
②膝窩
③骨盤底
④横隔膜
⑤前頚筋膜
⑥後頭下
⑦小脳テント
⑧鞍隔膜

 

これらの隔膜は

お互いが関係し合うので

どこかをキチンと働かせると

他の隔膜にも影響を与えることが

できます。

 

鞍隔膜や小脳テントは

蝶形骨や後頭骨・側頭骨から

テンションを感じることが

できますが、

正直よくわからない場合、

後頭下や前頚筋膜の

緊張や硬さをリリースしてから

頭蓋の動きを見ていけば

ある程度変化をみていく

ことは可能です。

 

8つの隔膜や血管のリリースは

浮腫みをとるための

基本テクニックとして

腫れやむくみが強い人には

10分程度でパッパと整えて

あげてください。

 

加えてアプローチしていくのが

内臓になりますが、

内臓にアプローチといっても

内臓にアプローチするだけが

内臓アプローチではないことも

知ってください。

 

先ほど説明した

8つの隔膜構造を

アプローチしても

内臓のアプローチにもなります。

横隔膜や骨盤隔膜、前頚筋膜は

内臓や血管と膜で

べっちゃりくっついているので

これらの隔膜構造の動きを

改善するだけでも

内臓循環は改善します。

 

これが重度の心不全や肝硬変などで

浮腫んでいるのであれば

そこまで大きな効果は期待できないかも

しれませんが、

腫れや、構造的な循環の浮腫みであれば

改善されやすくなります。

 

 

特によくアプローチをするをする

内臓が、肝臓・腎臓・心臓です。

肝臓はたんぱく質合成に関わり、

腎臓は塩分の排出に関わり、

心臓は全身循環に関わります。

 

 

これらの内臓のアプローチ方法は

順次細かくメルマガで

お伝えさせて頂きます。

 

続いて

肺・脾臓・腸のアプローチが

必要な場合も多く出てきます。

 

 

肺も心臓と合わせて

全身循環に重要となり、

 

脾臓はリンパ・造血系から

循環に関わります。

腸の動きが悪いと、便秘などのから

腸内毒素の再吸収などが

体内の浸透圧を狂わせてむくみにつながります。

 

そして女性や高齢者の浮腫みの原因として

とても重要なのが、胃を原因としたむくみです。

 

胃の役割で重要なことは

胃酸が食べ物全体の消化を担うこと

ペプシンがたんぱく質の消化をすること

胃酸がミネラル、

特に鉄の吸収に重要となることです。

 

最近の高齢者はほぼたんぱく質不足と

言われていますが、

なぜタンパク質不足か考えると

たんぱく質摂取量が単純に減っている。

これは、胃酸や消化酵素であるペプシンや

肉に含まれる脂質の分解能力が

低下してきて若い頃より

タンパク質を避けるようになってしまうから

ですね。

私も今年で35になりますが、

20代前半より確実に食べれなく

なってきています。

 

単純に避けて食べる量が減り

たんぱく質不足になるに加えて、

たんぱく質を消化吸収できなくなる

ことがさらに追い打ちをかけて

たんぱく質不足を加速させます。

 

 

これに加えて鉄の吸収も悪くなると

血液の材料が全然不足してしまうので

より浮腫みやすくなってしまいます。

 

血液の中身である

アルブミンと赤血球が減少すると

血液の濃度が薄まってしまうため

血液中の水分を細胞外へ出すため

浮腫みが起きます。

 

胃の不調から貧血やたんぱく質不足

低栄養から浮腫みになるのであれば、

胃の不調を招く原意も浮腫みの原因に

なりますね。

 

 

胃の不調を招く原因が、

胃酸過多もしくは胃酸不足の

どちらかになります。

 

 

日本人は胃酸不足と言われているのですが、

皆さんはすぐに胃薬を飲みます。

それのほとんどが胃酸抑制材なのです。

 

 

本当に胃酸過多で胃の不調なのか、

胃酸不足で胃の不調なのか

分からないまま、

胃薬を常用する若者や、

鎮痛剤の飲みすぎで、

整腸剤や胃薬を一緒に飲み続ける

高齢者は胃の調子を落とす原因が

尽きません。

 

 

そういった薬剤による

胃の不調もありますが、

心理的なストレスや環境的なストレスにより

胃の働きが抑制されているケースも

浮腫みにつながりやすいので

注意が必要です。

 

感情の解放といったテクニックも

ありますが、

皆さんの相手の話を聴く力を

鍛えるだけでも相手の感情やストレスは

整っていきますので、是非浮腫みの

原因を深く追求していこうと思ったら、

胃とストレスにもフォーカスしてみてください。

 

 

浮腫みのテクニックとして

アプローチを一つに絞ることは

難しいですが、

原因を整理して理解できていれば、

自分にできる範囲のことも生理

できるようになりますね。

 

 

患者様に必要なアプローチや

生活指導を是非行うようにしてください。

本日も最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 前脛骨筋の解剖学的特徴+アーチの基礎を解説【血管、神経、アーチについて…】
  2. なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
  3. 筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介
  4. 【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?
  5. コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    脂質の役割を考える {健康油って流行ってるよね?}

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?皆さん こんに…

  3. ALLアプローチ協会

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】皆さん こんにち…

  4. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】デスクワーカーへの疼痛改善に有効な筋アプローチ

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. 健康・体質・栄養

    ぶっちゃけ酵素ドリンクってなんなんだ?

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. メンタルアプローチ

    東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  2. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    本物のセラピストになるために part1
  3. 内臓治療

    自然治癒力を上げる頭寒足熱にするための筋膜・内臓・頭蓋・経絡アプローチについて
  4. ALLアプローチ協会

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】
  5. 健康・体質・栄養

    【アレルギー】アレルギーに対する内臓アプローチ5つ
PAGE TOP