山口拓也

頭蓋仙骨療法を治療する際の順番

頭蓋仙骨療法どこから治療する?

From 山口拓也
埼玉 越谷 デスクより

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
頭蓋仙骨療法を治療する際の順番
というテーマでお伝えしていきます。

昨日はALLアプローチ協会プレミアムコース2日目(頭蓋仙骨療法)in東京でした。

受講生のみなさま、飲み込みが早くて素晴らしかったですね。

 

少し話が脱線しましたが・・・

頭蓋仙骨療法を学んでただ実践するだけではダメです。

・どんな時に使うのか?

・どんな順番で

・どのくらいの時間で

・頻度は?

・好転反応どうするのか?

などなど・・・・

 

単純にやるだけでは、ダメという事ですね。

今回は、頭蓋仙骨療法の順番を解説していきます。

【頭蓋仙骨療法 治療する順番とは?】

一番最初は、頭蓋骨を触らない方がいいです‼︎

まず、基本的に仙骨・脊柱からアプローチをすべきです。

なぜかというと、頭蓋仙骨リズムとして話すと

頭蓋(脳室の脈絡叢)→後頭骨→脊柱(硬膜管)→仙骨(S2)という流れで脳脊髄液が流れています。

そのため、頭蓋からアプローチして脳脊髄液を抹消(仙骨)の方に流しても脊柱の硬さや仙骨が硬いと

脳脊髄液が逆流してしまい脳圧を下げたいのに上がってしまうことがあります。

 

そのため、まずは仙骨と脊柱のアプローチが必要ですね。

ただし、仙骨と脊柱の骨格アプローチの場合ですが筋肉の調整をしないと

アライメントを完全に修正することができません。

 

仙骨と脊柱のアプローチが修正したら、

次は硬膜管の調整が必要です。

硬膜管は、脳脊髄液の通り道ですね。

この硬膜管は、脊柱のアライメントが崩れていても捻れますし

硬さを引き起こしやすい部位でもあります。

ここのアプローチをしないと、脳脊髄液の逆流に繋がってしまうということですね。

 

硬膜管がリリースできたら、やっと頭蓋のアプローチに入ります。

しかし、まだ頭蓋骨ではありません。

頭蓋骨に付着している筋肉からアプローチします。

なぜかというと、1次呼吸による頭蓋の可動性を止めている原因が筋肉だからです。

では、頭蓋治療の前にどの筋肉をアプローチして欲しいから下記に書いておきます↓

(頭蓋仙骨療法の前に必要なアプローチはこちらから↓)

【1次呼吸とは?↓】

 

頭蓋周囲の筋膜調整が終わったら

次は頭蓋骨のアプローチに入ります。

ただ、どこからでも良いというわけではありません。

なぜかというと、頭蓋骨はギアの動きに似ているからです。

申し訳ありませんが、ギアの動きは動画での解説が一番分かりやすいと思いますので

こちらで確認していただけると幸いです。↓

 

順番としては、頭蓋骨でいう外側の骨からアプローチしていきます。

前頭骨・頭頂骨・側頭骨・後頭骨→頬骨・上顎骨・顎関節・鼻骨→篩骨・蝶形骨

ざっくり並べるとこのような順番がベストですね。

 

 

【まとめ】

①骨盤周囲の筋膜調整

②仙腸関節アプローチ

③脊柱周囲の筋膜調整

④脊柱アライメント調整

⑤硬膜管リリース

⑥頭蓋周囲の筋膜調整

⑦頭蓋骨のアプローチ 外側

⑧頭蓋骨のアプローチ 内側

このようにアプローチすることで、「もどり」や熱のこもりを最大限無くすことができます。

ぜひご参考になってください。

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

一般社団法人 ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから↓

もしよろしければ、FB、ツイッターなどでシェアしていただけると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 細菌と血液の質が、自己治癒力を高める
  2. 【内臓治療】セラピストが最低限知るべき膵臓の知識
  3. 仙腸関節の調整力ともどりに圧倒的な違いを創り出すタッチのコツとは?
  4. 内臓治療に必須!周波数・調和・共鳴について
  5. セラピストのための肝臓知識編!【作用 最初に治療すべき内臓】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    アイパターンについて

    こんにちは! ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。 いつも…

  2. ALLアプローチ協会

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】

    冷え性改善治療【内臓アプローチや筋骨格テクニック】From 山口拓…

  3. 内臓治療

    花粉症に対する内臓治療・頭蓋仙骨療法について

    花粉症治療のご紹介from 山口拓也埼玉 越谷 デスクより…

  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】皆さん …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  2. ALLアプローチ協会

    知るだけで治療効果があがる内臓治療の基礎知識
  3. 疾患別 治療

    【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?
  4. ALLアプローチ協会

    骨盤の評価方法【筋膜・骨盤治療の重要性・内臓との関連】
  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
PAGE TOP