ALLアプローチ協会

坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「坐骨神経痛の運動学的視点から改善させる方法」

というテーマでお話していきます。

 

「坐骨神経痛」

という診断名で処方が出されることが無いので、

リハビリセラピストの場合は、

直接、坐骨神経痛の方に対して介入する機会はないですが、

既往や合併症として、

お医者さんに、

「あなたは坐骨神経痛のせいで、痛みや痺れあるんですよー。」

という風に言われている、

「変形性腰椎症」

とか、

「脊柱管狭窄症」

と言われている方は多いと思います。

また、

自費で腰痛専門で整体をやられている方は、

坐骨神経痛で悩んでいる方が結構多いので、

まーよく診る疾患かなーとは思います。

 

そんな、

「坐骨神経痛」ですが、

色んな所が原因として出てくる疾患ではありますが、

基本的なところから評価・治療をしていくと、

結構改善する方が多いので、

その基礎から考える坐骨神経痛に結果を出せるアプローチ方法を、

皆さんにシェアしていこうかと思います。

【原因の原因を考える】

そもそも坐骨神経痛って、

医学的に説明されているのが、

「梨状筋症候群

とも言われていますが、

梨状筋自体が硬くなってしまい、

梨状筋を貫いている坐骨神経に圧迫が加わり、

坐骨神経由来の痛みや痺れなどが起きる。

というのが、

いわゆる一般的に教科書的に言われていることですよね。

 

でも実際の臨床で梨状筋に対してマッサージなどで緩めても、

その場は少し症状が軽減したとしても、

また症状がすぐ出てきてしまったり、

梨状筋が硬いからと言って、

無理やり解そうとして、

かえって痛みを作ったりとかあるので、

やはり臨床においては、

直接梨状筋にアプロ^血をしたところで、

ほとんどの坐骨神経痛の患者様の症状って、

改善しないことが多いと思います。

 

ここで坐骨神経痛に対して結果を出すためには、

発想を一つ変える必要があります。

梨状筋が硬いのは事実としてあるけども、

「なぜ、梨状筋が硬くなってしまっているのか?」

というところに焦点を当てていくことで、

解決の糸口が出てきます。

この「なぜ?」という視点が、

坐骨神経痛の方に結果を出すためには、

重要な考え方になります。

 

【解剖宅・運動学視点から考える】

梨状筋は、

外線六筋の中の一つの筋肉ですが、

梨状筋は、

仙骨から大腿骨に付着する筋で、

他の内外閉鎖筋や双子筋、大腿方形筋と違い、

仙腸関節と股関節の2つの関節を跨いでいる筋肉になります。

他の五つの筋肉は、

坐骨から大腿骨ということで、

一つの関節しか跨いでいません。

教科書的にはあまり説明はされていませんが、

こうやって解剖学的な位置関係と運動学的な視点から考えると、

梨状筋って、

「二関節筋」

にあたり、

他の五筋は、

「単関節筋」

にあたると考えられます。

 

よく、

「大腿直筋」や「大腿筋膜張筋」など、

二関節筋が過緊張になってしまい、

「腸腰筋」や「中殿筋」など、

単価説筋の出力が弱くて、

膝の痛みや腰痛、歩行障害などを引き起こすような方って、

リハビリセラピストならあるあるだと思います。

梨状筋も同じようなもので、

外線六筋の中でも、

梨状筋が過剰に働きすぎて、

他の五筋がほとんど働いていないといったパターンがあるなーと、

臨床をやっていて感じます。

つまり、

梨状筋以外の五つの筋肉が、

ほとんど機能していないがために、

「ほとんど梨状筋で代償してしまっている。」

というところに、

根本的な原因があると考えています。

実際に臨床で評価してみると、

股関節の外旋の運動をした時に、

梨状筋ばかりに収縮が入り、

他の五筋にはほとんど収縮が入らず、

五筋が短縮して硬くなっているケースが多いです。

要するに、

梨状筋は、

「アウターマッスル」で、

他の五筋が、

「インナーマッスル」

といったように考えても良いと思います。

アウターがガチガチに入ってしまったら、

インナーってほとんど収縮が入らないですよね。

それって一緒かなーって考えます。

 

【運動連鎖の視点から考える】

またもう一つに、

「大殿筋下部繊維」

との関連性があります。

大殿筋下部繊維は、

仙骨から大腿骨に付着する筋で、

梨状筋と起始と停止、作用が類似しているといった特徴があります。

この大殿筋下部繊維は、

歩行の

「イニシャルコンタクト(IC)

(踵が床に接地するタイミング)

で、遠心性に働く筋肉なのですが、

梨状筋も同タイミングで遠心性に働くと、

運動連鎖の理論の中では説明されています。

 

そして、

臨床上では、

この大殿筋下部繊維がほとんど収縮が入らずに、

梨状筋で代償しているケースが多いです。

要するに、

大殿筋下部繊維が十分に出力を発揮できていないがために、

梨状筋に過剰に収縮が入ってしまい、

結果的に坐骨神経痛由来の症状が出てしまうということです。

 

【治療】

「梨状筋以外の五筋」、「大殿筋下部繊維」に対して、

  筋コンディショニング

  筋収縮促通、運動学習

が必要になってきます。

 

筋硬結や短縮を改善させるために筋のコンディショニングを行い、

股関節の外旋運動、ブリッジ動作(踵への荷重感覚を意識して)を実施し、

筋の働きを促通していくような訓練が必要になってきます。

 

【まとめ】

今回は、

「坐骨神経痛に対してのアプローチ方法」

について、

運動学的な視点から紐解き説明させていただきました。

もちろん、

筋膜や内臓、血管系、栄養面などから来る坐骨神経痛もありますが、

改めて基本に戻ってみて、

そして、

「なぜ梨状筋が硬くなるのか?」

という視点で診ていくことで、

案外簡単に結果を出すことに繋がることもありますので、

是非参考にしていただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございした!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

内臓治療の精度も上がるセミナーが近日開催しますので興味ある方はぜひ

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどにシェアよろしくお願い致します↓

ピックアップ記事

  1. 内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)
  2. 筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?
  3. 冷え性の知識と原因(臨床思考の材料)
  4. 【経絡治療】内転筋の過緊張を一気に緩和させる経絡アプローチとは?
  5. リハビリ 職に必要な手根管症候群に対して徒手治療について

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. 山口拓也

    トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】

    トリガーポイントと経血の関連性についてFrom 山口拓也埼…

  3. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

    大殿筋の血管、神経の重要性【腰痛との関連】From 山口拓也埼…

  4. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ】毛細血管が消えてしまう2つの理由
  2. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】
  3. 山口拓也

    腸腰筋を治療することで得られる数多くのメリットとは…?パート①
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について
  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例
PAGE TOP