内臓治療

脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院デスクから…

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
脈診とは?
というテーマでお伝えしていきます。

正直もう脈診全然しなくなってしまったのですが、知ってて損でない情報だと思いますので
簡単に説明させて頂きますね!

【脈診って何?】
東洋医学の話になりますが、患者さんの脈で内臓の状態や妊娠の有無、ストレスのかかり方、風邪のかかる前などを判断できる診断方法ですね。

良く韓国ドラマや歴史のドラマで登場するのがこの脈診です。私もドラマで数回だけど見たことがあります。

元々脈診は中国で紀元前に生まれたものです。ここまで話すと理学療法士さんや作業療法士さんは怪しいと思うと思います。

私も怪しい…そう思いました!

しかも、診断だけでなくそこから治療もできるからすごいですよね。

ですが使ってみると案外楽しいもので評価基準が1つ増えて臨床に取り入れてましたね。今では、脈診なしで評価してしまいますが

1度知らない人は頭の片隅に入れておくといいと思います。

では、やり方を紹介させて頂きますね!

正直やり方もたくさんあるし私も深くまで把握していないので、一般的な方法を理学療法士、作業療法士向けにご紹介致します!

近くに鍼灸師さんがいらっしゃればそこから聞いてみてもOkです。

【脈診の方法って?】
一番ポピュラーで簡単かつ有名であれば、六部定位比較脈診だと思います。

と言っても分からないとは思いますので、具体的な方法としては…

①手首に3本の指をあてる(脈が触れることろ)。指先が触れる場所は、手首遠位側から寸、関、尺と呼ばれそれぞれの場所で感じる脈を個別に評価していく。これを両手同時に行いそのバランスなどから病状を読み解く。脈の強さがそれぞれ違うので感じてみてください。

難しいですが、私は内臓の状態を評価するためだけに最初は行っていました。本来は、28種類の脈系から状態を見極めるのですが難しいですからね…

下気に内臓との関係を記載しておきます!

●左手
心→寸(遠位の方)
肝・胆→関(真ん中)
腎臓→尺(近位)

●右手
肺→寸(遠位)
脾・胃→関(真ん中)
腎→尺(近位)

動画でも話していますのでご覧ください。

【まずは、何も考えずに脈診をやってましょう。】
脈は、とても変化しやすく日常生活でも朝と夜は比較的ゆっくりしているが日中の仕事中などはやや早く脈に変化が出ている。

通常の脈がどの程度かを理解していれば、日々の変化を感じると思います。

例えば、脈の深さを感じる際に本来であれば少しだけ圧迫した際に最も強い脈が普通なのですが違う場合があります。

それは、風邪の時などに起きて「浮脈」といって圧迫し始める前に最も強く脈を触れます。そういう場合は、風邪の引きはじめの可能性があります。免疫系の機能が上がっている証拠ですね。

他にも、妊娠したときは血流量が増えて「ドクンドクン」と脈が強く振れられます。まるで、球が転がっているくらい感じるそうですよ。

【まとめ】
脈診は、その人の状態を分かりやすく感じられるので意識してみてみると良いと思います。
興味がある方は、評価基準として勉強すると良いかもしれませんね!

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!

山口 拓也

本日の記事はいかがでしたか?
メルマガやユーチューブもやっておりますので、ご登録よろしくお願い致します。

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」
  2. 【血管アプローチ】下肢の血流を改善する7つのポイント
  3. 【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺
  4. 経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓
  5. 東洋医学における 「中庸」ってなんだ?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法における顎関節治療について・・・

    顎関節治療の重要性・・・From 山口拓也埼玉…

  2. 内臓治療

    心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】

    心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】…

  3. 内臓治療

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?

    耳鳴りを治療したい方へ‼︎ 必要な筋膜・内臓・頭蓋・経絡治療とは?…

  4. 内臓治療

    膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】

    あなたの膵臓位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】皆さん…

  5. セルフメンテナンス

    赤血球の質と冷え性・血流障害

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。本…

  6. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かすfrom 山口拓也整…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    腸間膜への内臓アプローチについて
  2. 内臓治療

    膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  3. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】心膜リリーステクニック セルフメンテナンス
  4. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  5. 内臓治療

    胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】…
PAGE TOP