ALLアプローチ協会

夏バテに効果的な内臓治療とは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「夏バテに効果的な内臓治療とは?」

というテーマでお話していきます。

 

 

このところ連日、

35℃近くの猛暑が続いていて、

今年は本当に暑くて暑くて大変ですよね~。

かなり僕自身もだいぶ応えていまして、

体調管理をしっかりして何とか持ちこたえてはいるって状況ですが

特に、

患者さんが体調を崩していることが多くて、

今日病院で予約が入っていた患者さんの一人も、

「体調不良でお休みしたいです。」

という連絡が来てキャンセルになりました。

この暑さで、

かなり体調面の影響を受けている人は非常に多いんですよ。

 

そんな夏バテに対して、

「内臓治療

を行っていくことで、

疲労感であるとか、症状の改善に繋がるケースが多いです。

もちろん、

その方の主訴があって、

それに向けて治療やリハビリを行っていくとは思うんですが、

夏バテがあることで、

「なかなか自然治癒力が上がらない。

とか、

「なかなか体調不良があることで、リハビリや治療が積極敵に進めることができない。」

などがあります。

なので、

夏バテに対応できるセラピストにあなたがなることは、

とても重要なんじゃないかと思いまして。

このようなテーマを取り上げさせていただきました。

 

まず、

2つの症状に分けて対処法をお伝えしていきます。

 

  全身倦怠感・疲労感

簡単に言うと、

身体の回復力が追い付いていない状態、低下している状態だと言えます。

特に。

「代謝」

の機能が落ちている方が非常に多いです。

身体の老廃物や不要な物が上手く出せていないことが考えられます。

そういう方には。

「排泄」

に関わる内臓を診ていく必要があります。

そして、

汗を多量にかくので、

体内の水分量が減り、

循環系に負担がかかりやすいので、

「循環」

に関わる内臓は診ておく必要があります。

 

<必要な内臓治療>

具体的に挙げると、

「肝臓」

「腎臓」

「膀胱」

「心臓」

です。

特に、

「腎臓」と「膀胱」

はかなり疲労しており、全身倦怠感・疲労感にかなり影響していることが多いので、

絶対に診ておくべき内臓だと言えます。

おまけとして、

「夜中良く足が攣るんです~。」

「朝起きた時だるいんです~。」

という訴えをされる方は、

下腿三頭筋が硬くなっているケースがあるので、

そこも視野に入れながら介入していくと良いと思います。

 

  隠れ冷え性・隠れ乾燥

これ結構多いです!

今年は例年よりも本当に暑いので、

今までクーラーを使わなかった患者様も、

今年から使うようになった方がとても多いんですね

このクーラーの影響で、

「隠れ冷え性」、「隠れ乾燥」

を引き起こしている方が本当に多いです。

クーラーを使うことで、

「深部体温の低下」

を引き起こして、

・内臓自体の温度が低下

・循環機能の低下

・代謝機能の低下

などが引き起こされます。

また、

「乾燥」

もしやすくなり、

最近は夜寝るときもクーラーをかけている方も多くて、

そうすろと、

朝起きた時に、

「のどが痛い。」

なんていう患者さんから良く聞きます。

僕も結構あるんですけど、

みなさんもそんなことありまよね。

・深部体温の低下

・乾燥

という要因から、

「排泄」

「循環」

「呼吸」

に関わる部分は診ておく必要があります。

 

<必要な内臓治療>

特に診ていただきたいのが、

「心臓」

「肺」

です。

特に夜間クーラーをかけてる方は、

・水分量の低下

・体温低下

・乾燥

による影響で、

・循環機能

・呼吸機能

にかなり負担がかかります。

なので、

心臓と肺は診ておきましょう!

そして、

・肝臓

・腎臓

・膀胱

といった排泄に関わる部分も同時に診ておくと良いでしょう。

 

<生活習慣指導>

  水分

水分がきちんと取れているか?

また特に注意してほしいのが、

スポーツドリンクを水の代わりにがぶがぶ飲んでいないか?

をぜひ確認していただきたいです。

スポドリは、

ミネラル補給になるので、

スポーツで大量に汗をかく場合などは有効ではありますが、

普段飲むには、

「糖」

が非常に多く含まれているので、

かえって、

循環や代謝機能を落としてしまうこともありますので、

あまりスポドリを飲み過ぎることはお勧めしません。

冷たい麦茶やお茶を飲んでる方へは、水を取っていただくように指導できると良いでしょう。

 

  ミネラル()

天然の塩を取っていただくように指導すると良いでしょう。

例えば、岩塩や海水から取れる塩です。

一般的な塩は塩化ナトリウムのみで、ミネラルがほとんど含まれていないので天然の塩が良いでしょう。

 

  加湿器

乾燥対策として、

クーラー+加湿器が理想です。

おうちに加湿器がある方は、

是非クーラーと一緒に加湿器をご使用されるように勧めると良いでしょう。

 

【まとめ】

今回は、

「夏バテ」

に対応するための内臓治療についてご紹介いたしました。

特に、

「排泄」

「循環」

「呼吸」

というところに大まかに言うと問題がありますので、

評価・問診をしていただいて、

一人一人の患者様に対して、

対応していただければと思います。

今年は暑い日が続いていますが、

セラピスト自身も体調に気を付けていき、

患者様に貢献していきましょう!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

腰痛改善テクニックセミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【内臓セミナー事前学習】腎臓のイメージを大切により深く
  2. 副腎の機能・治療【内臓治療‐ストレス‐カーフサイン】
  3. 頭蓋仙骨療法セルフメンテナンス指導【1人で行える頭蓋治療編】
  4. 【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例
  5. トリガーポイント(筋膜)と経穴(経絡)の関連性について【リハビリ セミナー】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。…

  2. メンタルアプローチ

    東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】

    おはようございます、allアプローチ協会 鈴木 正道です。…

  3. 内臓治療

    生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について

    みなさん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。…

  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】皆さんこ…

  5. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】方向転換時の膝の痛みを改善させるアプローチ方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます♪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストのためのタッチの精度を極限まで上げる3つのポイント
  2. 山口拓也

    腱鞘炎に効く筋膜・骨格アプローチ総まとめ
  3. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して
  5. 内臓治療

    内臓・経絡・経穴と大腰筋の調整
PAGE TOP