ALLアプローチ協会

片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、

本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える

治療のアイデアやヒントを

お伝えします。

 

今回は、

「片頭痛を筋膜リリースでスッキリ改善!?」

というテーマでお話していきます。

  

頭痛には大きく分けて、

「緊張性頭痛」「片頭痛」

に大別されます。

緊張性頭痛は、

頭蓋や頸部・肩甲骨周りの筋・筋膜の硬直によって、

痛みや症状を引き起こすというのが、

一般的な発生機所として説明されているので、

筋・筋膜のアプローチで改善されますが、

片頭痛は、

脳の血管が膨張することで、

血管をまとわりついている三叉神経が圧迫され、

ズキズキするような痛みや拍動を感じるといった症状が

起きるというのが、

一般的な発生機所とされています。

つまり、

片頭痛は、

「血管や血流」が原因のため、

筋・筋膜のアプローチでは対応できない。

さらに、

血流が促進されて、

かえって、

症状が強くなってしまうから、

あまり触らない方が良い。

とも言われています。

 

「果たしてそうなのでしょうか?」

 

ほかにも

血管の狭窄を引き起こしてしまうような、

筋・筋膜へのアプローチによって、

血流が良くなって、

症状緩和に繋がるのではないかと考えています。

例えば、

静脈系の狭窄があることで、

脳に貯留している静脈血がなかなか心臓の方へと流れずに、

その結果、

脳血管が膨張してしまっているケースもあり得ますよね?

 

実際に、

総頸静脈や椎骨静脈・浅側頭静脈の狭窄に

関わる筋へのアプローチによって、

片頭痛が改善したケースは、

私の臨床上多いです。

もちろん中には、

治療直後に症状が悪化したケースもありましたが、

「いつも2、3日は続くのですが、

今回は翌日に治ってました!」

といった声が聞かれることがありました。

なので、

症状改善のスピードを早める効果

もあるのではないかと思います。

 

※ただし、

「治療後に症状が悪化する可能性があります。」

と、

事前に必ず説明することをおススメします。

まー、内臓や頭蓋治療をする前にも、

好転反応の説明をすると思いますが、

それと同様な形で、

治療前に念入りに説明しておきましょう!

患者様に不安を与えてしまいますし、

あなた自身の身を守るためにも!

 

では実際に、

「どの筋へのアプローチが有効なのか?」

臨床で結果が出せている5つの筋を紹介いたします。

 

【片頭痛改善に有効な5つの筋】

  斜角筋

総頸静椎骨静脈の狭窄に関わる事が多く、

メジャーの原因となりやすい筋です。

特に、

頚椎に近い部位を狙うと、

結果が出やすいです。

 

  頸長筋

これは、

椎骨静脈にかなり関係が深い筋です。

上位頚椎レベルを治療することで、

結果が出やすいです。

 

  後頭下筋

椎骨静脈に関わりが深い筋です。

 

  側頭筋

浅側頭静脈と関りが深い筋です。

 

  胸鎖乳突筋

浅側頭静脈総頸静脈と関りが深い筋です。

 

※治療はソフトタッチで行うことをおススメします。

強い刺激が加わると「好転反応」が出るリスクが上がります。

④、⑤は治療効果が出やすい筋ではありますが、

掃除に好転反応も出やすいので、

ある程度信頼関係が出来ていて、

好転反応に対して理解があるか患者様限定で、

治療することを推奨します。

 

今回の片頭痛に限らず、

思い込みで、

「治せない。」、「改善しない。」

とセラピスト側が決めつけてしまっている事ってあると思います。

そういった固定概念を脇に置いて考えることで、

治療の可能性は広がっていき、

より多くの患者様に、

貢献できるのではないかと、

思っております。

 

最後まで当協会のブログをお読みいただき、

本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】
  2. 過去に忘れ去りたい出来事、経験はありませんか?メンタルアプローチ編
  3. 内臓アプローチの種類を複数解説‼︎誰でもできる内臓テクニック
  4. 腹膜への内臓治療について解説
  5. 下剤飲んでるのでマグネシウムは足りてます!?【便秘薬のいらない身体を目指しましょ…

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    臨床に使えるドーパミンの知識について

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表の山口…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】【身体感覚】ファスティングをすることで得られる感覚

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    【頚椎症】デスクワーカーへの疼痛改善に有効な筋アプローチ

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  5. ALLアプローチ協会

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係?

    内臓治療 肺の重要性‼︎ 肺と東洋医学の関係とは?From 山口拓…

  6. ALLアプローチ協会

    意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?

    意外と知られていない頭蓋仙骨療法テクニックの部位とは?From 山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    【肩こり治療】内臓と感情が肩こりへ与える影響
  2. ALLアプローチ協会

    心臓の解剖学的イメージ【膜】
  3. ALLアプローチ協会

    頭部・表情筋の意外な重要性とアプローチ効果について
  4. ALLアプローチ協会

    セラピストのための体質改善してもらう考え方・アプローチ・指導
  5. ALLアプローチ協会

    「成功」にとらわれるな、「成長」にとらわれろ!
PAGE TOP