山口拓也

多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】

多裂筋が腰痛治療のヒントとなる・・・

From 山口拓也
埼玉 越谷レイクタウン スタバより

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
多裂筋治療が腰痛改善のヒントとなる・・・?
というテーマでお伝えしていきます。

皆様は、多裂筋の治療をしていますでしょうか・・・?

他の筋骨格の要因が多裂筋への筋トーンに悪影響を及ぼしている場合が多いので、主要問題点からアプローチしてから行って欲しいのです。

まずは、多裂筋の解剖学から解説させて頂きます。

【多裂筋の解剖学について・・・】

多裂筋は、深層にあり脊柱起立筋のさらに深部に位置しています。頸部〜仙骨まで付着する筋肉で連なって構成されております。

主には、3つから構成されております。

・頚多裂筋

・胸多裂筋

・腰多裂筋

そして、最も筋繊維が多いのが腰多裂筋です。

腰部は、関節の自由度が非常に高いのですが骨格的にほとんど安定しない構造となっております。(背骨だけですからね)

だからこそ、骨格で安定しない分を筋肉で補おうとしているのです。

それが、コアマッスルですね。多裂筋や横隔膜、骨盤底筋、腹横筋など。

その分、多裂筋の中で腰多裂筋に負担がかかりやすいんです。

 

(多裂筋の主な機能)

・椎間関節を安定させる

・体幹の伸展

・体幹の回旋

・体幹の側屈

 

体幹の基本動作は、20%しか関与せず椎間関節を安定することがメインな働きとなります。

 

多裂筋が要因の腰痛は、

・肩甲骨間

・仙骨部

・臀部後面

が腰痛の出やすい部分です。

 

【最も重要なのが、多裂筋と腹横筋のバランス?】

多裂筋が働く際は、ほぼ同時に横隔膜、腹横筋、骨盤底筋群が収縮して体幹を安定させます。

多裂筋は、腹横筋とつながりがあります。腰部全体の筋を包んでいる胸腰筋膜を介してつながり多裂筋・腹横筋どちらも一連の機構として

働く構造になっています。

インナーマッスルと呼ばれる重要な筋肉ですね。

もし、多裂筋の働きに異常がある場合は腹横筋にも機能低下を引き起こしてしまいます。

そして、多裂筋や腹横筋などの機能低下があるとアウターの筋肉が過剰に働いしてまいさらなる腰部の負担となる。

 

【他にもつながりが・・・?】

他にも横隔膜とのつながりもありますので、呼吸にも関与します。

なので、呼吸が浅い人などは多裂筋の機能低下などが横隔膜との繋がりから引き起こしたりします。

他にも、腰痛の患者様は多裂筋が萎縮しているという報告もあるくらいです。

 

【まとめ】

ぜひ、多裂筋のアプローチをしてみてください。

実際、リハビリのセラピストさんは促通として介入していると思いますがそれでOKです。

コアを活性化するか徒手的に筋トーンを正常に近づけるかは患者様によって分かれます。

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

理学療法士-作業療法士-セミナー

ピックアップ記事

  1. 胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】
  2. 【鼠径痛ケース】筋連結ラインを自分で見つける楽しみ方
  3. 肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】
  4. 腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
  5. セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

関連記事

  1. 内臓治療

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】皆さん こんにちは…

  2. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. 内臓治療

    【番外編】君の膵臓をたべたい 病気を考察してみた

    【番外編】君の膵臓を食べたい 病気について From 山口拓也…

  4. 内臓治療

    【体質改善】内臓治療で周波数の調整をする治療が大変だというあなたへ・・・

    内臓治療 周波数の調整での治療が大変なあなたへ・・・From 山口…

  5. 内臓治療

    大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつもAL…

  6. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  2. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  3. 山口拓也

    頸椎の重要性【筋膜・ジンクパターン・内臓治療との関連】
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療をやる上で重要なイネイトインテリジェンスについて
  5. ALLアプローチ協会

    肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?
PAGE TOP