ALLアプローチ協会

浮腫に対しての内臓治療アプローチ

浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチ

From 山口拓也
埼玉 越谷 整体院より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

今回も勉強熱心なセラピストさん向けに
浮腫に対しての内臓・筋骨格アプローチ
というテーマでお伝えさせて頂きたいとおもいます。

 

浮腫に対して皆さんはどのようにアプローチしているでしょうか?

リハビリの世界では、リンパドレナージやメドマー、筋ポンプ作用を利用しての筋トレなどでしょうかね。

私自身も昔は、メドマーと姿勢変換と筋トレに頼っていましたね。

リンパドレナージは、好きじゃなかったのでやっていませんでした(笑)

 

アプローチとしては、必要なことですがこんなアプローチも内臓治療を覚えるとできますのでぜひ実践してください↓

 

以前も浮腫について解説したので、興味ある人はこちらの動画も見ておいてくださいね‼︎

【浮腫と筋膜について】

【腎臓と浮腫の関係】

 

【浮腫に対しての内臓治療について】

まず、上記の動画でも話していますが

腎臓アプローチは必須ですね。

腎臓は、水分量の調節をする大事な臓器ですから。

まあ〜、それは以前も話したので追加でアプローチすべき内臓を紹介しましょう。

 

それは・・・

循環に関与する内臓アプローチは結構ありますね(笑)

その中で評価をしっかりしてアプローチすべきですが・・・

 

まず、肝臓アプローチです。

なぜかというと・・・↓

 

一言で言うと循環に関与しているからで終わってしまうのですが(笑)

そもそも浮腫といえば、アルブミンですよね。

アルブミンはタンパク質の一種で栄養を運んだり血管の浸透圧の調整を行っています。

アルブミン量が少ないと水分を血管に留めることができなくなってしまい浮腫ができやすくなってしまうんですよ。

肝臓がこのアルブミンを合成する役割を持っています。そして、腎臓でろ過を行います。

結果、肝臓や腎臓に異常が出ると浮腫が出てしまうと言う流れですね‼︎

 

 

次にアプローチで重要なのは、心臓ですね。

なぜ、心臓が重要なのか?

これも、循環だからといえばそれで終わりですが(笑)

 

心臓の場合は、足への浮腫みが出やすいことで有名ですね。

すごい当たり前ですが、心臓は全身に血流を送る重要な内臓です。

足などへは、心臓の圧力が弱いと遠すぎて上手く循環できてないということですね。

足への浮腫みの場合は、心臓も疑うべきですね。

 

 

浮腫みの患者様がきた場合は、腎臓・肝臓・心臓を疑ってください‼︎

 

ただ・・・

これだけでは足りない場合もあります。

 

それは、

肺・脾臓・腸も診るべきなんです。

 

少し長くなったので完結に話しますが

まず、肺と脾臓は循環に関与しています。

 

そして、肺が悪い人は十中八九 心臓にも何かしらの影響が出ています。

肺のアプローチと心臓は、セットとして考えてもいいのかも知れませんね。

 

そして、脾臓は人体最大のリンパ器官でもあります。

リンパドレナージやるなら、セットで脾臓アプローチをオススメしますよ‼︎

 

腸に関しては、リンパが滞ることや腹部の血管障害を引き起こすリスクがあります。

下肢のむくみとは結構関係深いですよ。

 

ほぼほぼ、全部になってしまいますね。

イネイトインテリジェンスの考えであれば、ほかの内臓アプローチも必要になってしまいますがね・・・

ぜひ、皆様も浮腫に対して内臓アプローチをしていただければと思います。

 

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

YouTube・ライン@・メルマガやっておりますのでご確認いただけると幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?
  2. 腸腰筋を治療することで得られる数多くのメリットとは…?パート①
  3. 松果体って大事なの?【メラトニン‐チャクラ‐活性化】
  4. 治療直後に痛みが変化せず、テンパってしまうあなたへ
  5. 血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

関連記事

  1. 山口拓也

    ロベットブラザーの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!

    ロベットブラザーズの法則って知ってる?頸椎治療の重要性!皆さん こ…

  2. ALLアプローチ協会

    【姿勢改善】股関節伸展の盲点 内臓と鼠径靭帯のつながり

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】上肢にアプローチして膝関節屈曲の痛みが改善した症例

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. 内臓治療

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    ALLアプローチについて

    ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎
  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】内臓治療 胃の調整が膝折れの改善につながった症例
  3. 健康・体質・栄養

    頭痛と本気で戦う(基本知識)
  4. 内臓治療

    【経絡・内臓治療】東洋医学における脾臓と肺
  5. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編
PAGE TOP