ALLアプローチ協会

治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんにむけて

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

「治療徳碁に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ」

というテーマでお話していきます。

 

 

腰痛の患者様などの治療をしていく時に、

評価をして原因を特定して、

治療をして、

再度評価をした時に、

患者様の実感として、

痛みに変化が出ない時

ちょっと焦ることってありませんか?

てか、結構テンパりますよね(汗)。

なんか気まずい雰囲気にもなりますしね。

 

もちろん前提として、

あなたの治療が、

しっかりと原因を特定せずに、

ただやみくもに治療をしているような方の場合は、

単純に治療の進め方自体に問題があるのはありますが、

 

評価をしてある程度原因を特定して治療をし、

客観的に見ても変化があるように感じるけど、

患者様本人の主観としては、

「あんまり変わらないです…。」

といった反応をされる方っていると思います。

 

こうなってしまうと、

患者様に不信感を与えてしまったり、

患者様自身が治療に対して不安を感じてしまいます

「本当に良くなるのかな…?」

といった不安を与えてしまいます。

自費でやられている方などは、

保険に比べて高い金額をかけているので、

患者様自身に不安や不信感を与えてしまうと、

シビアな話、

リピート率の低下や売り上げの低下につながってしまいます。

 

なので、

患者様の体感っていうところは大事にしていく。

特に私は自費でやっていて、

かなり大事にしているところではあります。

 

しかし、

どうしても重症なケースなどでは、

一回の治療ではなかなか痛みが変化しないことって多いです。

そこで、

皆さんが陥りやすいのが、

「痛みにフォーカスしすぎてしまう。」

というところです。

そのせいで、

気まずい雰囲気や流れになってしまうんですね。

評価の段階で、

痛み以外に指標を取っておく必要があります。

例えば、

「動き」や「可動域」などの指標を取っておくといいですね。

例えば腰痛患者の場合、

体感前屈時に痛みがあるとして、

治療する前と後で、

「前屈が出来る角度が変わっているかどうか?」

「最終域で痛みがあるにしても、痛みなく動ける範囲が広がっていないか?」

などの違いを感じていただくことができます。

ただ単純に痛みだけを診るのではなく、

痛みと動きの関連や、

痛みと可動域に関連付けることで、

患者様が違いを実感しやすくなります。

なので、

治療の前に、

痛み以外の指標をいくつか取っておくというところが、

とても大事です。

 

<注意点>

ただ、注意していただきたいことがあります。

患者様によっては、

そもそも体感しづらい方もいます。

特に、

・痛み止めの薬を飲んでいる方

・水を全く飲まない方

は、

かなり内観が乏しく、変化を実感しづらい傾向にあります。

薬に関しては、

「リ〇カ」、「トラム〇ット」など、

神経系に直接作用させて痛みを抑えるような薬は、

かなり感度が落ちますので、

事前に問診などでチェックしておく必要があります。

また、

「水分不足」

の場合は、

水を媒体として介して、

感覚情報は伝わっていくので、

水が不足してしまうと、

神経伝達に遅延や不明確さが生まれ、

結果的に体感が下がってしまいやすいです。

 

以上の2つに当てはまるような方は、

鏡などを利用するなど、

視覚で変化を感じてもらうなどといった工夫も必要です。

 

【まとめ】

今回は、

「治療で痛みが変化しない時にテンパってしまわないようにする対象方法」

についてお話ししました。

その方法としては、

「痛みにフォーカスしすぎないこと。」

ただ痛みだけを診るのではなく、

痛みが出る角度や痛み鞍く動かせる範囲など、

「動き」や「可動域」のも焦点を当てることで、

あなたの治療に対する変化を患者様が実感し、

患者様の不安を取り除き、希望や可能性を感じていただくような関わり方が大切だと私は思います。

そこで信頼関係が作れれば、

リピートにも繋がりますし、

結果的には、

その方の痛みの改善といった成果を創り出すkとが出来ますので、

是非明日からの臨床に活かしていただけたらと思います。

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

心理学×筋膜・経絡・内臓セミナーはこちらから

もしよろしければFB、ツイッターなどでシェアしていただけると幸いです

ピックアップ記事

  1. 【番外編】君の膵臓をたべたい 病気を考察してみた
  2. 【内臓治療セミナー事前学習】 肝臓アプローチのイメージをより明確にする 前半
  3. 【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ
  4. 大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?
  5. ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  2. ALLアプローチ協会

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛₋内臓₋筋膜₋生理痛】

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛 内臓 筋膜 生理痛】…

  3. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  4. ALLアプローチ協会

    ストレス反応を知ることで内臓・腰痛にアプローチ 腰痛 内臓 ストレス

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. ALLアプローチ協会

    【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読…

  6. 山口拓也

    セラピストは、どの治療テクニックから学べばいいのか?

    From 山口拓也埼玉県 越谷 レイクタウンよりいつもAL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】子宮の硬さがTFL・大臀筋の筋硬結起こす理由を徹底解説
  2. ALLアプローチについて

    患者が治らなくて悩む? 悩みとの向き合い方と考え方 
  3. ALLアプローチ協会

    【体質改善】副交感神経とアレルギーとの関係性
  4. ALLアプローチ協会

    内臓の機能・役割・システムを全解説‼︎ 内臓アプローチをうまく使うためのコツ
  5. ALLアプローチ協会

    緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法
PAGE TOP