ALLアプローチ協会

筋肉・神経の働きで重要なナトリウム、カリウムについて

 

最近、インスタグラムにハマっている

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です(笑)

今までのメルマガの投稿をインスタグラムに画像として投稿していますので

ぜひみなさんチェックして下さいね↓

 

今回の記事は、ナトリウムとカリウムについての話です。

ぜひ皆さんの臨床に生かしてもらえればと思います。

 

【カリウムとナトリウムについての話】

セラピストであれば、一度は勉強すると思いますが

ナトリウムとカリウムの話です。

 

知っているとは思いますが

筋肉や神経の働きをコントロールしているのが

ナトリウムとカリウムです。

 

ナトリウムは、血漿(血液から赤血球・白血球・血小板を除いた液体成分、血液の約半分を占める)の主なミネラル

カリウムは、細胞内のミネラルです。

 

どちらも必要ですが

悪玉ナトリウム善玉カリウムって呼ばれるくらい

ナトリウムは制限することが多いです。

カリウムの摂取の取りすぎは問題ありません。

 

それはなぜか?

現代人は、塩分を非常に多く好みます。

理由として諸説ありますが、昔の日本人は草食民族でナトリウム不足だったため

ナトリウムを本能的に求めるようになったと言われています。

 

そして、ナトリウム(塩分)を取りすぎると血圧が上がります。

カリウムは逆に血圧を下げる役割をしています。

 

ナトリウムとカリウムは

比率として同じくらいがバランスが良いとされています。

 

【カリウムの働き】

カリウムは、摂取された後に小腸で吸収されて全身の組織に運ばれます。
そして腎臓によって排泄されます。

カリウムの量は、腎臓の再吸収で調節されているので腎臓の機能が重要となります。

腎機能が低下しているとカリウムが排泄されずに高カリウム血症となります。

カリウムとナトリウムは、浸透圧の維持や神経伝達、心臓なども含めた筋肉機能の調節、酵素反応の調節などをしています。

そして、カリウムは腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して尿排泄の促進を促すので血圧を下げる効果があります。

 

野菜や果物に多く含まれており

統計的に野菜などの摂取量が多い人は脳卒中や心臓病のリスクが4分の1というデータもあります。

 

【まとめ】

現代人のほとんどはナトリウムの摂取を多く取っており

高血圧の原因や腎臓への負担となっています。

極力カリウムの摂取を多くして

ナトリウムとカリウムの比を一緒にしましょう。

 

ただし、腎臓に問題があった場合は

排泄できないのでドクターが摂取量を決めたりしていますので注意して下さい。

 

本日の記事は以上となります。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 赤血球の質と冷え性・血流障害
  2. 治療家自身の感覚レベルを高めるワークを紹介!
  3. 【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part③背臥位編
  4. 糖化がもたらす恐怖知っていますか?
  5. 心臓の解剖学的イメージ【膜】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇テクニック

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。…

  2. ALLアプローチ協会

    【脊柱管狭窄症】排泄システムが腰痛の原因となっている人の特徴とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。…

  3. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  4. ALLアプローチ協会

    小腸・大腸の6つのアプローチポイント

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもAL…

  5. ALLアプローチ協会

    【腰痛】【痺れ】下後鋸筋と腰痛・痺れの関連性

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  2. ALLアプローチ協会

    【血管アプローチ第7弾】病的血管による慢性疼痛を予防する生活習慣とは!?(慢性腰…
  3. 山口拓也

    椎間板ヘルニアを治すための筋膜・骨格・内臓アプローチ一覧
  4. ALLアプローチ協会

    リウマチに対応できるセラピストになるために
  5. 経絡治療

    【経絡】経絡治療の圧倒的メリットとは?
PAGE TOP