山口拓也

自分のコミュニケーション能力を把握する現状分析方法

 

こんにち

ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会の公式ブログを読んで頂き本当にありがとうございます。

 
今回は、
自分のコミュニケーション能力を把握する方法について
お伝えしていこうと思います。

それは、スケーリングという方法です。

この方法は、理想の自分や憧れている人との能力との差を把握する方法です。

スケーリングの良い点としては、自分の弱点を知れることや現状を把握できることです。

その方法は、

①コミュニケーション能力

②影響力

③説得力

①~③を0~10で数値化することです。

理想の人が①~③が10の能力だとすると、自分の数値はいくつなのかを把握します。

視覚化することによって、その要素を強化すべきかが分かります。

まずは、コミュニケーション能力、説得力、影響力のどれが弱いのかを把握しましょう。

本日も最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

それでは、また明日!

山口拓也

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

ピックアップ記事

  1. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  2. 【花粉症】 内臓と筋膜を掛け合わせた治療法とは? 頸部痛との関係とは?
  3. 【腰痛治療 パートⅠ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. 頭蓋治療について【クラニオセイクラル‐1次呼吸‐頭蓋仙骨療法】
  5. 臨床・治療場面で使える良い油の選び方、指導方法【内臓に負担をかけない方法】

関連記事

  1. 内臓治療

    内臓治療・感情との関連とは?(上級者向き)

    ヒーリングから考えた内臓と感情のつながりFrom 山口拓也埼玉…

  2. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    ALLアプローチについて

    ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎

    ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎From 山口拓也…

  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態…

  4. ALLアプローチについて

    浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)

    フロントライン(SFL)の基礎・応用まで (アナトミートレイン)皆…

  5. ALLアプローチについて

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療

    肝臓治療・知識生理&大腰筋の解剖学的特徴と治療皆さん こんにちは …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」
  2. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)
  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  4. 健康・体質・栄養

    元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】
  5. ALLアプローチ協会

    認知的不協和テクニック【 簡単に相手の信頼を得られる方法!】
PAGE TOP