ALLアプローチ協会

横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】

横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。
いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!
 
前回は、骨盤の評価方法
というテーマでお伝えしました。
 
復習はこちらからどうぞ↓
https://goo.gl/CmQ1zL
 
 
今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
横隔膜の重要性
というテーマでお伝えしていきます。

【横隔膜の解剖学】
まず、横隔膜の起始・停止・作用からお話しさせて頂きたいと思います。

●起始
胸骨部:剣状突起に付着
肋骨部:第7~第12肋骨・肋軟骨の内側に付着
腰椎部:腰椎1~4内側脚、前縦靭帯に付着

●停止
腱中心

●神経支配
横隔膜神経

本来、筋肉の起始、停止は骨と骨をつないでいますが
横隔膜は、骨を起始としてから腱を停止としています。

理由としては、横隔膜は貫通してなくてはいけないものが3~4つあるためと言われております。

1つ目:食道

2つ目:腹大動脈

3つ目:下大静脈

4つ目:大腰筋(通すというよりは付着に近いですが…)

【横隔膜と内臓の関連】

内臓には、移動力と可動力、自動力があります。

その可動力を横隔膜が担っております。

昔の記事に肝臓の運動学を説明しているので是非ご覧ください!

肝臓の運動学的特徴↓(移動力・可動力・自動力について)
goo.gl/xcm9sG

ここでも、可動力について説明しますが

可動力とは横隔膜や筋骨格系のその他の構造との間に生じる運動、2つの器官同士の動きなどを言います。

呼吸をするたびに、横隔膜が上下に動くと腹部の器官は上方・下方に移動することで内臓に動きを出します。

横隔膜が硬いと、内臓の可動力が失われることで内臓自体も硬くしたり悪影響を及ぼします。

自動性ともいわれてますね。
※自動性とは……横紋筋、平滑筋が不随意に行う運動

●横隔膜と隣接する内臓
横隔膜の上には心臓と肺、下には肝臓、膵臓、胃、腎臓などが隣接します

【横隔膜呼吸について 心臓の作用について(自動性)】
●横隔膜について
人は、1分間に12~14回呼吸します。

ということは……

1日に約2万回収縮するんです。

腹壁は柔らかい筋でできているので、横隔膜の動きで腹部の器官を前方にせり出すことができる。(横隔膜下降時)

●心臓について
心臓は1分間に約60~100回拍動するので、1日に換算すると約10万回収縮する。

この運動は、縦隔器官を波動のように伝わり横隔膜を経由して腹部にも伝わる。

大腰筋とのつながりもあり、心臓リリースによりDFLの緊張も軽減する。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. 苦手な人を無くす抜群の方法とは?
  2. 血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するア…
  3. 【頭蓋治療】耳を使った頭蓋のセルフメンテナンス公開します!
  4. 内臓治療には欠かせない東洋医学の概念 肝臓編
  5. 【内臓治療】知っておいて良かった内臓治療に必要な腎臓の知識

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  2. 山口拓也

    リハビリ 職に必要な手根管症候群に対して徒手治療について

    手根管症候群に対しての徒手治療について・・・From 山口拓也…

  3. ALLアプローチ協会

    リハビリセラピストでも聞いたことがある経絡×筋膜×内臓治療について(経穴編)

    リハビリセラピストでも使える上肢経絡治療についてFrom 山口拓也…

  4. ALLアプローチ協会

    肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  5. セルフメンテナンス

    【ベースアプローチ】自分の施術効果を120%引き出す3つのポイント

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    恥骨の調整に重要な筋・内臓・経絡について

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、、本当にありがとうございます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    腸腰筋が引き起こす様々な障害とは…?
  2. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?
  3. セルフメンテナンス

    血管血質アプローチ 重要ポイントまとめ】セラピストが関われる血管・血質に対するア…
  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】リウマチの症状に圧倒的な結果を出した2症例
  5. 山口拓也

    あなたは、相手の立場で話しておりますか?コミュニケーションで最も大切な事とは?
PAGE TOP