内臓治療

肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】

 
皆さんこんにちは!
 
ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 
今回も、治療テクニックと心理学を理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
肝臓評価 反射点や見るべきポイント
というテーマでお伝えしていきます。

【肝臓の反射点】
①右母指の水かき 

②第2肋骨中央

③アキレス腱移行部

④右上腕内側部

⑤第6胸椎左右

【反射点の使い方】

・上記の①~⑤は、肝臓と関係している血流やリンパが関係している部位ともいわれています。(文献によって様々ですが)

・反射点を押しながら肝臓リリース時することで肝臓をさらに緩ませることができます!

・患者さん本人が反射点を押すだけでも肝臓のセルフメンテナンスにつながります!

・評価として使ってください。圧痛や硬さを見ましょう。

【他に評価すべき点】

・胸郭の硬さ:肝臓は後下方に変位しやすく肝臓の硬さが胸郭の硬さにつながります。治療の前に胸郭の硬さを評価してみましょう。

・大腰筋上部をチェック。肝臓は、大腰筋上部との関連性が非常に高いです。

・肋骨弓や鎖骨の位置もチェックしましょう。アライメントチェック。可動域もチェックしましょう。(肩関節や体幹)

・肝経の井穴の硬さをチェックしましょう。肝経は、DFL(ディープフロントライン)の筋膜に関係してます。

      

・前頭骨ともつながりあり。1次呼吸や前頭骨の硬さもチェックしてみましょう。

 

<関連記事>
筋膜×経絡×内臓調整のヒントについて↓
https://bit.ly/2IOXoSC

 

【まとめ】

是非皆さんも使ってみてください。

それでは、また明日!

山口 拓也

FBやツイッターでこの記事を広げてくれると嬉しいです♪( ´▽`)↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  2. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!
  3. 【エネルギー療法】霊気・地殻・気功~エネルギー3つの源について~
  4. 肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」
  5. 内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介【ALLアプローチ協会】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】脾臓治療の効果を最大化するマル秘テクニックとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました…

  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】内臓治療で右肩の夜間痛が改善するのはなぜか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  3. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

  4. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】

     皆さんこんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也で…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】首の痛みに有効な内臓アプローチについて 

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  6. 五十肩

    肩こりアプローチ 見逃しやすい筋膜3つのポイントについて

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法
  2. ALLアプローチ協会

    松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】
  3. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ
  4. 内臓治療

    内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  5. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ第4弾】末梢毛細血管を守って増やす3つのポイント(脊柱管狭窄症・…
PAGE TOP