ALLアプローチについて

湿布は効かないという固定観念を手放す

皆さんこんにちは♪

ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー改め、

テクニカルトレーナー 渡会賢太です。

(どっちも一緒やん!どうでもいいわ!というツッコミはよしてくださいね。笑)

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

本日も、

日頃臨床で活躍しているセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床がさらに楽しくなる治療のアイデアやヒントをお伝えいしていきます!

 

今回は、

「湿布は効かないという固定観念を手放す」

というテーマでお話していきます。

 

「湿布貼っても良くならない。」

「その場はいいけどすぐ痛くなる。」

「とりあえず湿布貼ってるけど効果あるのかね~」

良く臨床でこういう訴えをする患者さんいませんか?

湿布を貼りすぎて、かぶれちゃってる方だったり、

湿布に依存して、他からの原因になかなか視点をずらせないでいる方。

 

患者様の良くならなかったという体験と、

患部以外の治療で患部の痛みが取れたりする経験から、

「湿布はあくまで対症療法」

「湿布は効果がない。」

「湿布に頼るのは良くない。」

という固定観念を持っていました。

 

でもこの観念はどこか、

100%患者様のために考えるということが出来ていないことに私は気づきました。

たしかに、対症療法であり、

やはり根本的な治療をしていかないと患者様の自然治癒力は引き出せず、

なかなか治らないという結果を作り出してしまいます。

最近は、

「根本治療」

が僕も含めてセラピストの皆さんが大好きな言葉ですが、

どこかで、

「根本治療」が、正しい・素晴らしい・患者さんの健康のためになる。

「対症療法」は、間違っている、安易、患者さんの健康のためにならない。

といった固定観念が、

僕も含めて刷り込まれているセラピストの方が最近は多いと思います。

これは勘違いであると、私は気づきました。

 

実際に臨床では、

「五十肩」の40代女性の方で、

右棘上筋あたりに右肩挙上時痛がありました。

腕橈骨筋や仙腸関節など、筋膜のつながりなどの治療展開をしたり、

内臓治療などで疼痛はNRS10⇒2まで軽減しましたが、

残りの2の痛みだけ1カ月程度残存しました。

 

その方が、

昨夜、久々に湿布を貼って寝たら痛みがほとんどなくなりました!

という喜びの声が聞かれました。

 

そうです。

あまりにも評価や治療の幅を広げすぎて単純な原因に気づけなかった実際の体験談です。

灯台下暗しってやつですね。笑

 

ただ、慢性的に炎症を引き起こしていた原因は、

「糖質の過剰摂取」

だったので、

毎日お菓子・チョコを食べていたのを、3日に1回に減らしていただき、

それから2週間経過し完全に痛みを取ることが出来ました。

 

皆さんもこういうことありませんか?

成功体験は治療に自信が加わり、より患者さんへ結果を出せることに繋がるのですが、

「パターン化してしまい、患者様の原因を見失う。」

という落とし穴がありますので、

目の前の患者様をしっかり診て、柔軟に評価・治療を展開していく必要があります。

 

まず我々セラピストは、

筋骨格、筋膜、内臓、頭蓋、経絡など、

色んな窓を持つこと。

そして、様々な窓から患者様をできるだけ先入観を手放して診て、

そこから自分の解釈をし評価・治療を展開していくことが大切です。

だからこそ、

1つの分野や一つの手法・テクニックだけに囚われてしまうのは出せる結果が患者さんによってばらつきが起きるよくある要因です。

 

<まとめ>

・湿布は効果が無いと決めつけない。

・一つの分野・治療法に囚われない、決めつけない。

・様々な分野、治療法を自分なりに解釈して臨床で実行していく。

 

これが出来てくると、どんな患者さんにも安定した治療結果を出すことに繋がります。

 

本日は以上になりますが、いかがだったでしょうか?

1つのパターンや思い込みに縛られずに、楽しく臨床へ出ていき患者様を良くしていただけたらと思います。

ご興味あればユーチューブチャンネル登録やメルマガ登録よろしくお願い致します。

もしよければ、FBなどでいいねやシェアをしていただければと思います。

 

本日も当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。

それではまた!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会賢太

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニックプレゼント

追伸

特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

自律神経障害セミナー

ピックアップ記事

  1. 苦手な人を無くす抜群の方法とは?
  2. 【血管アプローチ第5弾】慢性疼痛の原因もやもや血管とは?(五十肩・腰痛・膝痛)
  3. 【症例報告】内臓治療 腸の調整によりリウマチの左肘痛が改善した症例
  4. 糖尿病の方に行う代替医療・東洋医学テクニックの解説(内臓治療・頭蓋仙骨療法)
  5. ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    なぜ、背中の痛みが内臓治療で改善するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  2. ALLアプローチ協会

    触診の達人になるための「タッチのコツ」【内臓治療等で重要なタッチとは?】

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会 Skype特別コンサル【経営‐週末開業‐チラシ】

    皆様 こんにちはALLアプローチ協会 代表の山口拓也です。今回…

  4. ALLアプローチ協会

    「もどり」が早い人の問題となりやすい内臓システムとは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  5. ALLアプローチ協会

    前脛骨筋の解剖学的特徴+アーチの基礎を解説【血管、神経、アーチについて…】

    前脛骨筋の解剖学的特徴【血管、神経、アーチについて…】From…

  6. ALLアプローチ協会

    高血圧に対応する内臓治療 総まとめ

    from 山口拓也埼玉 越谷 デスクよりいつもALLアプローチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

 

 

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    モチベーションをアップさせる魔法の思考とは?
  2. 山口拓也

    胸椎の重要性【胸椎治療‐自律神経‐セルフメンテナンス‐内臓治療との関係】
  3. ALLアプローチ協会

    栄養ください!!肝臓は、無料で働かない
  4. 山口拓也

    ディープフロントライン(DFL)基礎・基本 アナトミートレイン 治療の応用まで!…
  5. 山口拓也

    靭帯筋反射って知ってる?筋膜・骨格治療の精度を上げる靭帯と筋緊張の関係・・・
PAGE TOP