ALLアプローチ協会

太陽の光を浴びる指導をするべきか?について

 

みなさん こんにちは

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

 

今回の記事は、太陽の光を浴びる指導するか?しないか?

という記事です。

 

皆さんはどのようにお考えでしょうか?

もちろん、メリットとデメリットがあるので上手く使い分けていきましょう。

 

メリットとデメリットから解説していきますね。

 

【日光のデメリット】

日光は長時間当たると紫外線により日焼けや肌の老化へと繋がってしまいます。

他にも長時間だと色素沈着を助長して皮膚ガンなどの要因になると言われたりしています。

しかし、長時間の場合に引き起こすデメリットなので

短時間であれば大きな問題はありません。

 

【日光のメリット】

日光を浴びるとビタミンDが活性化します。

丈夫な骨を作るには欠かせないのが日光です

 

脳の松果体からでる抗酸化作用、

IQ向上、良質な睡眠、免疫向上に関与する

メラトニンホルモンの分泌も調節してくれるので、

とても大切です。

 

さらに

セロトニンという幸せホルモンの分泌を促し心の安定を促すことも出来ます。

 

実際に患者さんで太陽の光を浴びない方が非常に多いです。

エネルギーの観点からいっても

太陽の光を浴びないとエネルギー循環も悪くなります。

 

なので、日光の光を浴びる指導を

私の整体院では良くするのですが

大事なのはタイミングと光を浴びる量です。

 

10時〜14時は紫外線が強いですが、

メラトニンとしては12時に浴びるのがベストです。

 

そして、浴びる量としては

1時間程度がベストと言われています。

 

自然なエネルギーをもらう指導としては

非常に重要なことですので

ぜひ臨床の生活指導の際に考えてもらえればと思います。

 

本日の記事は少し短いですが

以上となります。

 

最後まで見て頂き有難うございます。

山口拓也

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」
  2. 腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  3. 【触診が苦手なあなたへ】セラピストのための身体感覚調整法について
  4. 【内臓治療×基本動作】内臓と立ち上がり動作の関係性について
  5. 肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】免疫のひし形とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。本…

  2. ALLアプローチ協会

    経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓

    おはようございます。allアプローチ協会 鈴木 正道です。  …

  3. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液 解剖学・生理学について

    皆さん いつもメルマガを読んで頂き本当に有難うございます。ALLア…

  5. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?開業の本音!

    理学療法士・作業療法士の開業って実際どうなの?【整体、治療院、独立】…

  6. 内臓治療

    【体質改善】内臓治療で周波数の調整をする治療が大変だというあなたへ・・・

    内臓治療 周波数の調整での治療が大変なあなたへ・・・From 山口…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    【内臓治療】胃の解剖的特徴(膜と立体感)
  2. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  3. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  4. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?
  5. ALLアプローチ協会

    スパイラルライン基礎~応用まで!アナトミートレイン! 
PAGE TOP