健康・体質・栄養

大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
大腸、小腸、S状結腸、盲腸について!役割は?内臓治療!
というテーマでお伝えしていきます。

【小腸について】
まず、十二指腸→空腸→回腸の順番で説明させて頂きます!

十二指腸は、ローマ字のCの形をしており25㎝程度です。

十二指腸は、肝臓や膵臓から管がつながっておりオッディー括約筋が胆汁と膵液を調整している。

十二指腸→空腸になる際はトライツ靭帯を超えると空腸となります、
※トライツ靭帯は、腸の固定の役割を持っております。

小腸の話をすると非常に長くなってしまうので、小腸経での治療の話をさせていただきます!

小腸経は、手の少指の外側から始まり小腸に向かう経絡です!

小腸経を使用する際は
・小腸の治療のため
・腰痛
・肩こり
・目や耳の障害
・記憶力などに行うことが非常に多いです!

【大腸の役割について】
内臓治療する前は、私も排泄の機能しかないと思っていたのですが

大腸の働きは、排泄だけではないんです!

3つの役割をご紹介!

①消化・吸収
何を消化・吸収するかというと
水分、食物繊維を発酵、電解質吸収など

②排泄
解毒の8~9割は便で行われます!

③免疫

回盲弁は(盲腸と回腸のところ)が免疫(善玉菌を備蓄しているため)と関わっている所です!
※場所は、ASISと臍の間で3等分したところのASIS側にあります。
盲腸が、虫垂炎となるところですね。

押した際に圧痛があれば、回盲弁が硬くなっている証拠ですね。

アルコールの吸収や免疫疾患に関与しております。

ちなみに……
上行結腸側の神経支配は……迷走神経(頸部に症状が出やすい)
下行結腸側の神経支配は……骨盤神経(腰痛として、症状に出やすい)

解剖学的特徴としては、

右側に肝臓、左側に脾臓があり圧迫を受けやすい構造となっている。

結腸曲に圧迫を受けそこから子宮を二次的にも圧迫してしまうため

内臓治療を行う際は、そこも意識する必要があります。

【大腸の治療について】
回盲弁の反射点は、
・右母指球の近位部
・第3肋骨の外側(右)

もしくは、第3~5頸椎反射利用して治療しても可能です。神経支配が一緒です。

●S状結腸について
反射点一覧
・左母指球近位部
・第3肋骨外側(左)

大腸評価・治療についての記事はこちらからどうぞ↓
https://allapproach1.com/allアプローチ協会/内臓治療/大腸₋評価₋治療.html

私は、大腸の治療では大腸経を使用することが多いです!

経絡治療ですね!

大腸経は大腸に関係している経絡です!

有名な合谷(ごうこく)というツボも大腸経の一つですね!
全然関係ないですが顔に現れる症状や肝臓由来は、合谷をマッサージすべきと言われております。

大腸経の治療をやる際は
・大腸の治療に使用
・肌荒れ
・頭痛
・歯痛
・肩こり
・腰痛
・充血
・炎症
・腫れの痛みなど様々です!

本日の記事はこれで以上となります!
毎日メルマガ配信しておりますので、ぜひご登録お願い致します。

【前回の復習はこちらから↓】
ポジション治療について
https://goo.gl/zD59R3

【治療の関連記事はこちら↓】
カーフサインって知っていますか(内臓の関係)
https://goo.gl/qRTbpg

糖化の恐怖とは?
https://goo.gl/jZvjbZ

それでは、また明日!
山口 拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】
  2. 目標達成に必要な事とは?必要なテクニック紹介!
  3. 副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】
  4. 内臓治療におけるしわ寄せとは?
  5. 【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ

関連記事

  1. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. メンタルアプローチ

    ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ

    おはようございます。オールアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道で…

  3. ALLアプローチ協会

    理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)

    マーガリンについて・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よ…

  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由

    内臓治療がなぜ構造的なアプローチを必要とするのか・・・?From …

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  6. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?

    内臓治療について・・・From 山口拓也埼玉県 越谷 整体院よ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介【ALLアプローチ協会】
  2. ALLアプローチ協会

    どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?
  3. 受講者の声

    【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーin東京】受講生さんの声(大塚先生)(谷内先生…
  4. 内臓治療

    【内臓治療セミナー事前学習】 心臓アプローチに必要なイメージをより明確する
  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例
PAGE TOP