内臓治療

腹膜への内臓治療について解説

皆さんこんにちは!

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
腹膜への内臓治療について解説
というテーマでお伝えしていきます。

 

以前に体網や小網についての記事を書かせていただいたので、興味ある人はこちらもみてください↓
【体網・小網の機能って知ってる?】

 

みなさん

腹膜にもアプローチできることを知っておりましたでしょうか?

実際、私も臨床では腹膜のアプローチを取り入れると様々なメリットがあります。

これを読んだ方は、ぜひ明日から内臓治療を始めていただけると幸いです。

 

以前も書かせていただきましたが、今回も腹膜について基礎から解説させて頂きたいと思います。

 

【腹膜の機能】

①衝撃を干渉する脂肪が存在するので、機械的に保護します。

②脈管機能

③免疫防御

この3つの機能を持っています。

前回も書かせて頂きましたが、炎症を抑えて他への波及を防いだりもしています。

マクロファージやリンパ球なども集まっているところでもありますね。

 

そして、腹膜には壁側腹膜と臓側腹膜があります。

特に臓側腹膜は、壁側腹膜の内側と腹部臓器の表面を強く覆っています。

ということは・・・

臓側腹膜の硬さが内臓全体の動きを阻害してしまうということですね。

 

【腹膜アプローチのメリット】

①腹膜アプローチ後は、内臓のリフトがしやすい

②アプローチした後は、内臓1つ1つの自動力(内蔵自体が持っている固有の動き)を引き出せる

③免疫系のアプローチにつながる

 

【腹膜アプローチ方法】

①腹膜アプローチ1つ目

●姿勢
背臥位、両膝伸展位が基本ですが腹直筋の筋トーンが高い場合は屈曲位いて行う。

●治療方法
・両手の指腹を腹部において、腹膜の正しい触診平面に達するまで後方に押していきます。
・片手は固定して、もう一つの指腹で伸長をかけていきます。最も抵抗感が高いベクトルに引っ張っていきます。

詳しくは、動画にて解説しております‼︎

 

②腹膜アプローチ方法2

●姿勢
患者様は背臥位

●治療方法
両手の指を組んで腹膜を掴んで慎重に前方に伸長していきます。
引っ張っていきながら脊柱にまで圧が到達したらOKです。

下記に動画で治療方法を解説しておりますのでぜひご覧ください↓

最後まで記事を読んで頂き誠にありがとうございました。

山口 拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 内臓体性反射を理解し内臓治療を本質的に理解する
  2. 「酸化」と書いて「老化」と読む
  3. 臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】
  4. アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!
  5. 【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療追加情報 胃のアプローチの臨床思考

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です本日も当…

  2. 山口拓也

    トータルコンサルティング(経営塾)のご案内

                     週末開業で110万売り上げた治療…

  3. 健康・体質・栄養

    【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下部胸椎と消化器系の関係とは?  

    ALLアプローチ協会 山口拓也です。本日も当協会の公式ブログをお読…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係とは?From 山口拓…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
  2. ALLアプローチ協会

    便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?
  3. ALLアプローチ協会

    一日の中で、症状の変動がある患者様でお困りのあなたへ
  4. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  5. 健康・体質・栄養

    臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】
PAGE TOP