ALLアプローチ協会

心臓の解剖学的イメージ【膜】

おはようございます。

allアプローチ協会 鈴木 正道です。

今日は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方々へ向けて

心臓の解剖学的イメージ【膜】についてお伝えしたいと思います。

復習はこちらから↓

肝臓の解剖学的イメージ

goo.gl/1Cr8J

 

私が内臓治療を練習し始めた頃、とある偉大な施術家さんが言っていたのが

「正確に解剖を理解できればやるべきことはだいたい決まってくる」という言葉が印象的でした。

当時の私は内臓の位置を簡単な模式図でさらさら書くことができないレベルで練習していたので

あまりにお粗末なイメージの中で練習をしていました。

心臓の治療を練習している時に、

あれ?

そもそも心臓ってどうやって体の中で位置を保っているんだろう?

疑問に思って調べたのが今日お伝えする知識です。

心臓の付着:

そもそも、心臓は心膜という漿液で満たされた膜の中で自由に動けるようになっている。

心膜に靭帯・筋膜・血管が連結し、心臓の位置を胸腔内に保持している。

【心臓の靭帯・筋膜連結】

上胸骨心膜靭帯:胸骨上端と心膜をつなぐ靭帯

下胸骨心膜靭帯:胸骨下端と心膜をつなぐ靭帯

横隔心膜靭帯:横隔膜と心臓をつなぐ靭帯

椎骨心膜靭帯:T3~T5レベルの椎体から心膜をつなぐ

大動脈・血管が心臓を支える

蝶形骨から垂れ下がる頬咽頭筋膜・翼状筋膜・気管前筋膜が心膜につながることで蝶形骨から心臓がぶら下がっているような構造を作る。

・ディープフロントライン(DFL)として椎前筋膜、咽頭縫線、斜角筋、内側斜角筋筋膜が後頭基底部にから心膜についていることで後頭骨からぶら下がるような構造

 

心臓に対するアプローチがイメージできてきましたか?

横隔膜へのアプローチで心臓を上下に動かすことも可能となり、蝶形骨の傾きや変位を調整することでも心臓を調整することができます。

胸骨を介して心臓にアプローチすることもできれば、胸椎・頸椎からも靭帯・神経系のつながりをアプローチすることができます。

筋膜のつながりを介してアプローチしようと思えば、DFLの評価をすることで心臓への影響も考慮できますので、是非いろいろ試してみてください。

心臓の反射点・治療方法はこちらから

goo.gl/uR6poB

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今日も一日良い時間をお過ごしください。

allアプローチ協会 鈴木 正

\\この記事のシェアをよろしくお願い致します‼︎//

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 脂肪と炎症と毒素(太ると良いことないなぁ~)
  2. 体質改善における筋膜アプローチについて
  3. ラポール形成テクニック② オウム返しの重要性
  4. 肝臓の解剖学的特徴「膜」
  5. 膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチについて

    片頭痛と大脳皮質拡延性抑制のアプローチ

    おはようございますALLアプローチ協会鈴木 正道です。頭痛と大…

  3. ALLアプローチ協会

    【五十肩】内臓治療で右肩の夜間痛が改善するのはなぜか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】筋膜・経絡・内臓のつながりから治療効果を高める思考法とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。い…

  5. ALLアプローチ協会

    胸郭上口テクニックの臨床応用について

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. セルフメンテナンス

    水分摂取について・・・【脱水の問題点・臨床での水分指導・体への影響】
  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法
  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見とは?反対側の仙腸関節に着目!
  4. ALLアプローチ協会

    一日の中で、症状の変動がある患者様でお困りのあなたへ
  5. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?
PAGE TOP