ALLアプローチについて

肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」

おはようございます。
 
オールアプローチ協会  鈴木 正道です。
 

シリーズとしてお伝えしている西洋・東洋の視点における肝臓治療の第ニ回は 

西洋学的視点における生理学的特徴です。
 
 
本日は肝臓の生理学的視点として、肝臓の機能について説明させていただきます。
 
 
 
 
 
肝臓役割を大きく分けると5つに分かれます。
 
①解毒
 
②エネルギー代謝
 
③貯蔵
 
④胆汁の生成
 
⑤循環
 
 
この役割を理解することで、生理学的に患者様の訴えを理解し、問診や思考に役立てることができます。
 
 
①解毒
 
  アルコール分解(アルコール脱水素酵素・アセトアルデヒド脱水素酵素) 
 
  アンモニアを尿素に変えて排出する。
 
  薬物・添加物・化学物質(第一層解毒システム:シトクロムP450  第二層解毒システム:抱合反応)  
 
  など体内に入った化学物質を酵素の働きで体外に排出できる状態にする。
  
 
②エネルギー代謝
  糖質・脂質・炭水化物を代謝して、体の中で使えるエネルギーに変換する働き
 
 
③貯蔵・合成
 
  グリコーゲン・タンパク質・脂肪を合成、貯蔵、分解し必要に応じてエネルギー源として送る(この代謝によって発生する熱は、体 
 
  温の維持に役立つ)
 
  ビタミン貯蔵・合成  
 
 
④胆汁の生成
 
 胆汁成分=胆汁酸・ビリルビン・コレステロール、リン脂質、脂肪酸
 
 胆汁は肝臓で老廃物から合成されますが、消化においては胆汁酸が脂肪を乳化することで膵液内のりパーゼの働きを促し、脂肪の吸収
 
をサポートもします。
 
 ビリルビンはヘモグロビンの老廃物(ヘム鉄+グロビンタンパク=ヘモグロビン)グロビンタンパクをビリルビンとして排出する。ビ
 
リルビン排出がうまくいっていないと黄疸が出る。
 
⑤循環
 
心臓を含め、肺・腎臓・肝臓が一連の流れとして循環を作っています。
 
心臓に入る血流の抵抗を前負荷・心臓から出ていく血流の抵抗を後負荷といいますが、心臓の働きが低下していると肝臓から心臓へ送
 
る血液の流れが滞ることで肝臓自体の血流も低下していきます。
 
また心臓から血液を出していくのにも血管の抵抗が腎臓の水の排出機能や血圧調整機能が乱れていると心臓にとって後負荷となり、後
 
荷が慢性的に高まると結果的に前負荷を高めることになります。
 
 
肝臓の機能を知っていくと、人の体が回復していく上で必要不可欠な機能がつまっていることがわかります
 
 
機能を理解することで、たとえ血液データで肝機能の数値に異常をきたしていなくても、顔色やむくみ、吹き出物や肝臓周囲の動きの質
の低下など、肝臓へのアプローチを選択する上での示唆を多く得ることができますのでご活用ください。
 
 
 
 追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会

公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!

テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

ALLアプローチ協会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  2. 内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
  3. リウマチに対応できるセラピストになるために
  4. ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎
  5. 【頚椎症】なかなかとりきれない痛みを改善させる!有効な内臓治療とは?

関連記事

  1. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    こむら返りに対する対処法と指導法について

    いつもメルマガを見てくださっている皆様有難うございます…

  3. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】From 山口拓也…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由

    内臓治療がなぜ構造的なアプローチを必要とするのか・・・?From …

  6. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】内臓由来の関連痛 背部の痛みと痺れ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える
  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例
  3. ALLアプローチ協会

    ボウストリングの重要性〜症状の戻りを減らせる秘訣とは〜
  4. 内臓治療

    ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  5. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのエビデンスに基づく「白湯の作り方」
PAGE TOP