山口拓也

ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性

 

皆さんこんにちは
ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

今回は、
ラポール形成テクニック②!!について
お伝えしていこうと思います。

前回は、ラポール形成テクニック(ミラーリングとマッチングについて書かせて頂きました。
前回の記事はこちら↓
http://ur2.link/GnHU

皆様は、バックトラッキングというスキルを知っておりますか???

 
ミラーリングやマッチング、バックトラッキングすべてラポールスキルと言われております。

■バックトラッキングとは?

簡単に言うとオウム返しです

相手の言葉を、そのまま繰り返したり要約して伝えたりすることです。

【バックトラッキングの効果】

脳にはフィルター機能があって、情報が自分にとってOKを出していいものなのか?NOなのかをチェックしている。
 バックトラッキングを繰り返すことによって、そのチェック機能が外れることになる。

→自分の話した内容を繰り返し聴くことで、頭の中ではイエスの反応しか出てこない。

→自分のことをよく理解してもらえているという実感を持ってもらうことができる。

 
【まとめ】
・バックトラッキングは、ミラーリングやマッチングと同じでラポールスキルの1つである。

・相手の言葉をそのまま返すことで自己重要感を埋めることができる

・ラポールテクニックで1番使いやすいテクニックである。

本日も最後までブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

山口拓也

公式メルマガはこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!

心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!

テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】
  2. 自律神経症状の根本的なアプローチとは?
  3. 足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
  4. 目線の動きで自分の身体感覚を上げる方法!!
  5. セラピストの枠

関連記事

  1. 内臓治療

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】

    膵臓治療について【反射点一覧・内臓治療 膵臓編】皆さん こんにちは…

  2. ALLアプローチ協会

    操体法でセルフメンテナンス の方法を特別にご紹介

    皆さん いつもメルマガを読んで頂き本当に有難うございます。ALLア…

  3. 健康・体質・栄養

    元リハビリセラピストがおススメするミネラル特集【栄養学】

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。い…

  4. ALLアプローチについて

    梨状筋症候群を改善するためのポイントについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  5. ALLアプローチ協会

    太陽の光を浴びる指導をするべきか?について

    みなさん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山…

  6. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かすfrom 山口拓也整…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ
  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩】内臓治療で右肩の夜間痛が改善するのはなぜか?
  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  4. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?
  5. ALLアプローチ協会

    内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について
PAGE TOP