山口拓也

胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

最近は、越谷市の「餃子の王将」で天津飯と餃子を食べることが多く
消化器系に負担を感じています(笑)皆様も中華には気を付けましょう!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス】
というテーマでお伝えしていきます。

胸椎は、自律神経とも関係しており患者様で硬い人が非常に多いので
皆様もぜひ臨床に取り入れて頂けると嬉しいですね!

【胸椎の解剖学など】
胸椎は、(Th1~Th12)12個の椎骨があります!

胸郭の後面の役割があり肋骨とも連携しています。それが、胸椎の最大の特徴ですね!

胸椎は、下位ほど大きく生理的湾曲でいうと後湾となっています。円背の患者様は、特に胸椎部の後湾が増強している状況にありますね!

 

【胸椎と自律神経の関係って?】

脊柱と自律神経には、深い関係性があります。

頸椎、胸椎、腰椎、骨盤すべてに自律神経と関係しているのですが今回は胸椎について書かせて頂きます!

胸椎は、位置関係で考えても心臓や肝臓、肺などが近く自律神経節が多く含まれている部位でもあります!

交感神経が胸椎の前から肋骨のつなぎ目を通っていたりする影響から自立神経障害が非常に起きやすい場所でも

ありますね!

 

【なんで、胸椎が硬くなるの?】

それは、生活習慣の問題が非常に多いです!もちろん、すべての症状は環境要因がほとんどです。

具体的に話すと、ストレスや食生活、パソコンやスマホなどの刺激、睡眠不足、不良姿勢など!

個人的に臨床でよくみられるのが、ストレスで胸椎を硬くしている人が多いことを良く感じます。

精神的なストレスはもちろんですが、寝不足や仕事などの疲労感が強い人は精神的なストレスはなくても無意識

でストレスを感じているようです。そんな方が胸椎を硬くして自律神経障害を起こしている人が整体院で多くの

患者様を診させて頂いて感じますね。

これらが、胸椎単体だけでなく筋膜や硬膜、他の脊柱の関係性から硬さを作り出します!

【胸椎と痛みの関係について】

胸椎の硬さが肩の痛みや腰の痛みなど全身に影響してしまいます。

なぜかというと、胸椎の硬さが出ると肋骨とつながっているため

肋骨や肩甲骨(肩甲骨は肋骨や筋肉とつながっている)の動きの制限につながってしまいます!
※臨床上、胸椎硬い人は肩甲胸郭関節ガチガチな人多いです。

そうなってしまうと、肩甲骨の動きの制限から肩関節挙上90°~120°のあたりで痛みや可動域制限として出てしまう患者様がいらっしゃいます。

また、胸椎の硬さから他の脊椎がハイパーモビリティーとなり(要は、胸椎の硬さで腰椎が代償的に動きすぎる)

ヘルニアになってしまう患者様も多いです。

【胸椎と内臓の関係について】
※文献によってさまざまですが、私の使っている胸椎と内臓の関係を書かせて頂きます!
ここを押圧して内臓を緩ますことも可能なのでぜひご参考になってください!
内臓治療に合わせて行っていただけることを期待しております!

例:T11(胸椎11番)→右:小腸(胸椎11番の右が小腸の反射点ということです!)

・T1→右:心臓上部 左:心臓下部

・T2→左:左肺

・T3→右:右肺

・T3・4の間→左:気管支

・T4・T5の間→右:胆のう

・T6→右:肝臓右葉 左:肝臓左葉

・T7→右:十二指腸 左:胃

・T8→右:膵臓(膵頭) 左:膵臓(膵尾)

・T8・T9の間→左:脾臓

・T9→右:右副腎

・T10→左:左副腎

・T11→右:右小腸 左:左小腸

・T12→左:腎臓

 

【頭蓋仙骨療法との関連?頭蓋治療の前に脊柱を治療するべき理由!】

頭蓋仙骨療法では、脳脊髄液の循環を改善させると思いますが

その前に脊柱の治療をする必要があります!なぜかというと頭蓋~仙骨S2までを循環している途中で脊柱を通

るからです!そのため、胸椎の硬さが脳脊髄液の循環を阻害する要因となってしまいます。

【胸椎の治療について】

胸椎(脊柱)の治療では、直接法と間接法があります!

・直接法とは…歪んでいる方向とは逆方向に誘導して調整する

・間接法とは…歪んでいる方向に一度誘導してから修正方向に調整する

私自身は、患者様によって使い分けており仙腸関節の調整をしながら胸椎の調整をしています!慣れないとできないですが・・・

 

【胸椎のセルフメンテナンスについて】

胸椎のセルフメンテナンスを患者様に指導することは非常に重要となります。

なぜかというと、胸椎は生活習慣が改善されなければすぐまた硬くなってしまいます。私は、ほとんどの患者様

に指導しているメンテナンスがあるので自律神経障害のセミナーの特典として入れているので是非楽しみにしておいてください!

 

【まとめ】

胸椎治療は、痛み治療や自律神経障害など重要な要素となります。

胸椎治療がしたことない方は、ぜひチャレンジしてみて頂ければと思います。

もうすぐ、「自律神経障害セミナー」が開催予定で胸椎治療もコンテンツに入れていますので

ぜひ来られる方は楽しみにしてください!

本日も最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

それでは、また明日!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

毎日心理学や栄養学、筋膜治療、内臓治療、頭蓋治療、経絡治療などのメルマガを配信しておりますので、ぜひご登録よろしくお願い致します!
ユーチューブも行っておりますので、そちらの方もチャンネル登録もよろしくお願い致します!

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガを無料で配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
【心理学×栄養学セミナー】開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!


ご希望の多かった【自律神経障害セミナー】が開催されます!
便秘、冷え性、頭痛、アレルギー、花粉症、アトピーなど自律神経障害が【治せない】と悩んでいませんか?自律神経障害を改善できるセラピストになるための3つのポイントとは?
以下がセミナー詳細です!

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】
  2. 肝臓治療における五行の活用「相生」「相克」
  3. 後頭下筋の重要性とは?【痛み₋脳脊髄液₋目の疲れ】
  4. ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ
  5. 【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

関連記事

  1. 内臓治療

    腹膜への内臓治療について解説

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつ…

  2. 内臓治療

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】

    内臓治療 心臓編 【生理学 テクニック マニュピレーション 効果】…

  3. ALLアプローチ協会

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ…

  4. ALLアプローチ協会

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】皆さん こんにち…

  5. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  6. 健康・体質・栄養

    元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】

    元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】 皆さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
  2. 山口拓也

    患者さんはこれを求めている! 自己重要感の大切さ……
  3. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)
  5. ALLアプローチ協会

    【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例
PAGE TOP