セルフメンテナンス

【自律神経アプローチ】自律神経セルフケアの重要性

おはようございます。

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も、勉強熱心な

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアや

ヒントをお伝えしていきます。

 

今回は自律神経のセルフケアの重要性

についてお伝えいたします。

 

外来や整体院働いていると

自律神経症状を抱えて来院される方は

嫌と言うほど、細かいことを言えば

ほぼ全員何かしらの自律神経症状を

抱えてきているのではないでしょうか?

 

全身倦怠、めまい、頭痛、動悸(どうき)、

血圧の上下、下痢(げり)、不安感、緊張、

イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、

食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、

数えきれません。

 

中でも内臓機能を調整する迷走神経は

副交感神経に含まれ、

神経の中で一番長く、脳幹を出て、

顔と胸腔を通り、心臓、肺、肝臓、

腎臓、脾臓、胃腸などの

主な機関につながっています。

 

 

役割としては消化機能のコントロールや

心拍のコントロール

血管平滑筋をこのトロールして血流も制御しています。

 

最近注目されているトピックスとしては

「脳腸相関」といって迷走神経を介して

脳から腸だけではなく、腸から脳に影響を

及ぼしていることが徐々に分かり始めている。

 

パーキンソン病の研究でも

迷走神経切離術を受けた15000人を調査した結果

手術を受けていない人たちと比較して

パーキンソン病の発症率がかなり低かったとする

報告があります。

 

他にも迷走神経が支配する小腸と肝臓には

解毒に関するフィードバック機構があり、

肝臓の解毒システムが働かないと

神経伝達物質の代謝もうまくいかなくなり、

神経系に影響を与えることも分かってきています。

 

この解毒・代謝回路のシステムを

遺伝子検査などの検査をして異常を見つけて

栄養療法で治療することで

自閉症の言語機能を治療するプロトコルも

研究されています。

 

それだけ迷走神経が及ぼす影響は多岐に渡ります。

 

よく副交感神経と交感神経を切り替える

といったニュアンスの話を聴きますが、

副交感神経が優位になっている時に、

交感神経のスイッチがoffになるわけではありせん。

 

交感神経も働きながら副交感神経も働き

常にバランスをとっているのです。

 

この自律神経はとてもストレスに反応しやすく

できています。

 

ストレスに瞬時に適応するため

呼吸や循環、免疫、ホルモン調節を

一気に調節するため

切り替わるときは一瞬で

交感神経優位になります。

 

原始人の時代は外敵に襲われる

危険を察知すれば一瞬で交感神経が

有意になり全身の機能が戦闘態勢に

入れるようになっています。

 

しかし、現代におけるストレスは

社会的・家族的・人間関係など

持続的なストレスが続くことが増えてしまい、

常に交感神経が優位になることで

内臓の疲労や消化・吸収不良などを起こして

呼吸や、循環機能も低下させています。

 

自律神経を整えるセルフケアとしては

代表的な物として呼吸法や瞑想といった方法が

ありますが、

 

簡単な方法では入浴の温度を38℃から40℃

程度に設定して15分程度ゆっくり浸かる事や

就寝2時間前からの蛍光灯やテレビの光を避け、

間接照明やオレンジ色の優しい光源を選ぶことが

おススメです。

 

こういった習慣は、睡眠のホルモンを活性化し、

一日のリズムを整え、体と脳を休める習慣になります。

 

日中の活動時には交感神経優位でも構わないと思いますが、

副交感神経が優位になるべき時間に調節が利かなくなることが

内臓にも循環にもとても負担をかけることになります。

 

他にはホルモンバランスが崩れることによる

精神的な不安もあるため

食事でのたんぱく質不足を改善し、

ストレスから炎症性サイトカインの活性化による

消化管機能低下につながらないよう、

オメガ6の摂取を抑え、オメガ3の摂取を意識することも

重要になってきます。

また、もちろんトランス脂肪酸であるマーガリンや

ショートニング、植物油脂も控えることが必要となります。

 

生活習慣・食事を注意するだけで

自律神経のセルフケアをできることはたくさんありますね。

 

人間のメンタルは結構な割合で自律神経とホルモンに

振り回されているので、この部分をどれだけ

コントロールできるかが重要なポイントになってきます。

 

そして最後にメンタルから自律神経のケアになりますが

ストレスケアに関して一つ、

 

最近私の近くにこんな方がいます。

 

エラそう

自分勝手

浅はか

 

まったく良いところがなくすごいストレスを感じます。

しかし、メンタルケアとしてとらえ方、視点を変えると

 

エラそう→自信がある

自分勝手→自分に正直

浅はか→決断力がある

 

なんか羨ましい・・・俺もこうなりたい

自信があって決断力があり自分に正直

まさに経営者の才能

 

エラそうで自分勝手で浅はかととらえるか

違う見方ができるかどうか、

それ次第でストレス値も大きく変わってきます。

 

自分にストレスを与える環境や人は、

自分のルールを破る人か、

自分に似ている人

であることが多いそうです。

 

自分に似ている人であれば自分も注意しなければいけませんが、

自己分析や捉え方の違いで世の中の見え方は違ってきます。

 

そのことに気づくきっかけを与えることも

セラピストのコミュニケーション能力かと思いますので

参考にしていただければ幸いです。

 

自律神経のセルフメンテナンスしたい方はこちらの動画もチェック下さい↓

 

本日は以上です。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

誠にありがとうございました!

 

それではまた!

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

もしよければFacebookで「シェア」を

よろしくお願いいたします。

 

You tubeチャンネル登録もお待ちしております。

 

ALLアプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント
  2. なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】…
  3. 【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  4. ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~
  5. 内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. セルフメンテナンス

    【五十肩 上腕外側部の痛み】30秒でOK!経穴セルフケア

    おはようございます(^^)ALLアプローチ協会 ブル と申します…

  3. セルフメンテナンス

    【内臓アプローチ】胃の形と動きを勘違いしていました!

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    一日の中で、症状の変動がある患者様でお困りのあなたへ

    おはようございます。 オールアプローチ協会鈴木 正道です。今日は理…

  6. ALLアプローチ協会

    内臓治療 反射点治療の臨床活用法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  3. ALLアプローチ協会

    筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?
  4. ALLアプローチ協会

    内臓と感情のタイプを徹底解説‼︎ 【内臓と感情で性格分析?】
  5. ALLアプローチ協会

    セラピストが知っておきたい感情と病気との関係性
PAGE TOP