山口拓也

頭蓋仙骨療法における縫合・頭蓋骨の知識 パート②

from 山口拓也 整体院 デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、 ありがとうございます!

最近、こんなツイートをさせて頂きました↓

何事も行動が大事です。皆さんはどう思いますか?

 

本日は、「頭蓋仙骨療法における頭蓋骨・縫合に対する知識」について

というテーマでお話をさせて頂きます。

昨日の記事を見て頂けたでしょうか?

<パート1はこちら↓>
https://bit.ly/2yZZQnN

今回は昨日の続きでパート②をお届けしていきたいと思います。

【頭蓋骨パート②】

①鼻骨について

鼻骨は、前頭骨と篩骨ー蝶形骨・涙骨、上顎骨と接しているため

鼻骨の自由度がないと上記の頭蓋骨の1次呼吸を制限してしまいます。

なので、鼻骨の動きを最大化するためには

上顎骨と前頭骨を一緒にリリースする必要があります。

 

(鼻骨のリリースをすることで得られる効果)

鼻骨のリリースをすることで

鼻呼吸や鼻分泌に影響を与えます。

 

②頬骨について

頬骨は、蝶形骨と上顎骨を連絡させており「減速装置」として働きます。

頬骨は緊張しやすい状態が多くアプローチ頻度が多い頭蓋骨です。

その理由として、頬骨筋・咬筋の筋緊張による問題が多いことが問題となります。

 

頬骨は、①上顎骨 ②側頭骨 ③前頭骨 ④蝶形骨の4つの骨と接しております。

周囲の4つの骨を統合し1次呼吸を調整する役割を持っています。

 

頬骨は、眼窩の障害や副鼻腔炎などの問題にも影響しています。

 

(頬骨と内臓の関係)

膵臓と関連

 

③上顎骨について

上顎骨は、顔面の中心となる骨で

眼窩底の大部分を形成します。

発語に不可欠な骨でもあり鼻腔・口腔・眼窩との関連があります。

 

上顎骨と接する骨は、

①前頭骨 ②篩骨 ③頬骨 ④涙骨 ⑤口蓋骨 ⑥鼻骨

の6つに接しております。

 

(上顎骨リリースによる効果)

鼻、口腔、咽頭などの症状改善、目の症状改善、歯の位置以上改善、咀嚼障害改善。

蝶形骨の動きを引き出す。視力障害の改善、

 

(上顎骨と内臓の関係)

左右の肺

 

④顎関節について

以前の記事でもお伝えしましたが、顎関節の問題は下記の変化を起こします↓

①頭蓋骨への障害を引き起こす

②咀嚼筋・舌骨筋・靭帯の異常緊張

③咀嚼や嚥下の悪習慣、舌の機能障害

④歯の障害

⑤鼻呼吸や横隔膜、胸椎、股関節への障害

⑥上位頚椎と環椎後頭関節の機能障害

⑦肩甲骨の機能障害(肩甲舌骨筋を通じて肩甲骨・鎖骨・第一肋骨に機能障害が生じうる)

 

⑤篩骨について

篩骨は、前側方は前頭骨

前方には、類骨と鼻骨

後方には蝶形骨が接しています。

なので、篩骨は蝶形骨の動きを止めてしまう位置にあります。

 

(篩骨と関連する症状)

副鼻腔炎、鼻炎、アレルギー性鼻炎、目の血流障害など

 

⑥蝶形骨について

蝶形骨は、篩骨・前頭骨・後頭骨・側頭骨・頭頂骨・頬骨など

多くの骨と接しており周りの骨によって動きを止められてしまう骨でもあります。

 

以前の記事でも伝えましたが

蝶形後頭関節を中心に1次呼吸が行われているので

1次呼吸メインの骨でもあります。

 

なので

頭蓋仙骨療法の場合は

最後に蝶形骨の修正を行います。

 

(蝶形骨から起こる様々な症状)

偏頭痛、涙腺障害、涙腺障害、鼻粘膜の障害、鼻炎、眼精疲労

上顎骨の運動制限、脊柱の側弯など

 

 

蝶形骨はアライメント不良が起きやすく

捻れてしまうことがあります。

蝶形骨が捻れると大脳鎌・小脳テントの捻転が生じてしまい

脳脊髄液系の循環に問題が出てしまいます。

 

他にも

下垂体は蝶形骨のトルコ鞍にあるので

蝶形骨のアライメントが崩れると海綿静脈洞の緊張により

ホルモン制御の中枢である下垂体に問題が生じます、

 

(蝶形骨と内臓の関係)

心臓

 

(蝶形骨と筋膜の関係)

DFL

<関連記事・動画>
視力・老眼に対するアプローチ↓
https://bit.ly/2MqODjj

身体揺らしエネルギーエクササイズ↓

本日の記事は以上となります。

最後まで見て頂きまことにありがとうございました。

FB・ツイッター等でシェアして頂けると嬉しいです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 「朝起きると痛い…。」腰痛に打ち勝つ方法とは?
  2. 赤血球の質と冷え性・血流障害
  3. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】受講生さんの声(伊木さん)(辰己…
  4. グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  5. 【運動連鎖】肩甲骨と歩行の関係性 運動連鎖から捉える

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?

    セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?皆さん こんにちは…

  2. ALLアプローチ協会

    小腸・大腸の6つのアプローチポイント

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもAL…

  3. ALLアプローチ協会

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについてFrom 山口拓也 埼…

  4. ALLアプローチ協会

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛₋内臓₋筋膜₋生理痛】

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛 内臓 筋膜 生理痛】…

  5. 山口拓也

    頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?

    頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?From 山口拓也…

  6. 内臓治療

    心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】

    心臓反射点一覧~治療まで、筋膜の関係性 【心臓₋反射点₋筋膜】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
  3. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?
  4. メンタルアプローチ

    東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  5. ALLアプローチ協会

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】
PAGE TOP