エネルギー療法

整体院でフラクタル理論を身体へ応用してアプローチする話

 

いつもALLアプローチ協会のメルマガ・公式ブログを読んで頂き誠に有難うございます。

代表の山口拓也です。

今回の記事は、「フラクタル理論」について書かせて頂こうと思います。

 

記事とは関係ありませんが

最近、こんなツイートをしました↓

ブログやYouTube・インスタ・Tik Tok・ツイッター・FBを習慣化させようとしてます(笑)

情報発信している皆さんも頑張りましょうね(笑)

 

そんな事はさておき

皆さんフラクタル理論って聞いたことありますか?

基本的には、図形や海岸線で用いる言葉ですが

身体とも深い関係がある理論ですのでぜひ臨床の参考になればと思います。

フラクタル理論とは


複雑で不規則な図形では、
どの微小部分にも全体と同様の形が現れる自己相似性があり、
したがって部分を次々に拡大すれば全体の形が得られるとする理論の事をいいます。

※例
上記の写真も全体の写真ではあるが一部分を拡大すれば全体の形が分かる

他にも海岸線や雲の形、宇宙、身体など
その一部分を拡大すると元の図形と同じになる自己相似性を保ちます。

 

この理論は数学者が考えたもので
「複雑な組織化は単純なフィードバック機構によって起こる」
数学的ルールを見つけ、方程式を生み出したのがフラクタル理論です。

その方程式によって生み出される形が「バラバラ(fractuured)」である性質から、これらの形を「フラクタル(fractal)」と名づけました。

よく言われている
日本の蝶の羽ばたきが、海外でハリケーンを引き起こす(バタフライ効果)のもフラクタル理論となります。
小さな渦とほぼ相似の効果を生み出していきますからね。

 

身体に起こるフラクタル理論

実はこの理論は身体でも言える事なんです。

身体で表すとこのような考え方が表せます↓

①形の似ているような箇所は何らかの繋がりがある

■例↓
・肩関節ー股関節

・肘関節ー膝関節

・手関節ー足関節

・乳頭部(下部)ー後頭部(下部)ー肩甲骨(下部)ー臀部(下部)ー足底部ー膝裏ー手部
※形の形状・シワが似ている↑

などなど

 

②似たような箇所には、同じような症状が出現する

■例↓
・肩関節の拘縮が起こると股関節にも同じような現象が起こりやすくなる

・腕橈骨筋の緊張が高いと前脛骨筋にも緊張が高くなる

・手掌腱膜の硬さがあると足底腱膜の硬さにつながる

などなど

 

ロベットブラザーの法則とかもこのような理論が関係しているかもしれませんね。

※ロベットブラザーの記事はこちら↓
https://bit.ly/3c6WVZb

※YouTubeで勉強したい方はこちら↓

 

フラクタル理論を臨床に活かす

フラクタル理論は評価〜アプローチまで考えることが必要です。

■評価・仮説・考察の考え方

(評価・仮説の考え方)

ケース①

五十肩の場合、肩関節に主要問題点があるケースでも

股関節のアプローチをしないと症状のもどりや

痛みが取りきれないのではないか?

 

ケース②

手根管症候群で前腕屈筋群と手部のアーチの調整をしたが

症状のもどりがある場合、足部のアーチと前脛骨筋や後脛骨筋などのアプローチが必要なのではないか?

 

ケース③

徒手治療として

肩関節周囲のインナーマッスルの調整をしながら

股関節のインナーマッスル(腸腰筋)を同時に調整して

筋硬結とアライメントを治していく。

などなど

 

フラクタル理論を使えば臨床の見方がさらに広がります。

 

まとめ

フラクタル理論を意識してぜひ臨床に取り組んでみてください。

本日も最後まで見て頂き本当にありがとうございました。

FB・ツイッターでシェアして頂けると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 【脳波】頭蓋アプローチと脳波に対する応用の視点
  2. セラピストが最低限知るべき栄養学の知識とは?
  3. 【筋膜治療】全筋膜ラインのまとめとその活用方法
  4. 神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…
  5. 【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰…

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】

    大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】皆さん …

  2. 山口拓也

    人間関係の怒り・ストレスの解消法 合理的な方法とは?

    人間関係の怒り・ストレスの解消法 合理的な方法とは? ALLア…

  3. 山口拓也

    呼吸が浅い方へのアプローチ方法とセルフメンテナンス について

    呼吸が浅い方へのアプローチ&セルフメンテナンス についてfrom …

  4. ALLアプローチ協会

    丹田(上・中・下)の知識・テクニック応用についての話

    いつもALLアプローチ協会 公式メルマガを読んで頂き誠…

  5. 内臓治療

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】

    脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】From 山口拓也…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    評価VS治療 どっちが大事?
  2. ALLアプローチ協会

    絶対知っておきたい耳鳴り治療で必要となる知識とアプローチ部位
  3. セルフメンテナンス

    頭痛と本気で戦う【インナーアプローチ編①】
  4. 東洋医学

    セラピストが知っておきたい東洋医学の基礎知識
  5. ALLアプローチ協会

    【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ
PAGE TOP