ALLアプローチ協会

下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチ

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も当協会のメルマガをご覧いただき

ありがとうございます。

今回は、理学療法士・作業療法士・柔道整復師の方々へ向けて

下肢外側の痺れに対する筋膜・運動連鎖アプローチについて

お伝えさせていただきたいと思います。

まず、筋・筋膜・運動連鎖アプローチとはなんなのか

今まで様々な勉強会に参加してきましたが、

○○筋膜リリース

○○モビライゼーション

〇〇ストレッチ

○○法

○○式

 

など

 

様々な方法論がこの治療業界には飛び交っています。

それぞれの方法や理論を考案した人は本当に天才だと思います。

 

しかし、人に教えるために枠組みを絞る必要があったためか、

それぞれの方法は、何かの分野に特化してしまっています。

 

関節なら関節・筋膜リリースであれば筋膜・足底板であれば力学・連鎖

 

しかし、人の体はどれか一つだけをアプローチすることは困難です。

同時に多くの条件を満たし、目的とする問題を解消することが求められます。

 

少なくとも、

組織学的に

力学的に

神経学的に

問題を解決できていなければ

 

症状の戻りに悩む頻度は多くなります。

 

今回は左下肢外側の痺れに対してのアプローチの一例を

ご紹介したいと思います。

 

患者が痺れを訴えている領域は

左の

下臀神経

後大腿皮神経

総腓骨神経→浅腓骨神経→中間足背被神経  

 

領域に痺れを訴えている。

 

そもそも痺れがどういった機序で発生しているかまず仮説・評価

 

組織学的に筋・筋膜・神経がどこで痺れを起こしているのか評価

 

同時に姿勢やアライメントからどうなっているかを評価することで

 

どの筋・筋膜にストレスがかかっているか、

どの神経が圧迫、もしくは牽引ストレスを受けているか

当たりをつけていきます。

 

この領域で痺れの原因になりやすい領域は

  • L4/L5椎間関節  L5/S1 椎間関節
  • 梨状筋
  • 大腿二頭筋短頭周囲の滑走性
  • 腓骨頭のアライメント
  • 腓骨筋・長指伸筋・前脛骨筋の筋・筋膜
  • 短指伸筋起始部

など

今回のケースは

骨盤周囲の評価では痺れの改善は若干でしたが、

左の長指伸展筋 前脛骨筋の起始部の筋硬結が緩んでいる時が顕著に痺れの訴えを改善する

評価結果となりました。

 

この前脛骨筋・長指伸展筋にフォーカスして

 

筋・筋膜・筋アライメント・神経・関節・骨アライメント・運動連鎖の

条件を整えながらアプローチ

 

まず前脛骨筋の起始部の筋硬結がなぜ起こっているか評価

立位アライメント:

骨盤左回旋・左足関節底屈内返

ということは、

 

運動連鎖で考えると

股関節は屈曲内転内旋

膝関節は下腿が外旋、脛骨に対して大腿骨が内旋していることになります。

 

 

筋に戻ると

後脛骨筋短縮

外側ハムストリングス短縮(大腿二頭筋)

 

骨アライメント

腓骨が下制と外旋

 

神経の考察

浅腓骨神経領域に痺れをきたしているが、

筋・筋膜の反応は深腓骨神経領域で反応あり。

 

歩行中の連鎖で考察

前脛骨筋はローディングレスポンスで短縮、プレスイングで伸長

長指伸筋はイニシャルコンタクトで伸長ターミナルスタンスで短縮する

 

以上の条件から考えると、

 

立位アライメントで骨盤が左回旋と足部が底屈内反していることから

 

ポイント1

歩行周期で左のターミナルスタンスにおける背屈外反が困難

→後脛骨筋伸長、長趾伸筋短縮

 

ポイント2

ローディングレスポンスにおける背屈内反が困難

→前脛骨筋短縮、長腓骨筋伸長

 

これらを解決できるように、

前脛骨筋を収縮する制限・長趾伸筋を収縮する制限にアプローチする

 

