ALLアプローチ協会

恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、、本当にありがとうございます。

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など、

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えしていきます!

 

今回は、

「恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について」

というテーマでお話していきます。

 

皆さんは恥骨の評価や治療を臨床で行っていますか?

昔はそれほど、恥骨に着目はしておらず、

「仙腸関節」

ばかりに着目し、いかに仙腸関節を調整するかが様々な症状や動作に対応する上で重要だと思っていて、

あまり恥骨に焦点を当てることはありませんでしたが、

 

しかし、

この「恥骨」のアライメント不良により、

腰痛、肩関節周囲炎による疼痛、頸部痛の原因であったり、

基本動作、歩行、その他ADLの阻害因子になっているなど、

様々な症状に影響を及ぼしていることが分かってきました。

 

そのため、

最近は仙腸関節と同様に、

この恥骨の状態も評価し、必要であれば治療を展開することが多いです。

 

恥骨も仙腸関節と同様に、

骨の調整である程度修正はできますが、

すぐもどってしまいます。

 

そこで、

恥骨のアライメント不良に関わりが深い、

「筋」、「内臓」、「経絡」

について重要な部分だけをお伝えします。

これを知っておくことで、

・恥骨由来の痛み、可動域制限、パフォーマンス障害に対応できる。

・恥骨の調整後のもどりを最小限に抑えた介入ができ、治療効果が持続する。

・短時間で恥骨の調整が可能となり、結果をすぐ出せるようになる。

といったメリットがありますので、

是非ご覧いただけたらと思います。

 

~筋肉編~

  長内転筋と内側広筋の重点

長内転筋は恥骨上枝(恥骨結合の下方)に付着する筋であり、

恥骨の動きに関わっています。

そして、

大腿骨内側上顆から、大隊内側の中央線沿いで、

内側上顆から3~4横指のあたりに、内側広筋と長内転筋が筋膜を介して癒着し硬結が出来やすい部位があります。

この部分を調整することで、

恥骨のアライメント改善に繋がりやすいです。

 

  恥骨筋・長内転筋・大内転筋の起始部

鼠径部のあたりで、内転筋群が凝集し硬結が出来やすい部位になります。

内転筋群は恥骨から起始する筋になります。

この部分を調整していくことで、恥骨のアライメント改善に繋がりやすいです。

 

  大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋を外側から内側方向へ前額面上に沿って押していくことで、

骨盤がインフレアに入ります。

その結果、恥骨が後方にもどりやすくなりアライメント改善に繋がります。

 

  腹直筋

腹直筋の上部繊維が短縮し、下部繊維が伸張して硬くなっている場合は腹直筋の調整が必要です。

腹直筋の上部繊維(胸骨体)のリリース。

もしくは、下部繊維を臍に向かって短縮方向にリリースをかけていくことで、

恥骨のアライメント改善に繋がりやすいです。

 

~内臓編~

  子宮

恥骨と子宮は靭帯(子宮円靭帯)を介してつながりがあります。

そのため、子宮の硬さによるアライメント不良により、

恥骨の歪み・アライメント不良を引き起こしてる場合もありますので、

評価・治療が必要です。

 

  膀胱

膀胱は恥骨の真裏にあり、靭帯で連結があります。

頻尿尿漏れなどがある患者さんの場合は、膀胱が硬くなっている可能映画あり、

それが、恥骨の歪み・アライメント不良の原因となっているケースがあります。

 

~経絡~

  脾経(三陰交)

脾経は筋膜では、

「ディープ・フロント・ライン(DFL)

と関連性があり、

特に膝から上は、

「内転筋群」

との深いつながりがあります。

 

そのため、

「脾経」の流れを調整することで、

恥骨の調整に繋がります。

特に、

「三陰交」

という経穴は、

「女性のツボ」

とも言われており、

子宮とも関わりが深いので、

三陰交へのアプローチにより、治療効果を高めることに繋がります。

 

 

<まとめ>

今回は、

「恥骨」

について取り上げました。

ただ恥骨を骨格的に調整するだけでは、

・すぐもどってしまう。

・完全に修正しきれない。

といった結果となりやすいです。

なので、

以上に挙げたような、

「筋」、「内臓」、「経絡」

を評価していただき、

必要であれば治療を行っていただくことで、

・症状のもどりが少ない。

・恥骨がしっかりと調整される。

といった結果を出すことにつながり、

患者様も喜んでいただけるかと思います。

 

是非明日からの臨床に取り入れていただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナーのご案内はこちらから

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. 理学療法士・作業療法士・柔道整復師のためのコーチング
  2. 【症例報告】胃の治療で「寝違え」の痛みが改善した症例
  3. 【経絡治療】経絡調整3つのテクニック公開!
  4. ポ○モン育ててる場合じゃない!細菌育ててモテましょう!
  5. 「成功」にとらわれるな、「成長」にとらわれろ!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    原因不明の全身倦怠感を改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチについて

    体質改善における筋膜アプローチについて

    体質改善アプローチの指導from 山口拓也ホテル デスク より…

  3. ALLアプローチ協会

    【実技動画あり】内臓治療が誰でもできるようになる5ステップとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】右肩外転時の痛みを内臓治療で改善させる方法

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    靴下着脱動作の獲得に有効な筋ランキング ベスト5

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  6. ALLアプローチ協会

    栄養ください!!肝臓は、無料で働かない

    おはようございます allアプローチ協会 鈴木 正道 です。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~
  2. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅢ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  3. 内臓治療

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】…
  4. ALLアプローチ協会

    治療の反応がイマイチな患者様へのマル秘対処法とは?
  5. 山口拓也

    リハビリ時代と整体院開業時の給料を比較してみました…【特別に昔の給料発表…】
PAGE TOP