健康・体質・栄養

元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】

元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

前回は、セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?
というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/WgYeuM

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
おススメするミネラル特集【栄養学】
というテーマでお伝えしていきます。

【まず、ミネラルって何?】
皆さん、ミネラルやビタミンが大切ということは知っていると思いますが

実際何が良くてどういうものなのか分からないですよね。

1つ1つ説明させて頂きます!

ミネラルというのは

5大栄養素の一つです。

※ちなみに5大栄養素とは?↓
生命活動を営むために必要な栄養素となっております。その栄養素は40種類あります。
「たんぱく質」「脂質」「糖質(炭水化物)」「ビタミン」「ミネラル」の5種類になります。
この栄養素をバランス良く摂ることにより健康が保たれます!
①たんぱく質……アミノ酸に分解されて筋肉の元になります。
②脂質……細胞膜の保護、脂溶性ビタミンの吸収に必要。
③糖質……体や脳のエネルギー源!
④ビタミン……他の栄養素がエネルギーに変わるのに必要。
⑤ミネラル……体の維持に働く。各種それぞれ骨や血などに影響をもたらします。
※(注意)大量にとっていいものでもありません!

ミネラルは生きていくうえで必要な栄養素と言えます!

人間の身体のほとんどは、酸素、炭素、水素、窒素の4元素で作られていますが

残りがカルシウムやマグネシウム、リン、ナトリウム、鉄、亜鉛などで構成されており

それらを総称しミネラルと呼んでいます。

【ミネラルってどんなものがあるの?】

まず

有害ミネラル必須ミネラルに分かれます!

有害ミネラルの蓄積や必須ミネラルの欠乏は

生活習慣病に関与するので注意が必要です。

(必須ミネラル何があるの)
①マグネシウム
②カルシウム
③鉄
④亜鉛
⑤ナトリウム
⑥セレン
⑦カリウム
⑧硫黄
⑨銅
⑩マンガン
⑪リン
こんなに多く必須ミネラルが含まれているんですね!

(有害ミネラルとは)
①カドミウム
②水銀
③鉛
④ヒ素
⑤ベリリウム
⑥アルミニウム

【元リハビリセラピストがおススメするミネラルって何があるの?】
私が積極的に意識してほしいミネラルを1つ1つ紹介していきますね!

1つ目は、マグネシウムです!

(マグネシウムの効果とは?)
精神面を安定させる
便秘の改善
③カルシウムとバランスをとる
筋肉の収縮を助ける
⑤エネルギー代謝に関与する
⑥不眠改善
⑦疲労感改善など(生活習慣病の影響が大きい)

※マグネシウムが含まれている食品とは?→小豆、ゴマ、きな粉、イワシ、田作り、カキ、エビ、アボカド等

2つ目は、カルシウムです!
ミネラルの中で、すごい有名ですよね!

【カルシウムの効果とは?】
①骨を強くする
高血圧予防
③精神面の安定
④虫歯になりにくくなる

※カルシウムが含まれている食事とは?→アーモンド、ゴマ、アジ、あさり、カキ、エビ、にら、わかめ等

3つ目は、亜鉛です!
最近、亜鉛聞くこと多くなりましたよね!

【亜鉛の効果とは?】
①細胞分裂や酵素の働きを活性化する
②マグネシウムと同様に様々な代謝に関わる
③味覚を正常にしたり、髪の毛や肌のトラブルとも強く影響しております。
これがないと、前立腺肥大や記憶量が低下したりしますよ!

※亜鉛を多く含む食品とは→ハト麦、そば、ライ麦、ゴマ、イワシ、わかめ、さけ、まいたけ等

4つ目は、です!
貧血に関わるとか、昔解剖学の授業で習いましたよね。

【鉄の効果とは?】
①元気の源となる酵素を全身に送る働きを持っています!
②女性の月経時には、鉄を多く失われるので女性にとって欠かせないミネラルとなっております。しかし、閉経後は過剰摂取が活性酵素を生み出すこともあります。
貧血が起こりにくくなる
動機や息切れがしにくくなる
爪の変形予防

本日は、ミネラルについて書かせて頂きました!

ちなみに……

2018年2月から心理学×栄養学セミナー開催予定です。少々お待ちください!

【栄養学の関連記事はこちら↓】
あなたは腸内細菌の奴隷
細菌を育てましょう
肝臓解毒シリーズ硫酸化

それでは、また明日!
山口 拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例
  2. 本物のセラピストになるために part2
  3. 椎間板ヘルニアを治すための筋膜・骨格・内臓アプローチ一覧
  4. 内臓治療を内臓以外からアプローチする秘密の方法とは・・・?
  5. 意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    冷え性に対する筋・筋膜アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. 山口拓也

    頭蓋仙骨療法の新しいメリットについて‼︎美容との関係?

    頭蓋仙骨療法のメリットとは?From 山口拓也埼玉 越谷 治療…

  3. ALLアプローチ協会

    生理痛のアプローチ なぜ生理痛になるのか?

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. 内臓治療

    セラピストのための胸郭アプローチと内臓治療の重要性について

    胸郭アプローチの重要性について・・・From 山口拓也埼玉 越…

  5. 内臓治療

    肺の解剖学・生理学について【肺解剖₋生理】

    肺の解剖学・生理学・治療について【肺解剖₋生理₋治療】…

  6. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅢ】 セラピストのタンパク質指導

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【骨格・筋膜調整】足部アライメントを調整して結果を出す考え方
  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  3. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  4. メンタルアプローチ

    自律神経症状の根本的なアプローチとは?
  5. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?
PAGE TOP