ALLアプローチ協会

【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~

【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~

 

ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。

本日も、当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

前回は、

【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みがなかなか取りきれないあなたへ

というテーマでお伝えさせていただきました。

復習はこちらから↓
https://goo.gl/r82yrA

今回は、

【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~機能・構造レベル編~

というテーマでお話しさせていただきます。

前回のブログでは、

歩き始めの痛みを取りきるには、

立位の時点で患側のIC(イニシャル・コンタクト)ができる準備が整っているか。

もっと具体的に言うと、

ICの運動連鎖に必要な筋・関節の状態になっているか。

がポイントですよ!

というところまでお伝えしました。

今回のブログでは、

具体的にどの筋肉や関節の状態を整えていく必要があるのか。

をお伝えします。

<ICで働く主要な筋>

・大殿筋下部繊維

・内側ハムストレングス

・大内転筋

・長趾伸筋

こういった筋は、ICの姿勢制御の際、遠心性に働きます。

つまり、

筋が伸張位になれる状態に調整していく必要があります。

そして、

・中殿筋

・大殿筋上部繊維

・腸腰筋

・外側ハムストレングス

・後脛骨筋

・長母趾屈筋、長趾屈筋

は、ICで働く筋と一部拮抗する作用を持っているので、

ICの筋が遠心性に働くために、これらの筋は求心位(短縮位)になれる状態に調整していく必要があります。

伸びることもできて縮むことができる状態→長さー張力曲線の真ん中→筋が緩んでいる状態

にしていけばいいです。

今回は、下肢の主要な筋群を挙げましたが、

隊関・頸部・上肢も、ICの運動連鎖が有利に機能するために診るべき筋・関節の状態もありますが、今回は省略します。

ただ、以上の筋だけでも、

筋を調整できる技術さえあれば、

歩き始めの痛みが改善するといった結果を出すことができますので、

ぜひ明日からの臨床に取り入れていただけたらと思います。

ただし、

完璧に、ICに必要な筋・関節の状態に調整できたとしても、

歩き始めの痛みが改善しないケースがあります。

それはなぜか?

次回のブログでは、その理由と具体的な対策方法についてお伝えしますので、楽しみにしていてください!

本日は以上になります。

最後まで、当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 渡会 賢太

本日の記事はいかがでしたか?

 
 追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
  2. 【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて
  3. 生理痛に対する内臓・筋骨格・頭蓋治療について
  4. 【実技】大腰筋治療 内臓・経絡・運動連鎖からのアプローチ
  5. 触診の極意「触診の在り方」とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもA…

  2. ALLアプローチ協会

    ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!

    おはようございます。オールアプローチ協会 鈴木 正道です。前回…

  3. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】胸骨・縦隔・胸膜にアプローチ(肺・心臓のつながり)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ

    みなさんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

  6. ALLアプローチ協会

    筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?

    筋間中隔を治療に応用させる知識とは…?From 山口拓也 埼玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    インナーマッスルの重要性・効果 頸部・肩・体幹・股関節の全身編
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】8つの内臓システムと各内臓毎のシステムについて
  3. 山口拓也

    自分の心をコントロールする魔法のテクニック!
  4. ALLアプローチ協会

    絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位
  5. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】筋膜リリース なぜ足部と下腿を治療する必要があるのか?
PAGE TOP