ALLアプローチ協会

治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!

治療家自身の感覚レベルを最大限高めるワークを紹介!

From 山口拓也

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!
というテーマでお伝えしていきます。

本日は、感覚レベルを最大限に高めるワークを紹介していきたいと思います!
以前、瞑想やグラウディングの解説もしたと思いますがそれも感覚を高めるワークなのでぜひ行ってみて下さい!

これを見ている皆様は、非常に勉強熱心だと思います!
今後は、内臓治療の精度を高めたり頭蓋仙骨療法のテクニックを習得してエネルギー治療も行えるようになるでしょう。

そこで、重要なのがセラピスト自身の感覚レベルです!
これが低いと、上記の治療精度は圧倒的に下がります…

 

【治療家自身の感覚レベル】
ワークを紹介する前にお伝えしなければいけないのですが、体調管理があってのワークですからね!
セラピストの方が体調崩していると、感覚も何もありませんから…

というわけで、おススメのワークを紹介したいとも思います!
瞑想やグラウティングは紹介しませんが、この2つもしっかり行いましょう。

①1人操体 
簡単に言えば、1人で操体法を行うだけなんですが
じゃんけん操体が治療家の感覚を上げると思っています!

操体法自体感覚レベルを必要とする治療なんですけどね!

皆さんに紹介するのは、じゃんけん操体が一番だと思います。

じゃんけん操体のやり方を説明しますね!
その前に、操体法が分からない方ほんのちょっと説明します…

※操体法とは…
簡単に私の言葉で説明させて頂くと、自分の気持ちいい、快さを感じながら身体を動かし(痛みがある動きは×)自然治癒力を最大限に引き出しつつ歪みを改善していく。

【じゃんけん操体のやり方…】
写真にある通り全身(上肢、下肢)を気持ちいい方向に伸びをすればそれでOKです!

写真の手を見るとグーで伸ばしていますが、グーがやりにくかったらパーにしてください。

グーかパーで全身を伸ばして気持ちい方向に全身を動かしていきます。
※姿勢は、背臥位が一番ですね!

「じわー」っとカラダを動かしたらゆっくり力を抜いて気持ちいい余韻を感じてください。

これだけで、全身の歪みを改善することもできるのと同時に

快の感覚を味わうことで、セラピスト自身の感覚レベルを上げることもできます。

ぜひやってみてください!

他にも1人操体はたくさんあるので、今度紹介しますね!

②自分の1次呼吸を感じる(触る、触らない、目を閉じて)

1次呼吸を感じれる人は当たり前だと思いますが、

ここでやってもらいたいのは自分の頭を触らずに1次呼吸を感じてもらいたいんです。

触らずに?と思いますが、感覚レベルが高い人はすぐできますよ!

自分の1次呼吸を意識してみてください。

1次呼吸を感じれない人は、自分の頭を触って感覚を集中してみましょう。

何度も何度も頭を触れて動きを感じることが大切ですよ!

屈曲相(横に広がる)と伸展相(横が狭まる)の動きをしっかり分かったうえで触ってくださいね…

慣れれば、触れずに目をつぶって1次呼吸を感じられるようになりますよ‼︎

<関連記事・動画>
リンパマッサージの重要性↓
https://bit.ly/36Hf39S

頭蓋仙骨療法 感覚レベルアップ手段↓

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

それでは、また明日!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 治療後に違うところが痛くなることの真実と対応方法
  2. 【筋膜×運動連鎖】階段昇降時の膝痛に肩のある筋肉が原因となる新事実とは?
  3. 本物のセラピストになるために part1
  4. 【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  5. 内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也埼…

  2. ALLアプローチ協会

    内臓反射点・足底反射区・経穴 3つの調整方法と使い方について

    今回は、「内臓反射点・足底反射区・経穴(ツボ)」につい…

  3. ALLアプローチ協会

    片頭痛に対する頭蓋治療・内臓治療のポイント

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチについて

    ボクがALLアプローチ協会で伝えたいこと

    初めまして!ALLアプローチ協会サポート講師の加藤です。本日も…

  5. ALLアプローチ協会

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】…

  6. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!

    皆さん こんにちは ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~
  2. 内臓治療

    胃の内臓治療が左肩痛・便秘などに影響するほど重要な治療部位である・・【内臓調整】…
  3. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】首の痛みの改善に重要な筋・筋膜アプローチ
  4. ALLアプローチ協会

    【経絡・内臓治療】東洋医学における腎臓アプローチ
  5. ALLアプローチ協会

    どうしても取れない腹部の硬さを取りきる3つのポイントとは?
PAGE TOP