内臓治療

自律神経障害 冷え性に対する内臓治療紹介‼︎

冷え性 内臓アプローチについて

From 山口拓也
埼玉県 越谷レイクタウン スタバより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、勉強熱心なセラピストに向けて
冷え性に対する内臓治療について
というテーマでお伝えしていきます。

皆様は、自律神経障害に対してのアプローチですがどのように行なっているでしょうか?

なかなか、自律神経障害を改善させるのは一苦労ですよね。

 

私も、先ほど整体院に患者様が来店し極度の冷え性の患者様を治療しましたが糖尿病でなかなか苦労しました。

やはり、生活習慣アプローチからしっかり行うことが重要ですね。

特に夏の時期は、クラーの影響でオフィス、電車の冷えなどで体調崩す人も多いですからね。

 

今回の記事では、冷え性に対するアプローチ方法をまとめましたのでぜひご覧ください。

冷え性も末梢のみのパターンや中枢のみのパターンなどもありますが、今回は「冷え性」で必要なアプローチということで

抽象度高く解説していきます。

本当は、冷え性のパターンでアプローチは絞ってくださいね。

 

【冷え性に対する内臓アプローチ】

(注意):イネイトインテリジェンスで考えれば、内臓の機能自体助け合いをしているので
     全ての内蔵治療or弱っている内臓治療は必要です・・・。ですが、今回は冷え性といえばこの内蔵ということで解説していきます。

免疫系(肝臓・脾臓・胸腺・腸)、循環器系(腎臓・心臓)をメインにアプローチしていく。

①肝臓治療

肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれており負担がかかっていることに気づきにくい臓器です。

肝臓の役割としては、体内での熱産生に非常に関与しています。

基礎代謝の話で言えば、38%が筋肉、12%が肝臓、胃、腸がそれぞれ8%、脾臓が6%、心臓4%と内臓なの中でも熱産生に非常に関与するのが肝臓です。

体温は、1℃上がるだけで3〜6倍免疫力に差が出るとも言われております。

肝臓の機能が下がることは、体温と免疫力を下げるメインの内蔵とも行っていいですね‼︎

 

 

②脾臓治療

先ほども話しましたが、体温が1度下がると免疫力に大きな変化が出てしまいます。

体温が1度下がると、白血球の働きが30%低下します。

脾臓の役割としては、人間の約4分の1集まっているリンパ器管であり免疫応答の場所でもあります。

また、古くなった赤血球を破壊し鉄分を取り出し新しい赤血球の材料を作る役割も持っています。

 

血液を温める場所でもあるので、ぜひ行いましょう‼︎

 

③胸腺

胸腺ですが、免疫治療の中では肝臓、脾臓に続いて重要な部分です。

しかし、実際に臨床ではやってないセラピストが多いみたいですね。

私自身も正直そこまで多くやらないのですが、免疫機能が異常に下がりすぎている人には確実にやります。

軽度の冷え性であれば、構造的に心臓の上にのっかているため心臓治療と併せて行います。

 

胸腺は、老化しやすい内臓であり70歳で脂肪組織に変換しますが

代替医療の内臓治療は、70歳超えて脂肪組織に変化しても治療すべきです。

リンパ球の産出、増殖に関与し10歳代がピークです。

 

ぜひ、胸腺の治療をしてみてください‼︎

 

④小腸・大腸治療

腸の話は、すると非常に長くなるので

文章では書きませんが免疫系への関与は強いです。

ある文献では、7割の免疫力が腸が関与しているとも言われています。

 

腸には、免疫系細胞の約7割が大腸粘膜に集まっており免疫細胞を活性化するのが

腸内細菌とも言われています。

ストレスがかかると、腸内細菌叢に変化が起きて免疫力が下がる要因になります。

 

ストレスは、肺、脾臓、腸、心臓などに悪影響を及ぼすので気をつけましょうね。

 

人間の身体は、体温36度5分以上が正常に働くようにできていますので内臓アプローチで

体温を上げることから冷え性のアプローチを行っていきましょう‼︎

 

本格的に改善させるのであれば、冷え性の種類(抹消、中枢など)を評価して

頭蓋仙骨療法と筋骨格・生活習慣アプローチにて改善させましょう。

 

次回は、冷え性の循環器系や頭蓋仙骨療法について解説していきたいと思います。

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

 

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 触診の極意「触診の在り方」とは?
  2. 【内臓治療】知っておいて良かった内臓治療に必要な腎臓の知識
  3. 内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について
  4. 【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~
  5. グルテンがあなたの患者さんの治りを妨げている!?

関連記事

  1. 山口拓也

    頚部前面筋(広頚筋〜顎二腹筋)リリースの重要性

     from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプロ…

  2. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編&n…

  3. ALLアプローチ協会

    理学療法士が身につけておくべき栄養指導に必要な栄養学(マーガリン編)

    マーガリンについて・・・From 山口拓也埼玉 越谷 整体院よ…

  4. 内臓治療

    内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック

    内臓アプローチ種類一覧みなさん こんにちは一般社団法人 ALL…

  5. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説

     内臓治療 子宮と筋骨格の関係について・・・  FRO…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半
  2. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】
  3. 健康・体質・栄養

    内臓治療には欠かせない東洋医学の概念 肝臓編
  4. 疾患別 治療

    【膝OA】膝痛×浮腫を同時に改善させるマル秘テクニック公開
  5. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】
PAGE TOP