内臓治療

膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】

膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

私事ですが
最近は雪が降りましたが、整体院に来院する患者様は休まず来てくれました。
患者様にはいつも感謝ですね。

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】
というテーマでお伝えしていきます。

【膵臓の解剖学・生理学】
内臓治療をする前に内臓1つ1つの生理学の把握が必要ですのでここもしっかり覚えてくださいね!

●概要
長さ14~18㎝ 重さ70~80g 膵臓が外分泌と内分泌の特徴を持つ腺です!

●位置
膵臓は、二次的な後腹膜臓器です。
L1~L2の高さで膵頭の方が膵尾より低い位置にあります。

●膵臓の生理学について
膵臓は、外分泌と内分泌部を持つ腺です。
内分泌部であるランゲルハンス島は膵臓全体に分布しているものの、特に膵体と膵尾に特に多い。
血糖値の調整をつかさどるホルモンであるインスリン、グルカゴン、ソマトスタチンを産生する。

●インスリンって?
インスリンは、ランゲルハウス島のβ細胞で合成され(約2mg/日)、グルコースが身体細胞の細胞壁を透過できるようにすることで、血糖値を下げる。さらに、さまざまなアミン酸を細胞に取り込む際にも役立つ。

●グルカゴンって?
グルカゴンは、ランゲルハンス島のアルファ細胞で産生される。
グルカゴンは、インスリンの拮抗した働きを持っており肝臓でのグリコーゲン分解と糖新生を促進することで
血糖値を上げる

●膵臓の外分泌について
膵臓は、膵液を膵管に分泌する。
その結果、「腹部の唾液」ともいわれる膵液が1日あたり約1,0~1,5ℓ十二指腸に到達する。

これらの外分泌は、本来胆汁や十二指腸液と接触した際に活性化されるのだが膵臓で活性化してしまうと
急性膵炎とつながってしまう。

【膵臓評価編】
・上肢:右手の母指球中央
・肋骨:左第3肋骨内側
・脊柱:Th8棘突起より1横指左右(左:膵尾 右:膵頭)
・頭蓋:頬骨(右頬骨→膵頭部 左頬骨→膵尾部)

【臨床でどんな時に使うの?】
臨床では、様々な状況で使います!

私自身の臨床で昔は、肝臓や腎臓、心臓に比べ使う頻度は少なかったです。ですが、今は非常に使う頻度は多いですね。膵臓自体を治療しても可動域に変化が出なかったのですが

やっぱり膵臓に負担のかかる方は非常に多いですね!

なぜなら、膵臓には様々な機能を持っております。膵臓には、マルチタスクをつねに行っております。食事を消化したり血糖値のコントロールを行ったりなど……
※内臓は、マルチタスクが苦手ですからね(^^)

具体的に話させて頂くと、血糖値が不安な方、糖尿病、肩こり、腰痛、便秘、下痢、うつ病、浮腫、体重減少など様々ですね!

【臨床で使うときの注意点】
臨床で使う際は、まず総胆管、膵管、ファーター乳頭、オッディー括約筋が重要となる。
これらの説明からまずしていきますね!

・総胆管:肝臓の後方で肝管と胆のう管が合流して形成する管であり胆汁を十二指腸に通す管でもある。

・膵管:膵液(消化液)を十二指腸に通す管。大十二指腸(ファーター乳頭、オッディー括約筋の場所)で総胆管と合流する。

膵臓に機能障害があると、総胆管にも影響が及びます。膵臓に炎症などが起こると、総胆管が狭窄し総胆管から

胆汁が逆流して肝臓に流れてしまう。

なので、膵臓・肝臓・十二指腸のつながりを頭に入れて他の臓器が悪影響を引き起こしているのか?なども考察

できるようになると良いかと思います!

【おまけ】
内臓治療において、膵臓だけでなく胃の治療や十二指腸の治療も重要です。
これらの臓器を治療することで、膵臓のマニュピレーションにもなっていますのでそのようなイメージでやっていただくと良いと思います!

本日も最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
それでは、また明日!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

毎日心理学や栄養学、筋膜治療、内臓治療、頭蓋治療、経絡治療などのメルマガを配信しておりますので、ぜひご登録よろしくお願い致します!

ユーチューブも行っておりますので、そちらの方もチャンネル登録もよろしくお願い致します!

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める
  2. 頭蓋仙骨療法の1次呼吸が分かるためのコツとは…?
  3. 臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】
  4. 後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】
  5. 靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「東洋編」

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木 正道です。…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について

    いつも動画をご覧になっていいただき、誠にありがとうござ…

  3. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】

    多裂筋が腰痛治療のヒントとなる・・・From 山口拓也埼玉 越…

  4. ALLアプローチ協会

    重症肩関節拘縮アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠に…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】アレルギーに対する内臓アプローチの思考方法

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例
  2. 健康・体質・栄養

    頭痛と本気で戦う(基本知識)
  3. ALLアプローチ協会

    薬と肝臓の関係とは?【降圧剤‐副作用‐解毒】
  4. 内臓治療

    肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  5. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
PAGE TOP