内臓治療

頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法

頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法

from 山口拓也
整体院 デスクより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

本日は意欲の高いセラピストに向けて

「頭痛に対する基礎・基本と筋膜・内臓・頭蓋仙骨療法」

というテーマでお話をさせて頂きます。

 

今回は頭痛に対するアプローチですね。

何度かご紹介しているケースですが

忘れてしまった人や他の視点から勉強したい人など様々だと思いますので、再度お伝えしていきますね。

【頭痛の基礎・基本】

頭痛は、非常に多くの原因を持つ症状です。

頭痛を引き起こす原因としては、

・ストレス

・筋緊張

・化学的不均衡

・無呼吸症候群

・栄養不足

・薬の副作用

・血管の機能不全

・副鼻腔炎

などなど様々な影響があります。

 

ここで覚えて欲しいのは

頭痛には2種類のタイプがある事です。

 

①血管性頭痛

血圧の上昇によって起こり、頭の内側からズキズキする痛みを伴う。

片頭痛とよく言いますが、血管性頭痛の一種でしかありません。

 

 

②緊張性頭痛

軟部組織の短縮によって起こり、筋収縮性頭痛とも呼ばれるが、あとで学ぶように、

頭痛は単なる筋肉の問題ではなく、もっと複雑なものである。

このタイプの頭痛は、頭の外側をぎゅっと締め付けられたような痛みを伴う。

 

上記2つが大まかな頭痛のタイプです。

覚えておいて下さいね。

 

脳には感覚神経はありません。

では、なぜ頭痛が起こるのか?

脳の近傍組織や、首、肩、頭皮の筋などの痛みと考えられています。

頭痛の痛みは、感覚神経、血管、髄膜、筋腱骨複合体などが圧迫されて生じる。

ということは、頭痛は上記の問題のどれかを特定して圧迫を改善するアプローチすることで頭痛が改善するってことですね。

 

そして
圧迫の原因も大きく分けて2つあります。

 

それは、血圧の上昇軟部組織の短縮

この2パターンによります。

 

では、

具体的にどのようなアプローチをしていくのか?

①血圧の上昇である場合は、自律神経の問題であるため

内臓治療と頭蓋仙骨療法を中心とします。

 

では、血圧の上昇という点で重要な内臓治療は

・心臓

・肝臓

・腎臓

が主にアプローチすべき点です。高血圧のアプローチすべき内臓治療と一緒ですね。

 

そして、あともう一つアプローチして欲しい内臓治療は

腸のアプローチです。

排泄障害→自律神経の乱れ→頭痛のパターンもありますのでぜひ頭に入れておいて下さい。

 

また、頭蓋仙骨療法ですが

正直全てアプローチして欲しいといいたいのですが

側頭骨と蝶形骨へのアプローチがもっとも頭痛改善につながりやすいです。

 

内臓との関連もありますし↓
(側頭骨→腎臓との関連 蝶形骨→心臓との関連)

血管を圧迫するという意味では、側頭骨と蝶形骨が重要です。

オススメですね^ – ^

 

 

では、軟部組織の短縮が圧迫の原因となっている場合は

もちろん筋筋膜の調整が重要となってきますよね。

 

では、どんなアプローチが必要なのか?

以前も何度かあげていますが再度書かせて頂きますね。

 

【軟部組織アプローチ】

①咬筋

②側頭筋

③後頭下筋

④胸鎖乳突筋

⑤僧帽筋・板状筋・肩甲胸郭関節

以上が私のオススメするもっとも頭痛に効く軟部組織アプローチです。

 

ぜひ、頭痛に対してのアプローチを習得していただけると嬉しいと思っております^ ^

筋膜セミナーや内臓治療のセミナーも数多くやってますので、ぜひ参加していただければと思います。

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 【症例報告・スポーツ】筋・筋膜・運動連鎖・経絡を考慮した回復支援
  2. 【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~
  3. 坐骨神経痛介入の新しい知見とは?反対側の仙腸関節に着目!
  4. セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  5. 1日を満足させる究極のポジティブシンキング モーニングクエスチョンとは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?

    いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  3. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】
  2. 内臓治療

    肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  3. セルフメンテナンス

    【内臓アプローチ】胃の形と動きを勘違いしていました!
  4. ALLアプローチ協会

    セラピストが知っておきたい感情と病気との関係性
  5. ALLアプローチ協会

    腸内細菌について
PAGE TOP