どちらを優先するかの考察では、

 

痺れ自体を起こしているのは浅腓骨神経領域で、

腓骨が下制外旋しているとともに、下腿の内反も伴いながら

近位脛腓関節が離開していることで総腓骨神経が牽引・伸長刺激を受けていることが

痺れの原因としました。

 

そのため、ターミナルスタンスで股関節伸展と足関節背屈外反から

腓骨のアライメントを整復できるようになること

(長趾伸筋が短縮できるようになること)が優先される。

 

アプローチ:

アナトミートレインによる筋・筋膜連結を考えると

後脛骨筋の伸長性を得るためには連結してる腓骨筋の緊張や腓骨筋のアライメントをを整える必要がある。

今回の症例の場合はディープフロントラインとラテラルラインの関係性を考慮しながら、

腓骨のアライメントを近位・遠位から整復圧をかけ、

同時に内側縦アーチのアライメントも徒手的に整えていくことで

後脛骨筋のゆるみと、足関節の背屈外反の可動域をえることができた。

 

左足関節の背屈・外反の可動域が得られることで

下腿・大腿の回旋ストレスも改善し、

腓骨の挙上内旋、下腿の内旋の運動連鎖の影響で

大腿二頭筋の伸張性も得られ、総腓骨神経―浅腓骨神経領域の

牽引・伸長ストレスが改善し、

 

痺れの訴えの改善につながった。

 

このメインのストレスの改善により、下腿よりも近位、

臀部周囲の痺れの訴えも改善につながっている。

 

これが、連鎖の影響を考慮しないで考察していると、

 

下腿前区画の筋硬結のリリースをすれば痺れが取れるとなってしまうが、

 

それでは一時的な筋のゆるみとなり筋・筋膜の硬結は元に戻ってしまうことが多い。

 

組織、力学、神経学を考慮してアプローチすることで

 

一つ一つのアプローチの質を高めていけるようにしましょう。

 

今回は反対側の下肢の運動連鎖の影響は省いていますが、もちろん反対側下肢

 

体幹の影響も考慮してアプローチしていきましょう。

 

本日も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございます。

本日も良い時間をお過ごしください。

 

all アプローチ協会 鈴木 正道

 

追伸
毎日治療テクニックについての情報を配信しておりますので臨床力を上げたい方はぜひ↓
理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内

ピックアップ記事

  1. なぜ変形性股関節の痛みに外旋六筋が原因となりやすいのか?
  2. 内臓治療 使うタイミングが分からないあなたへ
  3. 【頭蓋×筋膜】顎二腹筋・後頭下筋 リリーステクニック&セルフメンテナンスを公開し…
  4. 内臓治療を2倍早く緩める3つのポイントをご紹介【ALLアプローチ協会】
  5. 片頭痛と戦う ミトコンドリアを強化しよう!

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  2. ALLアプローチ協会

    交通事故の患者様で痛みの原因となりやすい意外な筋とは?

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  3. 山口拓也

    臀筋群と上・下殿皮神経、坐骨神経の重要性【支配・走行・障害について】

    臀筋群と上・下殿皮神経の重要性【腰痛・痛み・痺れの関係とは?】Fr…

  4. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 

    頭痛改善 筋膜治療From 山口拓也埼玉 越谷 整体院より…

  5. ALLアプローチ協会

    ALLアプローチ協会

    本物のセラピストになるために part1

    「本物のセラピストになるために part1」ALLアプローチ協会 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチ協会

    治療後に違うところが痛くなることの真実と対応方法
  2. ALLアプローチ協会

    内臓治療×筋膜×収縮を利用した内臓アプローチとは?
  3. ALLアプローチについて

    肝臓の生理学的特徴「作る、貯める、出す」
  4. 理学療法士-作業療法士-セミナー

    ALLアプローチについて

    ALLアプローチ協会の仲間(スタッフ)募集中‼︎
  5. 山口拓也

    リハビリ 職に必要な手根管症候群に対して徒手治療について
PAGE TOP