山口拓也

冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介

 

【冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、勉強熱心なセラピストさんに向けて
冷え性に対する筋膜アプローチ
というテーマでお伝えしていきます。

前回は、冷え性に対する内臓アプローチで紹介させて頂きましたが

筋膜・骨格編を紹介させて頂こうと思います。

【冷え性 大雑把なまとめ】

①自律神経障害
・交感神経優位からくる抹消の血流不足

②筋肉
・筋萎縮による熱産生不足
・筋肉の硬さからくる循環問題

③内臓の影響
・肝臓や脾臓などの問題

④環境的要因
・気候など

今回は筋肉に絞って話していきます。

 

【冷え性に対する筋膜・骨格アプローチ】

①腸腰筋アプローチ

腸腰筋は、交感神経幹と位置関係が近いため

ストレスや血糖値の変化などで交感神経が優位な状態が続くと

腸腰筋の硬さを生み出します。

(腸腰筋が硬いと・・・?)

・大腰筋上部硬さ→腹大動脈の壁側枝の圧迫

・大腰筋下部、腸骨筋の硬さ→内腸骨動脈の壁側枝、大腿深枝動脈の枝の圧迫

・腸腰筋は、骨盤、腰椎の可動性を制限し腹部全体の血流を阻害する要因の1つとなります

・腸腰筋の硬さは、腸腰筋に近い内臓(肝臓・腎臓・腸・子宮)・横隔膜の動き(他動性+自動性+可動性)を制限します

冷え性の中でも優先順位の高いアプローチすべき部位です。

ぜひ冷え性の患者様にアプローチしてください。

 

②脊柱起立筋アプローチ

脊柱起立筋に対してのアプローチは、そこまで多くアプローチすることは少ないのですが

やっておいて損はない筋肉ですね。

この部位は、膀胱経(経絡治療)のラインでもあり脊柱起立筋に対して刺激を加えると内臓全体に良い刺激を加えることができます。

興味がある人は、膀胱経のラインを一度勉強して見ると良いかと思います‼︎

大きい筋肉でもあるので代謝への影響も大きいですからね。

 

③横隔膜・骨盤隔膜治療

冷え性には、隔膜治療ということをぜひ覚えておいてください‼︎

(横隔膜)

まず、横隔膜は深部のリンパ循環に大きく影響する部位であること。

経絡でいうと、三焦経(経絡)に影響を与える重要な筋肉であることということです。

そして、横隔膜の動きがあることで内臓全体を動かし(マニュピレーション:自動力)内臓全体の機能を発揮できるようにしていること。

 

(骨盤隔膜)

冷え性といえば、骨盤のアプローチが重要ですよね。だからこそ、冷え性の患者様は骨盤周囲に付着している筋肉をしっかり治療しなければいけません。

骨盤に関与する筋肉でも重要なアプローチの1つとして、骨盤隔膜があります。

骨盤隔膜は、横隔膜と連動して機能する筋肉でもあることを知っていますでしょうか?

横隔膜が呼吸で上下するのと同時に骨盤隔膜も一緒に動くんです。

横隔膜と骨盤隔膜のアプローチはセットくらいに考えておくといいかもしれませんね。

 

④内転筋、後脛骨筋、下腿三頭筋

(内転筋)

内転筋は、大腿動脈・静脈の通り道でもあります。

内転筋は、ハンター管とも呼ばれている内転筋管を作っていて

大腿動脈、大腿静脈、伏在神経が通っています。

 

(後脛骨筋・下腿三頭筋)

後脛骨筋は、深部の筋肉で3箇所の血管の近くにあります。

三陰交と呼ばれる場所でもあり、抹消の循環には非常に関与しています。

下腿三頭筋に関しては、筋ポンプ作用のメインでもあると同時に

カーフサインとも呼ばれている部位です。

内臓との関連が強いためぜひ冷え性ではアプローチしていただきたい部位ですね。

 

【一応 頭蓋仙骨療法も・・・】

(頭蓋仙骨療法)

頭蓋治療で言えば全体的にアプローチをすべきですが、オススメは後頭骨へのアプローチです。

後頭骨へのアプローチが最も抹消へのアプローチに関与するためです。

頭蓋仙骨リズムは、後頭骨と仙骨の動きが重要ですからね。

 

以上です。

最後まで記事を読んでいただき誠にありがとうございました。

一般社団法人 ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
【心理学×栄養学セミナー】開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 重度の変形性股関節症にも有効なある筋肉とは?
  2. 靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5
  3. 冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】
  4. ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  5. どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは? 皆さん こんにち…

  2. マインドセット

    2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!

    皆様新年明けましておめでとうございます!ALLアプローチ協…

  3. ALLアプローチ協会

    内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)

    内臓セルフメンテナンス特集パート1From 山口拓也 埼玉 越…

  4. ALLアプローチ協会

    セラピストのための体質改善してもらう考え方・アプローチ・指導

    体質改善アプローチの考察from 山口拓也横浜 スタバ より…

  5. 健康・体質・栄養

    睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】

    皆さん こんにちは  ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】腎臓の治療効果が最大化する3つのポイントとは?
  2. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について
  3. 内臓治療

    内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  4. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  5. 内臓治療

    【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して
PAGE TOP