ALLアプローチ協会

浮腫を治すために必要なアプローチとは???【浮腫の治療について】

 

浮腫を治すためには?!【浮腫の治療は?】おまけで腎臓の解説あり!

 

皆さんこんにちは!

 
ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!
 

前回は、頭痛が起きる原因特集

というテーマでお伝えしました。
 

復習はこちらからどうぞ
https://goo.gl/cJn1P1


 

 

本日も心理学・栄養学・治療テクニックについてお伝えしていこうと思います!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて

浮腫の治療について

というテーマでお伝えしていきます。

 

浮腫って何?

水がたまる……ただそれだけです!人間の半分以上が水でできていますからね。

循環不全、血管絞扼の原因を突き止めないと……

メドマー治療だけはもう卒業しましょう!もちろん悪いとは思いませんが……

 

浮腫だと女性の場合、子宮頸がんとか子宮、卵巣の摘出手術の後は浮腫になりやすいです!

なぜかというと、子宮の周りはリンパや循環を促す物質が多いです!

ゆえに足が浮腫みますので注意してください。

 

脳卒中の患側手とか……いろいろありますよね( 一一)

自律神経過反射など……

 

リハビリ時代は、挙上やメドマー、リンパマッサージで治療してましたよね。

今回は、浮腫みと関係がある筋肉や内臓をご紹介するので

今後の臨床に生かしてみてください!

 

 【浮腫改善のための筋膜アプローチを解説!簡単ではありますが………】

リンパマッサージの治療する筋肉!

 

手であれば

●大胸筋、小胸筋……外側のリンパの循環障害につながります!液下リンパですね!乳びそうのあたりです!

●母指球…小胸筋や大胸筋のつながりもあるので浮腫治療に関与します!

あとは、鎖骨下筋とか肩甲骨胸郭関節とか小円筋とかも見ますね。

足であれば
●腓腹筋……内側上顆、外側上顆の間にリンパ、神経、血管が通ります!膝窩部ですね。腓腹筋が固くなると膝窩部の循環不全が起き                                         てしまいます!懐かしいですが、筋ポンプ作用のメインどこですからね!

●私であれば、アキレス腱とか後脛骨筋も見ますね(^^)

【腰痛で浮腫みの方多いですが………内臓の関係?】

一番関係しているのは……

腎臓です! 
 
腎臓が腸腰筋を硬くして腰痛になる話は、またどこかで(^^)

 

腎臓がなぜ関係しているのかというと

腎臓の機能として

水分量の調整をしております!

腎臓が固くなると水分量の調節ができなくなり水の流れが悪くなり

人間の身体は重力により浮腫みとなってしまいます!

また、浮腫みになると冷えにつながったりします。

 

腎臓が固いだけでこんなに症状が↓

・腸腰筋の硬さや胸腰椎部(背骨)の動きの制限

・腹部の硬さ

・冷え性、汗かき、浮腫み

・夜間頻尿などなど

・尿の色が変わったり匂いがするのは、腎機能低下を疑う!

 

おまけ↓

【腎臓の役割もご紹介】
①解毒、排泄 肝臓の代謝物質を尿として排泄します!

② 血圧、体温コントロール

③ビタミンD3の活性化(腎臓だけでなく肝臓も)

④PH調整などがあります!(体が酸性に傾かないように)

※他には心臓の調整とかも必須ですよね(^^)

【浮腫改善のツボとは?】

 

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!
それでは、また明日!
山口 拓也
本日の記事はいかがでしたか?
YouTube、FB、インスタもやっているので是非ご覧ください。
 
 追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。

以下がセミナー詳細です!

ALLアプローチ協会

ピックアップ記事

  1. なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?
  2. 【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例
  3. 内臓治療で「胃もたれ」と「胃のムカムカ感」を改善させる方法とは?
  4. 肩甲骨周囲のアプローチが理学療法士に必要な理由とは・・・?【肩甲胸郭関節リリース…
  5. 【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かす(末梢神経・脊髄・脳)

    痛みの原因と分類を基礎から学び臨床に活かすfrom 山口拓也整…

  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】経絡治療を片麻痺治療に活かす!

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】

    手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】 皆さ…

  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】逆流性食道炎に対するアプローチと思考方法

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  5. ALLアプローチ協会

    栄養学プロフェッショナル認定コース

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  6. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見とは?反対側の仙腸関節に着目!

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    ゴッドハンドの先生が言う「直観」って何?~脳科学的に解説!~
  2. ALLアプローチ協会

    【運動連鎖】肩甲骨と歩行の関係性 運動連鎖から捉える
  3. 疾患別 治療

    治療に必要な膝の痛みに関する構造について【変形性膝関節症】
  4. ALLアプローチ協会

    なぜ、大腰筋で五十肩が改善するのか?
  5. 内臓治療

    肝臓の解剖学的特徴「膜」
PAGE TOP