健康・体質・栄養

睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

大阪にセミナーに行く際は、前日に飛行機で飛んで
患者さんおススメの帝国ホテルに泊まっています。
おススメの大阪ホテルありましたら、皆様ぜひ教えてください!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】
というテーマでお伝えしていきます。

患者様でも睡眠不足で自律神経を崩している方多いので、ぜひご参考になっていただければと思います!
また、睡眠はパフォーマンスを上げるうえで一番大事なので仕事に追われている方などはぜひ読んで頂ければと思います。

【睡眠について・・・】
睡眠は、疲れを回復させ身体と脳を補給してくれるものです。

人間のパフォーマンスを最大限に高めるうえで必要なのは、「睡眠」です。

睡眠不足が続くと「軽度の前頭葉の前野機能障害」になり集中力が圧倒的に落ちます。

さらに、睡眠不足により外部からのストレスや刺激に過剰反応しやすくなります。

【徹夜の効率性の悪さ・・・】

なぜ、徹夜が効率が悪いのかというと脳は忘れるように出来ているからです!

ドイツの心理学者エビングハウスが行った有名な実験によると、人は記憶したことの4割以上を20分後に忘れ、

1日経つとその7割以上を忘れてしまいます。

徹夜などは、結局ほとんどの記憶は失われてしまうことになります。

【どのくらい寝るのがベストなのか?】

これは、人によって違います。

カリフォルニア大学の研究結果では、遺伝子によって決まり3つのタイプに分かれるそうです。

■1つ目のタイプ;ショートスリーパー
ショートスリーパーの方は全体から見ると、1割程度です。
ショートスリーパーは、驚くほど短い睡眠時間で疲れを回復させることができます!
毎日3~4時間で元気に過ごせるんです!
歴史上の人物でいうと、ナポレオンやトーマス・エジソンが代表的ですね!
彼らは、夜寝る時間が少ない代わりに昼寝の習慣があったと記録されています。

■2つ目のタイプ:ロングスリーパー
ロングスリーパーも全体の1割です!
ロングスリーパーの方は、1日10時間元気にならない人です!
歴史上の人物でいうと、アインシュタインが有名だそうです。

■3つ目のタイプ:ミドルスリーパー
全体の8割はミドルスリーパーです。
ミドルスリーパーは、7~8時間の睡眠で疲れを回復することができます。
もしあなたが、ミドルスリーパーだとすると1日7時間以内の睡眠では日々の仕事や治療などのパフォーマンスを落としている可能性が高いです!

ですが、ミドルスリーパーはバリュアブルスリパーとも呼ばれており訓練次第で睡眠時間を変えられます!
訓練次第で1日6時間に短縮することができます。

そのためには、睡眠時間を決めて朝方にしたり成長ホルモンを促す必要性があります。
成長ホルモンには、脳の疲労回復や神経細胞の修復などがあります!

後は、しっかり22時~2時のゴールデンタイム(この時間が成長ホルモンの分泌が盛んにでる)をしっかり寝ることが重要です!

本日も最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

それでは、また明日!
ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

ピックアップ記事

  1. 経絡応用編 人のあり方と経絡・内臓
  2. 内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  3. 頭蓋仙骨療法の応用 松果体ー視床下部ー下垂体
  4. 【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?
  5. 肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. ALLアプローチ協会

    コミュニケーションの3つの構成要素(メラビアンの法則)

    こんにちはALLアプローチ協会代表の山口拓也です。…

  3. ALLアプローチ協会

    プロテインの種類と選び方

    おはようございます。all アプローチ協会 関東支部長  鈴木 正…

  4. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

  5. 内臓治療

    【番外編】君の膵臓をたべたい 病気を考察してみた

    【番外編】君の膵臓を食べたい 病気について From 山口拓也…

  6. ALLアプローチ協会

    【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    腕神経叢と胸郭出口症候群のしびれについて
  2. 内臓治療

    内臓マニュピレーション【心臓アプローチ 精度アップする3つの方法】
  3. ALLアプローチ協会

    リンパ系アプローチテクニックの重要性について・・・
  4. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  5. 内臓治療

    ストレスホットラインHPA軸
PAGE TOP