ALLアプローチ協会

浮腫を一気に取り除く足部調整テクニックとは?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也 です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントを

お伝えします。

 

今回は、

「浮腫を一気に取り除く足部調整テクニックとは?l

というテーマでお話していきます。

 

「足先がむくんじゃって…。

と訴える患者様は、

特に、

この寒い季節には、

多いのではないでしょうか?

季節に限らず、

病院などに入院されている患者様は、

車いすでの生活や、

ほとんど座っている時間が長く、

浮腫み易い患者様って多いですよね。

また、

高齢者になると、

既往に、糖尿病や高血圧、心疾患などがあり、

特に浮腫が出来やすいです。

 

足に浮腫があると、

立位や歩行の安定性にも影響し、

歩行の自立度の低下や日常生活動作能力の低下

の原因の一つにもなります。

さらには、

膝の痛みや下肢のシビレなどが、

なかなか改善しない。

もどってしまう。

要因にもなってしまいます。

 

そんな下肢の浮腫に対しては、

正直言いますと、

私はほぼ確実に結果を出すことが出来る自信があります。

もちろん、

根本的に循環機能が低下している方や、

水を全く飲まない方では、

さすがにもどりはありますが、

その場で浮腫を改善させることはできます。

 

浮腫改善の結果を出すためには、

3つのポイントがあります。

①  血管に関わる筋・筋膜へのアプローチ

②  触診能力

③  三次元的な治療手技

が重要です。

 

と言われても、

よくわからないと思いますので、

一つ一つ、

解説していきますね♪

 

【血管に関わる筋・筋膜アプローチ】

浮腫改善に重要な3つの部位を今から紹介いたします。

①  第1~5趾の足趾間

特に、

・第4~5趾の中足骨間

・第1~2趾の中足骨間

へのアプローチで浮腫が改善する方が多いです。

ここは、

「足背動静脈」

が通っており、

この部分の癒着や硬結が、

血流障害の原因となり、

浮腫に繋がるケースが多いです。

 

⓶距骨と腓骨・脛骨の間(前面)

ここは、

「小伏在静脈」「足背静脈」

の分岐点であり、

「長趾伸筋」「長腓骨筋」、「伸筋支帯」

などと癒着を起こして、

血流障害を起こして、

浮腫の要因となっているケースが多いです。

 

②  距骨下内側

ここは、

「内側足底動脈」「後脛骨動脈」

が通過する部分であり、

「後脛骨筋腱」「長母趾・長趾屈筋腱」

と癒着を起こしやすく、

それが血流障害につながり、

結果浮腫に繋がるケースが多いです。

 

【浮腫改善に重要な触診】

①  癒着をはがす

筋膜と血管、筋腱と血管、骨膜と血管

といったように、

2つの組織間での癒着があることで、

血管の圧迫や狭窄に繋がっていることが多いので、

この間の癒着を剥がしていくような意識・イメージで、

触診を行い治療していくことが、

浮腫治療で結果を出すポイントになります。

⓶硬結部位をピンポイントに捉える

全体的な硬さを取るというよりも、

足趾間や距骨周囲の中でも、

特に硬結が出来ている部位を触診できるかが、

かなり浮腫改善の結果が出せるかを左右します。

私の場合、

「注射針で触れる」

イメージで触診を行うことで、

ピンポイントに硬結部位を捉えているので、

参考にしていただき試してみてください。

 

【三次元的治療手技で浮腫改善】

①  奥行きの深いタッチ

上記で、

「注射針で触れる」

イメージとお伝えしましたが、

注射針で皮膚から深い位置まで針を侵入させていくように、

指圧をしていくことで、

血管と筋膜などの軟部組織の間までアプローチができます。

抽象的ではありますが、

かなり重要なイメージになります。

 

⓶捻じれを解消していくタッチ

血管や筋膜などの間に癒着が起きているのと同時に、

血管や膜の捻じれが生じていて、

それが血管の狭窄や圧迫が起きて、

浮腫へと繋がっているケースが多いので、

捻じれを解消していくような、

治療のタッチが重要です。

 

【まとめ】

今回は、

「浮腫を一気に取り除く足部調整テクニックとは?」

というテーマでお話しました。

「血管と筋膜や骨膜などの癒着」

を解消させること。

「触診」「三次元的なイメージでの徒手治療」

を工夫することで、

簡単に、

浮腫に対して結果を出すことが出来ますので、

是非チャレンジしていただき、

より多くの浮腫で悩んでいる患者様に、

貢献していただけたらと思います!

 

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました。

それではまた!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 本を読むときは、速読すべし(効果・実践・ノウハウについて)
  2. 膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  3. グルテンがあなたの患者さんの治りを妨げている!?
  4. 【肩こり治療】多角的な肩こりに対するアプローチ(姿勢の観点)
  5. 触診を磨きたいあなたへ 触診の極意「イメージ力」

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?

    頭蓋仙骨療法のための脳脊髄液の重要性とは?From 山口拓也埼…

  2. ALLアプローチ協会

    交通事故の患者様で痛みの原因となりやすい意外な筋とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!

    治療家自身の感覚レベルを最大限高めるワークを紹介!From 山口拓…

  4. ALLアプローチ協会

    【膝OA】しゃがみ・膝屈伸時痛に有効な筋骨格・内臓・経絡アプローチ

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただきありがとうございます。AL…

  5. ALLアプローチ協会

    モチベーションをアップさせる魔法の思考とは?

    from 山口拓也自宅 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  6. 触診術

    末端の冷え、しびれにも影響!?前脛骨筋の解剖学×触診

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 触診大好きセラピスト ブル と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【心理学】意志力をコントロールする3つの方法とは?
  2. 内臓治療

    肝臓評価 どこを評価すべきなのか?【基礎知識編 反射点一覧 見るべき視点】
  3. ALLアプローチ協会

    腰部脊柱管狭窄症で治療すべき内臓治療とは…?【病態~特徴~治療まで】
  4. ALLアプローチ協会

    「酸化」と書いて「老化」と読む
  5. ALLアプローチ協会

    【膝OA】膝の痛みを一気に取り除く!ピンポイントアプローチとは?
PAGE TOP