ALLアプローチ協会

相手に印象付けてラポール形成に必要なテクニックとは?【ザイアンスの法則、忘却曲線】

相手に印象付ける必須のテクニックとは?【ザイアンスの法則、忘却曲線】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

前回は、カーフサインって知っていますか?
というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/gqrgTC

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
相手に印象付けてラポール形成
というテーマでお伝えしていきます。

本日は、久しぶりに心理学テクニックについて伝えようと思います。

相手に印象を付けラポールを形成するテクニックをご紹介致しますね。

【相手に良く印象付けラポールを形成するテクニックとは】

相手にラポール形成をスムーズに行えると数多くのメリットがあります。

・仲良くなりたい人とすぐ親密になれたり

・上司にかわいがられたり、部下に尊敬されたり

・患者様に自主トレ指導や栄養指導をスムーズに行えたりしますね。

そこで……

相手の心の中に記憶を残すテクニックとして(潜在意識や無意識)

皆様にもラポール形成を行うために知って欲しい用語があります。

1つ目は……

「ザイアンスの法則」です。

この法則というのは、印象や好意も繰り返した接触回数で決まります。

もし、相手に印象付けてラポールを構築したいのであれば

忘れかけたタイミングを見計らってアプローチすることが非常に重要なのです!

 

2つ目に知っていただきたい用語としては……

「エビングハウスの忘却曲線」です!

これは、ドイツの心理学者

ヘルマン・エビングハウスが時間と記憶の忘却の関係を「エビングハウスの忘却曲線」として表しました。

これには

人の記憶というのは、聞いてから20分間で42%忘れそれ以降も徐々に失われていくことが分かっています。

そのため、相手に印象付けるには最初の20分間が勝負ということです。

そして、20分後にも再度印象付けるために連絡を取ることです。

そしたら、定期的に連絡を取り(メールやライン、手紙でも何でもいいと思います!)

アピールする必要があります。

【まとめ】

・相手に印象付けるには、いかに接触頻度を多くするか

・人は、20分で42%忘れてしまうため時間を意識しながら接触頻度を多くしていく

・接触頻度が多いと、好意を持ちやすい(ザイアンスの法則)

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 【頚椎症】首の痛みの改善に重要な筋・筋膜アプローチ
  2. ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  3. 本物のセラピストになるために part1
  4. 知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  5. 【内臓治療】免疫のひし形とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    骨盤・膝周囲に影響を及ぼすアライメント・評価について

    【骨盤・膝周囲の評価、アライメント】みなさん、こんにちは。関西…

  2. マインドセット

    2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!

    皆様新年明けましておめでとうございます!ALLアプローチ協…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】筋膜×内臓×頭蓋×経絡治療で、呼吸機能が一気に改善した症例

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  6. 内臓治療

    腹腔神経叢の重要性、治療への活用について…‼︎

    腹腔神経叢についてFrom 埼玉 越谷 治療院よりいつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 山口拓也

    頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】
  2. 内臓治療

    内臓治療におけるシワよせ ~大腸・肝臓編~
  3. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  4. メンタルアプローチ

    東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  5. セルフメンテナンス

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】
PAGE TOP