山口拓也

頭蓋仙骨療法による効果・禁忌・テクニックについて・・・【脳脊髄液、1次呼吸の復習】

頭蓋仙骨療法による効果・禁忌・テクニックについて・・・【脳脊髄液、1次呼吸について】

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回も意欲の高いセラピストさんに向けて
頭蓋仙骨療法における効果・禁忌・テクニック
というテーマでお伝えしていきます。

以前にも頭蓋治療について書かせていただきましたが、今回も重要なポイントを書かせて頂きたと思います。

頭蓋仙骨療法で基礎・基本を忘れている方や実戦したことが無い人は、ぜひご覧下さい。

 

【頭蓋仙骨療法を行う上で重要なポイントとは・・・?】

頭蓋仙骨療法を行う上で最も重要なポイントは何か・・・?

正直、山ほどあります。

タッチの強さ、治療者側の感覚レベル、解剖学、生理学、練習量など・・・

その中で、一番最初に学ぶべきは

解剖学です。

 

頭蓋治療では、解剖学の知識が最も重要になります。

頭蓋治療では、頭蓋骨1つ1つの動きを引き出したり縫合を緩めたりします。

 

また、蝶形骨をギアとして1次呼吸を行っており蝶形骨と後頭骨の解剖学や硬膜の知識も必要となってきます。

 

とりあえず、まだ頭蓋仙骨療法をやっていない人やまだ知識不足な人は解剖学から勉強していきましょう。

 

【頭蓋治療に必要な縫合について・・・】

①冠状縫合・・・前頭骨と頭頂骨

②矢状縫合・・・左右頭頂骨

③ラムダ縫合・・・頭頂骨と後頭骨

④鱗状縫合・・・側頭骨と頭頂骨

【頭蓋治療で案外知られていないポイント】

頭蓋治療で動きが硬くなりやすい部位があります。

そのアプローチも本来必要なのですが、知らない人が多いのが現状ですね^^;

 

①プレグマ:矢状縫合と冠状縫合の会合部

②ラムダ:ここはラムダ縫合ではなく、ラムダという部位です。

③プテリオン:前頭骨、蝶形骨、側頭骨および頭頂骨の結合部

④アステリオン:頭頂骨、後頭骨、側頭骨の結合部

詳しくは、動画をご覧ください。

 

【硬膜について】

硬膜の知識を皆さんは勉強しているでしょうか・・・?

頭蓋仙骨療法には、硬膜リリースという治療があります。

それだけ、硬膜と頭蓋仙骨療法は重要ということです。

 

というわけで、硬膜の知識を書かせて頂きたいと思います。

 

硬膜とは・・・・

・脳脊髄を包んでいる膜

・硬膜・クモ膜・軟膜を合わせて髄膜と呼ぶ

・硬膜は、外傷や感染から守っている役割

・脳を包んでいるのが脳硬膜

・脊髄を包んでいるのが脊髄硬膜

 

①脳硬膜とは・・・?

脳硬膜は内層と外層の2層構造です。

大脳鎌、小脳鎌、小脳テントを作り、コンパートメントに分け脳を保護している

 

※ちなみに硬膜の間には?

硬膜は、比較的に厚い構造をしており硬膜内層や硬膜外層に分かれます。

この中に静脈血が流れる管腔構造があります。これを、硬膜静脈洞と言います。

硬膜静脈洞:上矢静脈洞、下矢静脈洞、横静脈洞、S状静脈洞、海綿静脈洞、上/下椎体静脈洞があります。この中にくも膜顆粒が存在していて、脳脊髄液を静脈に戻す役割を果たしています。

 

 

②脊髄硬膜とは・・・?

脊髄硬膜は脳硬膜とは違い、骨膜と癒着していない。

脊髄硬膜は、上下の縦の繊維方向であるため横方向のねじれに弱い。

 

 

2つの硬膜がありますが、硬膜リリースとして治療する場合は脊髄硬膜を治療していきます。

もちろん、脳硬膜の治療もしますけどね。

 

 

脊髄硬膜ですが、後頭骨から脊柱と脊髄を通って(硬膜管)仙骨(S2)に付着します。

そのため、仙骨や脊柱のアライメント不良は硬膜の歪みを生じて脳脊髄液の循環を阻害します。

頭蓋仙骨療法では、仙骨や脊柱の治療も重要となってきます。

 

【頭蓋仙骨療法の禁忌】

・CVAの急性期

・動脈瘤

・動静脈奇形

・延髄ヘルニア

・頭蓋骨骨折

・妊娠の前後13週

・急性全身感染症

・状況によるが、生理の3日目までくらいは強刺激NG

 

【頭蓋仙骨療法 目的】

①頭蓋骨の可動性改善

②頭蓋仙骨リズム改善

③硬膜の緊張緩和

④神経拘束の改善

 

【頭蓋仙骨療法テクニック】

耳を使っての治療。

耳管から中の硬膜がつながっているため耳を外側に引っ張ることで、側頭骨と硬膜の緊張を緩和することができる。

ポイントは、しっかりエンドフィールまで引っ張ること・・・

 

などなど、話せば山ほど話すことはある治療方法でもあります。

以前に頭蓋仙骨療法について、話させて頂いた動画がありますので見たい方はぜひご覧くださいませ。↓

 

【脳脊髄液について】

【1次呼吸について】

【頭蓋と内臓の関係について】

【頭蓋仙骨療法効果、目的・禁忌・テクニックについて】

 

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから↓

自律神経障害セミナー

操体法×エネルギーワークセミナー

腰痛改善テクニックセミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアよろしくお願い致します↓

ピックアップ記事

  1. 視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】
  2. 膝ope後の屈曲制限で結果の出しやすい筋ランキング
  3. 大殿筋解剖学的特徴・治療&足関節解剖学的特徴・治療について
  4. カーフサインって知ってますか?【内臓の関係】
  5. 西洋・東洋の類似点

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態…

  2. ALLアプローチについて

    肝臓治療における「経絡アプローチの実践」

    おはようございます。  オールアプローチ協会  鈴木正道です。…

  3. マインドセット

    2018年新年あけましておめでとうございます!1年間振り返ってみました!

    皆様新年明けましておめでとうございます!ALLアプローチ協…

  4. 山口拓也

    4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレイン】

    4つのアームライン特集!!上肢の治療で必要な知識とは?【アナトミートレ…

  5. ALLアプローチ協会

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】

    胸鎖乳突筋の重要性【自律神経‐内臓との関連‐治療】皆さん こんにち…

  6. ALLアプローチ協会

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】

    胸骨治療の重要性【リンパ・メンタル・自律神経への関与】From 山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療の構造的アプローチが必要な2つの理由
  3. ALLアプローチ協会

    仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
  4. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰…
  5. 代表プライベート(治療コンテンツ無し)

    東京スカイツリーへ出かけてきました!【2017年11月18日 プライベート】
PAGE TOP