山口拓也

多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】

多裂筋が腰痛治療のヒントとなる・・・

From 山口拓也
埼玉 越谷レイクタウン スタバより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
多裂筋治療が腰痛改善のヒントとなる・・・?
というテーマでお伝えしていきます。

皆様は、多裂筋の治療をしていますでしょうか・・・?

他の筋骨格の要因が多裂筋への筋トーンに悪影響を及ぼしている場合が多いので、主要問題点からアプローチしてから行って欲しいのです。

まずは、多裂筋の解剖学から解説させて頂きます。

【多裂筋の解剖学について・・・】

多裂筋は、深層にあり脊柱起立筋のさらに深部に位置しています。頸部〜仙骨まで付着する筋肉で連なって構成されております。

主には、3つから構成されております。

・頚多裂筋

・胸多裂筋

・腰多裂筋

そして、最も筋繊維が多いのが腰多裂筋です。

腰部は、関節の自由度が非常に高いのですが骨格的にほとんど安定しない構造となっております。(背骨だけですからね)

だからこそ、骨格で安定しない分を筋肉で補おうとしているのです。

それが、コアマッスルですね。多裂筋や横隔膜、骨盤底筋、腹横筋など。

その分、多裂筋の中で腰多裂筋に負担がかかりやすいんです。

 

(多裂筋の主な機能)

・椎間関節を安定させる

・体幹の伸展

・体幹の回旋

・体幹の側屈

 

体幹の基本動作は、20%しか関与せず椎間関節を安定することがメインな働きとなります。

 

多裂筋が要因の腰痛は、

・肩甲骨間

・仙骨部

・臀部後面

が腰痛の出やすい部分です。

 

【最も重要なのが、多裂筋と腹横筋のバランス?】

多裂筋が働く際は、ほぼ同時に横隔膜、腹横筋、骨盤底筋群が収縮して体幹を安定させます。

多裂筋は、腹横筋とつながりがあります。腰部全体の筋を包んでいる胸腰筋膜を介してつながり多裂筋・腹横筋どちらも一連の機構として

働く構造になっています。

インナーマッスルと呼ばれる重要な筋肉ですね。

もし、多裂筋の働きに異常がある場合は腹横筋にも機能低下を引き起こしてしまいます。

そして、多裂筋や腹横筋などの機能低下があるとアウターの筋肉が過剰に働いしてまいさらなる腰部の負担となる。

 

【他にもつながりが・・・?】

他にも横隔膜とのつながりもありますので、呼吸にも関与します。

なので、呼吸が浅い人などは多裂筋の機能低下などが横隔膜との繋がりから引き起こしたりします。

他にも、腰痛の患者様は多裂筋が萎縮しているという報告もあるくらいです。

 

【まとめ】

ぜひ、多裂筋のアプローチをしてみてください。

実際、リハビリのセラピストさんは促通として介入していると思いますがそれでOKです。

コアを活性化するか徒手的に筋トーンを正常に近づけるかは患者様によって分かれます。

<オススメ動画>

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【五十肩】肩外転の痛みで、圧倒的な結果を出せる筋膜・経絡治療とは?
  2. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】受講生さんの声(伊木さん)(辰己…
  3. 冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】
  4. 腸間膜への内臓アプローチについて
  5. 筋間中隔を治療に応用させるための知識とは?…?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    筋緊張の種類:筋硬結・筋弛緩の基礎知識・評価・治療の話

    いつも大変お世話になっております。最近、インスタグ…

  2. ALLアプローチ協会

    アキレス腱炎に頭を抱えるセラピストと患者

    おはようございますAllアプローチ協会 鈴木 正道です。本日も…

  3. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】皆さん こんにちは …

  4. 内臓治療

    セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】

     皆さんこんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也で…

  5. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】From 山口拓也…

  6. ALLアプローチ協会

    【大腿骨頸部骨折】下肢の振り出し時の重量感改善に有効な筋について

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    腹腔神経叢の重要性、治療への活用について…‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~
  3. ALLアプローチ協会

    視力・老眼に対する内臓・頭蓋仙骨療法・筋膜アプローチ 総まとめ
  4. ALLアプローチ協会

    腰痛といえば、腸腰筋アプローチ(触診・機能・役割)
  5. ALLアプローチ協会

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛₋内臓₋筋膜₋生理痛】
PAGE TOP