ALLアプローチ協会

梨状筋症候群へのテクニック・基礎知識・アプローチについて【筋膜リリーステクニック・坐骨神経痛】

梨状筋症候群について

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回も理学療法士、作業療法士、柔道整復師さんに向けて
梨状筋症候群のテクニック・基礎知識・アプローチ
というテーマでお伝えしていきます。

 

梨状筋由来の腰痛や臀部痛、痺れ、放散痛による対応策として記事に書かせて頂こうと思います。

今回は、腰痛治療に慣れていないセラピストさん向けに書かせて頂きますのでご興味ある方はぜひご覧ください。

【梨状筋・梨状筋症候群について】

梨状筋症候群は、外傷、機械的ストレスや姿勢によるストレスの繰り返しなどで梨状筋に負荷がかかると坐骨神経を圧迫し痛みや痺れを生じるのが梨状筋症候群です。

 

【梨状筋について】

梨状筋は、名前の通り梨のような形をした筋肉です。

 

梨状筋の始起:仙骨の内側面の上位3孔の間

梨状筋の停止:大腿骨大転子尖端内側面

梨状筋は、深層外旋6筋の1つでもあり股関節外旋に働く筋肉の1つです。

※他の深層外旋6筋について・・・
・内閉鎖筋 ・外閉鎖筋 ・大腿方形筋 ・上双子筋 ・下双子筋 +梨状筋で深層外旋6筋

 

梨状筋は、大坐骨孔という場所を通って梨状筋上孔と梨状筋下孔の2つに分かれます。

 

(梨状筋上孔が通るもの)

・上臀動静脈と上殿神経が通る

(梨状筋下孔が通るもの)

・下臀動静脈と下臀神経・坐骨神経が通る

 

(神経・筋肉・血管について)

・上殿神経と下臀神経どちらも仙骨神経叢の枝

・上殿神経→中臀筋、小臀筋支配

・下臀神経→大臀筋支配

・内腸骨動脈→上殿動脈、下臀動脈

 

【どんな時に梨状筋症候群と判断するのか・・・?】

1つ目:臀部の痛みが強い

2つ目:梨状筋部分を圧迫した際に痛みの変化あり(強くなっても、弱くなってもOK)

3つ目;座っている際に痛みが強くなる

4つ目;梨状筋が緊張する姿勢や動作で痛み増悪

以上が疑われる場合は、梨状筋由来の坐骨神経痛である可能性が非常に高いです。

 

【梨状筋の治療とは?】

最も簡単な治療は、梨状筋が最も緩むしいで横断マッサージが一番簡単でしょう。

姿勢は、側臥位にてクッションを用いて外旋と外転の姿勢でマッサージをしてみましょう。

ただ、梨状筋を緩ませる際は大臀筋のアプローチをしたからでないと緩みきるのは難しいので全体的にアプローチをしていきましょう。

下記に過去の臀筋アプローチ動画をのせておきますのでご興味ある方は見てみて下さい。

本日の記事は以上となります。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

腰痛改善テクニックセミナー

 

ピックアップ記事

  1. 内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  2. セラピストが知っておきたい感情と病気との関係性
  3. 【腰痛治療】大腰筋では取り切れない痛みを改善させる筋膜治療とは?
  4. 睡眠の重要性【治療効果アップ、疲労回復、セロトニン、成長ホルモン】
  5. なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?

    いつも当の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みがなかなか取り切れないあなたへ

     皆さんこんにちは☆ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー …

  3. ALLアプローチ協会

    セラピストが消化と吸収を理解すると? 慢性腰痛 五十肩 変形性膝関節症

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    誰でも腸活って実は危ないこともある 小腸内細菌増殖症(SIBO) 後半

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. 筋骨格系

    【大腿骨頸部骨折】歩き始めの痛みへの対策~動作・活動レベル編~

    ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。本日も当協会の公式ブログ…

  6. 内臓治療

    胃反射点~治療 生理学 どんな人に治療するのか?

    ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。いつもALLアプローチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 協会ブログ(セミナー、イベント、情報)

    「心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー」11月26日【ALA協会ブログ】
  2. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~
  3. 内臓治療

    ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて
  4. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  5. セルフメンテナンス

    血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するア…
PAGE TOP