ALLアプローチ協会

筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介

 

皆さん こんにちは

いつもALLアプローチ協会 公式メルマガを読んで頂き誠にありがとうございます。

山口拓也です。

 

最近、こんなツイートをさせて頂きました↓

皆さんは、共通点をどうやって探してますか?コメント待ってます↑

 

本日の記事は、「筋膜治療で大切な5つの癒着・硬結ポイントの紹介」というテーマでお伝えさせて頂きたいと思います。

筋膜治療をしていると、癒着ポイントを剥がしたり

筋硬結のポイントを見つけてアプローチすることが多いと思います。

 

その中で、臨床で変化の出やすいポイントをご紹介させて頂きます。

その前に、筋膜、癒着や硬結の基本からお伝えさせて頂きます。

【筋膜って何?】

筋膜とは、筋肉を包む膜と言えばそのままですね。

よく言われているのは、ウエットスーツみたいに体全体に張り巡らされている。

浅筋膜、深筋膜、筋外膜、筋周膜、筋内膜などの種類があります。

 

上記の筋膜が、癒着(くっついてしまう)してしまう特徴があり

癒着から筋肉の働きを阻害したり硬結を作る原因となってしまいます。

 

さらに詳しく知りたい方はこちらから学んで頂ければと思います↓

 

【筋硬結って何?】

筋拘縮が続く→血液不足、エネルギー不足から筋硬結となる→トリガーポイントとなる。

筋肉拘縮とは、筋肉が勝手に収縮している状態です。

生理学的にいう活動電子無しで筋細胞の損傷によりカルシウムイオンが漏れ出して収縮してしま状態。

 

【癒着・筋硬結ポイント 5つ】

筋硬結ポイントですが、私がよく治療する癒着・筋肉硬結ポイントを解説させて頂きたいと思います。

①大腰筋と腸骨筋の癒着ポイント

大腰筋と腸骨筋は、腸骨の付近で癒着が起こっていることが非常に多いです。

お互いの作用を邪魔してしまいますので、しっかりリリースをかけておきましょう。

大腰筋と腸骨筋は、教科書上では作用は一緒ですが

走行が違いますから、股関節の動きの微調整が出来なくなってしまいます。

アプローチは、お互いの筋肉を引き剥がすようにアプローチをかけておきましょう。

 

②上腕三頭筋と上腕筋の癒着ポイント

上腕三頭筋と上腕筋は、作用で見ると拮抗筋です。

お互いの走行を見ると、癒着しやすい位置にあり

どちらの動きも阻害してしまいます。

しっかり、上腕三頭筋と上腕筋のアプローチをかけておきましょう。

 

③内側上課の前腕屈筋群の癒着ポイント

前腕屈筋群の起始のポイントですね。

ここは、たくさんの筋肉が付着しています。

・尺側手根屈筋

・長掌筋

・橈側手根屈筋

・浅指屈筋

・円回内筋

5つの筋肉が付着しておりますので、しっかりリリースをかけて

筋硬結・癒着を剥がしてあげましょう。

 

④後頭下筋群癒着ポイント

頸部のインナーマッスルで

後頭下筋は、4つの筋肉の総称です。

後頭下筋に筋拘縮があるとアウターの僧帽筋や板上筋も硬くなります。

緩み切らせることが非常に重要ですね。

 

⑤大結節・小結節部位

大結節:棘上筋、棘下筋、小円筋

小結節:肩甲下筋、広背筋、大円筋

上記が付着しており、筋拘縮が起きやすい

インナーマッスルばかりの筋肉ですのでこちらの部位もアプローチをかけましょう。

 

他にも様々なアプローチポイントがありますので

少しづつメルマガで紹介させて頂きたいと思います。

 

本日の記事は以上となります。

最後までお読み頂き誠に有難うございました。

FBやツイッターなどでシェア・リツイートして頂けると幸いです。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 膵臓の位置・機能を知っていますか?【膵臓₋治療₋内臓】
  2. 足底腱膜の重要性について【解剖‐役割‐痛み】
  3. 好転反応が出やすい人の5大要因とは?
  4. 内臓治療 反射点治療の臨床活用法とは?
  5. 東京スカイツリーへ出かけてきました!【2017年11月18日 プライベート】

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    丹田(上・中・下)の知識・テクニック応用についての話

    いつもALLアプローチ協会 公式メルマガを読んで頂き誠…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~実技編~

    皆さんこんにちはALLアプローチ協会 山口拓也です本日も当協会…

  3. ALLアプローチ協会

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛₋内臓₋筋膜₋生理痛】

    頭痛が起きる原因特集!【頭痛 内臓 筋膜 生理痛】…

  4. ALLアプローチ協会

    内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について

    皆さん こんにちはALLアプローチ協会 代表 山口…

  5. ALLアプローチ協会

    肺治療の効果を倍増させる5つの方法とは?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありが…

  6. ALLアプローチ協会

    大殿筋の基礎・血管などの重要性【腰痛との関連】

    大殿筋の血管、神経の重要性【腰痛との関連】From 山口拓也い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

Tik Tok

YouTubeチャンネル

 

 

 

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    糖尿病の方に行う代替医療・東洋医学テクニックの解説(内臓治療・頭蓋仙骨療法)
  2. 五十肩

    肩こりアプローチ 見逃しやすい筋膜3つのポイントについて
  3. ALLアプローチ協会

    内臓機能アップ!セルフメンテナンス特集(内臓編)
  4. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  5. ALLアプローチについて

    浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)
PAGE TOP