ALLアプローチ協会

「私の平熱35度台なんです~」 もう少しで死にかけますよ?

おはようございます、all アプローチ協会 関東支部長の鈴木 正道です。

本日もメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今日は作業療法士、理学療法士、柔道整復師の方々へ向けて、

体温のリズムと、体温の重要性についてお話させていただきたいと思います。

まず体温の知識整理です。

健康な人の体温の目安:36.5℃~37.1℃

体温のリズム早朝4時~5時の間が最も低く、夕方16時前後が最も体温の高い時間となる。

36.5℃ 健康な人の体温: 身体細胞の新陳代謝が活発、免疫力も高く、体内酵素の活性も高い状態。

35.5℃:自律神経の機能が低下し、排泄機能低下や、新陳代謝が不活性になるため肌トラブルなどが出始める。
免疫力が低下し始める。癌細胞は35度を好む。

34℃:生死の境 海難救助で救出後、生命回復ができるかを判断する体温。自分で自分の体を自由に動かす事ができない体温

33℃:死の入り口。山で遭難し、幻覚が出てくる体温。死が目前。

体温が1℃ 下がると

免疫力は 30%低下
かぜや色々な病気にかかりやすく、治りにくい。

基礎代謝が 12%低下:1日200~500kcal代謝が低下し、1ヶ月で体重が1~2kg増える計算になってくる。

体温が1℃上がると

免疫は500から600%、免疫力が5~6倍に増える。

 

体温を上げる因子:

・筋

・内臓血流

・自律神経による体温調節

・セロトニン

・サーカディアンリズム(日周リズム)

【ポイント】

意外と修正できないサーカディアンリズム

もちろん、自律神経・内臓・筋の熱を作るシステムも重要となるが、

しかし、遅く寝て、遅く起きるなどのサーカディアンリズムの狂いは体内で生産されるセロトニン・メラトニンの分泌にも影響するだけでなく

一日の体温の波にも影響を与える

体温は通常、朝に低く、夜に下がる波を作るが

遅寝・遅起きのリズムは体温の上昇を遅らせ、お昼頃まで体温が上がらず体の代謝機能や脳の活性を低下させる

そして夜間体温が下がらず内臓や脳の休息を十分にとることができず、徐々に睡眠負債や自律神経のコントロールを低下させていく

そういった負のスパイラルが、身体のストレスとなり徐々に自分の平熱を下げる原因を増やしてしまう。

 

【負のスパイラル】

体温低下→体内酵素の不活性→代謝機能の低下→筋・細胞への栄養供給低下→体温さらに低下→体温が上がらず日中の不活性→サーカディアンリズムの乱れ

 

こうなってしまうと、どこが根本原因かわからなくてってしまいますが、筋を鍛えれば体温が上がるからといって、

筋トレしようにもエネルギーが不足した状態ではうまく機能してくれませんね。

 

まずは、早寝早起きの生活習慣を作り直し、良く噛んで食事をとり、良質なたんぱく質を取ることで熱の生産やホルモンの分泌を整えることが下地になると思います。

慢性的に深部体温が低い方は温めの白湯で内臓を温める習慣も良いかと思います。

本気で良くなるには、本気で治すには

こういった基本的なことを家族にも協力してもらう必要があり、セラピストも説明できる知識があり、

本人も3ヶ月間、覚悟をして集中することも必要になると思います。

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

追伸

栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

【心理学×栄養学セミナー】も開催致します!

ALLアプローチ協会

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 頭蓋仙骨療法 素人でもできるセルフメンテナンスのご紹介‼︎
  2. 膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  3. 患者が治らなくて悩む? 悩みとの向き合い方と考え方 
  4. ALLアプローチ協会の講師を志願した思い・・・セミナー経験談
  5. 大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓治療の精度を上げるための「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」について

    「経絡治療×内臓治療×筋膜治療」についてFrom 山口拓也…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. 健康・体質・栄養

    臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】

    おはようございます。 all アプローチ協会 関東支部長  鈴…

  4. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  5. ALLアプローチ協会

    筋膜リリースの前に知って欲しい知識とは…?

    筋膜テクニックに必要な解剖生理学を解説。From 山口拓也埼玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】
  2. セルフメンテナンス

    【内臓治療】 肝臓が訴える不調のサイン(後編)
  3. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】
  4. 山口拓也

    冷え性に対する筋膜治療アプローチ紹介
  5. ALLアプローチ協会

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】
PAGE TOP