ALLアプローチ協会

【大腿骨頸部骨折】下肢の振り出し時の重量感改善に有効な筋について

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えしていきます。

 

今回は、

【大腿骨頸部骨折】下肢振り出し時の重量感改善に有効な筋について

というテーマでお話していきます。

 

 

大腿骨頸部骨折転子部骨折の術後の患時の痛みや支持性は上がってきたものの、

「足を蹴りだすときだけ痛い…。」

「足を振り出すときに重い…。」

「前に上手く振り出せない…。」

「長い距離になると、足が重くて大変…。」

というお悩みを訴える患者様がいらっしゃいます。

 

皆さんはこんな患者様に対してどのような評価をし、治療を展開していきますか?

 

以前私は、なかなか改善させるようなアプローチが行えず、

治療が難渋した経験があります。

しかし、

「運動連鎖」

の視点から考え、評価・治療を展開していくことで、

「痛みがなく足が蹴りだせるようになった!」

「足が軽く振り出せるようになった!」

「足がスムーズに振り出せるようになって、スイスイ歩けるようになった!」

「長い距離を歩いてもあまり足が重くならなくなった!」

といった成果を出せるようになってきました。

 

では一体どのような考え方なのか?

そしてどのような治療アプローチが有効なのか?

について詳しく解説していきます。

 

【歩行の運動連鎖から捉える

下肢の振り出しに直接関わりが深い歩行周期は、

「PSw(プレスイング)」「MSw(ミッドスイング)」

になります。

 

この2つの歩行周期に関わる筋・関節へのアプローチが、

下肢振り出し時の重量感改善に、

繋がっていきやすいです。

 

【特に原因となりやすい筋は?】

「PSw」に関わる筋は、

遠心性(伸張位):長内転筋、恥骨筋、前脛骨筋、大腿直筋など。

求心性(短縮位):大殿筋上部繊維、中殿筋後部繊維、ヒラメ筋、中間広筋など。

「MSw」に関わる筋は、

遠心性(伸張位):内外閉鎖筋、上下双子筋、大腿方形筋、内側広筋、腓骨筋など。

求心性(短縮医):中殿筋前部繊維、大腿筋膜張筋、外側広筋、後脛骨筋など。

が原因菌の候補として挙がってきます。

もちろんすべての筋を治療していけば結果は出やすいですが、

短時間で効率よく、ピンポイントで原因筋を見つけ、

治療していくことが重要です。

 

とはいっても、

変化が出やすい原因部位を特定するのは、

なかなか難しいって方が多いと思いますので、

私の臨床経験の中で、

「大腿骨頸部骨折の方で特に原因となりやすい筋」

をご紹介いたします。

 

①  内外閉鎖筋、上下双子筋、大腿方形筋

特に内外閉鎖筋は、

「寛骨臼」

に付着する筋のため、

人工骨頭やTHA(人工関節全置換術)の場合、

股関節のアライメント保持のために常に緊張状態となりやすく、

硬結が出来やすいです。

この部位の調整で、

「Msw」での下肢の振り出しが改善されやすいです。

 

②  内側広筋×長内転筋

大腿骨内側上顆から大腿骨内側中央線沿いの遠位部

内側広筋と長内転筋が筋膜を介して癒着を起こしやすく、

硬結が出来やすいです。

この部位の調整で、

「MSw」、「PSw」どちらも改善に繋がりやすいです。

 

③  後脛骨筋

脛骨内果から脛骨内側縁上を3~4横指上方の位置は、

後脛骨筋・長趾屈筋・長母指屈筋が走行する部位で、

硬結が出来やすいです。

この部位の調整で、

「MSw」での下肢の振り出しが改善されやすいです。

 

④  大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋は、筋膜を介して中殿筋前部繊維大腿直筋との筋連結があり、

中殿筋・大腿直筋の動きも悪くなることがあります。

そのため、

大腿筋膜張筋の調整で、

中殿筋、大腿直筋も同時に調整され、

「MSw」、「Psw」のどちらも改善されやすいです。

 

以上の筋は臨床上、

下肢の振り出しの重量感の原因となりやすいため、

触診をしていただき硬結があれば、

治療していただくことで、

大きな治療効果・結果を出すことに繋がります。

是非参考にしていただき、

患者様に貢献していただけたらと思います!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました。

それではまた!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー

渡会 賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 隔膜の解剖学と治療の使い分けするを理解する・・・【骨盤隔膜・横隔膜と頭蓋仙骨療法…
  2. 本物のセラピストになるために part1
  3. ADL動作指導 3つのコツとは?~床上動作を例に~
  4. 十二指腸 内臓治療編 【テクニック・内臓治療・マニュピレーション】
  5. ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】知らなければ絶対やらない経絡筋膜アプローチ

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓セミナー事前学習】大腸の立体的イメージ・構造の理解を深める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    【エネルギー療法】エネルギーを使うといつももらってしまうあなたへ

    いつも動画をご覧になっていただき本当にありがとうございます!ALL…

  4. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?

    いつも当協会の公式ブログ読みいただき、本当にありがとうございます。…

  5. ALLアプローチ協会

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…

    後脛骨筋の解剖学的特徴について…From 山口拓也 埼玉 越…

  6. ALLアプローチ協会

    脾臓の解剖学的イメージ【膜】

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。  …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について
  2. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  3. 健康・体質・栄養

    便で簡単健康チェック
  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例
  5. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
PAGE TOP