山口拓也

頭蓋仙骨療法における脳脊髄液の基礎・生理学・治療までについて・・・

頭蓋仙骨療法における脳脊髄液について・・・

From 山口拓也
埼玉 越谷 治療院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頭蓋仙骨療法における脳脊髄液について・・・
というテーマでお伝えしていきます。

本日は、脳脊髄液の基礎から治療まで解説して行きたいと思います。

ぜひ、頭蓋仙骨療法を行っている人は脳脊髄液の基本を頭に入れて治療して頂ければと思います。

前回もかかせて頂きましたが、忘れてしまいますからね。

 

【脳脊髄液の生理学】

脳脊髄液のPH値 CSF=脳脊髄液です。

CSFのPH値は7,32で血液よりもPH値の変動が小さいです。

 

脳脊髄液の産生は、脈絡叢です。

脈絡叢は、約3分の2を産生します。

・その他の場所で産生されているの、①頭蓋と脊髄のくも膜下腔の毛細血管 ②脳室の上衣および実質の脈管周囲

最も脈絡叢が大きのは側脳室の側壁にあり、第3脳室と第4脳室にもあります。

 

分泌量について

・毎時20〜40ml、すなわち1日500〜1000ml

・CSF全体の交換は、1日に3〜6回

 

CSFの再吸収について

・クモ膜絨毛により再吸収されると考えられています

・硬膜にあるクモ膜により、CSFは静脈洞、特に上矢静脈同に流入する

 

脳脊髄液の循環

くも膜下腔脈絡叢および脈管周囲腔で分泌されたCSFは、側脳室からモンロー孔を通って第3脳室へ循環し

そこから中脳水道を通って第4脳室へ循環する。第4脳室のCSFは、ルシュカ孔とマジャンディ孔を通り、頭蓋および脊椎の外側液腔およびクモ膜下腔へ流入する。

 

簡単に書くと・・・↓

脈絡叢・脈管からCSF産生→側脳室→(モンロー孔を通る)→第3脳室へ循環→(中脳水道を通り)→第4脳室→(ルシュカ孔・マジャンディ孔)→頭蓋・脊椎外側液腔・クモ膜下腔

 

脳脊髄液の役割

・脳と脊髄の保護

・脳・軟膜の栄養補給およびドレナージ

・老廃物の搬出(リンパ機能)

・視床下部および神経下垂体の物質の運搬

・免疫学的役割

 

ホルモンの影響

・エストロゲンはCSFの量は増大させる

・パソプレシンとグルココルチコイドはCSFの産生率が低下

・コルチコステロイドは、CSFの吸収を増大

 

自律神経系の影響

・脈絡叢には、交感神経繊維と副交感神経繊維が存在するとされる

・CSFの産生は、交感神経を刺激すると30パーセントまで減少し、副交感神経を刺激すると最大 ほぼ100パーセントまで増大する

 

脳脊髄液のアプローチ

①産生させたい

相反テクニック 側頭骨テクニック 鱗状縫合へのアプローチが有効

 

②吸収させたい

矢状縫合テクニック 百会アプローチ 相反テクニック

 

 

 

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 肝臓治療における「五行色体表」の活用
  2. 「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  3. グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  4. セラピストが理解すべき膝関節の構造・機能・評価について
  5. 血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

関連記事

  1. 内臓治療

    腸間膜への内臓アプローチについて

    内臓アプローチの腸間膜編‼︎みなさ…

  2. 健康・体質・栄養

    花粉症に対する、内臓・頭蓋治療+食事指導

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支…

  3. セルフメンテナンス

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベル…

  4. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

  5. 山口拓也

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想をご紹介

    セラピストに必要な治療効果を上げる5つの瞑想とは・・・?From …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  2. 内臓治療

    【筋膜・隔膜治療】ボウストリングの構造、治療概念に関して
  3. ALLアプローチ協会

    なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?
  4. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における肝臓と心臓
  5. セルフメンテナンス

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)
PAGE TOP