ALLアプローチ協会

筋膜治療の精度を最大限引き上げる7つの要素とは・・・?

 

皆さん こんにちは
ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。

今回は、勉強熱心なセラピストに向けて
筋膜治療の精度を引き上げる7つの要素について
というテーマでお伝えしていきます。

 

皆さんは、筋膜治療についてどのようにアプローチしているでしょうか?

私自身、昔の職場を見渡すとストレッチングや横断マッサージをしているセラピストが多かったですね。

別に悪い事ではないし大事な事ですけど、筋硬結に対しては大きな成果が出ないのは皆さんも知っているのではないでしょうか。

 

というわけで

筋膜治療の精度を上げる7つの要素について解説して行きたいと思います。

【筋膜治療 精度アップ 7つのポイントを解説】

①ポジショナルリリースを用いる

ポジショナルリリースとは、緩ましたい筋肉が最も緩む肢位に持って行きアプローチをする事です。

簡単に話せば、起始と停止を近づけて筋肉の異常収縮を解放し筋肉を「たるませる」という事です。

その肢位を90秒固定させる事で脳からの収縮インパルスを無くさせる事で筋硬結や異常収縮を無くす事につなげます。

1つ目は、ポジショナルリリースを活用する事ですね。

 

②タッチ

筋組織は、筋紡錘・腱紡錘から中枢神経に刺激が反射的に伝えられています。

だからこそ、ポジショナルリリースが有効なんですけどね。

そのため、タッチが下手な人の場合ですが筋肉が嫌な刺激として捉えすぐに緊張してしまいます。

治療が上手い人と下手な人では、タッチの精度が全然違いますね。

では、タッチが上手いとはどういう事なのか?

(タッチが上手な人)

・触っただけで相手の筋肉の状態が分かる(感覚を捉えるのが上手い)

・患者さんの状態によってタッチの強弱を変化できる(最も緩む圧を探せる)

・筋肉に圧を入れる際、どのようなベクトルで圧を加えたら緩むのかを探せる

・タッチが繊細で柔らかい

などなど・・・

セラピストは常にタッチの精度を上げて行くべきです

 

③呼吸法

まず、呼吸法は患者様とセラピストどちらも使ったほうがいいです。

呼吸を利用すると呼吸補助筋を緩ませられます。

呼吸を利用して、収縮と弛緩を繰り返した状態でアプローチするとすぐに緩みますよ。

 

また、セラピスト自身も呼吸を利用して自分自身をリラックス(副交感神経)させます。

すると、自分の緊張緩和が相手に波及するので緩ませるスピードが圧倒的に速くなります。

緊張した状態で治療してもダメだって事ですね。

 

④軸圧法

軸圧法は、様々な場面で使えますが

股関節の話して言えば大腿骨を寛骨臼に向かって長軸方向に圧をかけていきます。

すると、大腿骨頭が寛骨臼の方に向かい股関節に付着している筋肉の起始と停止が近づき

緩ませられる状態に持っていけます。

ポジショナルリリースと掛け合わせることがベストですね。

 

⑤筋肉同士のつながり

アナトミートレインを皆さん知ってますよね。

筋膜は、全身タイツのように繋がっています。

なので、1つの筋肉が異常収縮を引き起こし筋膜のねじれを作ると全身に悪影響を引き起こします。

そのため、私は軸圧法+ポジショナルリリース+つながりを使って筋膜を最大限ゆるます方法を用いてますので

ぜひ、活用してみてください。

 

⑥イメージ法

イメージ法とは、筋肉が緩む状態をイメージすることもそうですし

緩ましたい筋肉の場所や大きさなどを正確にイメージすることで最大限の治療効果を得られます

ぜひ、実践してみましょう。

 

⑦エネルギー治療

エネルギー治療は、少し怪しくなるので

動画で解説しますね。

興味上がる人はぜひご覧ください。

 

他にも治療者側の姿勢なども重要なポイントですが

当たり前すぎて解説しませんでした。

臨床のヒントになることを祈っております。

 

筋膜アプローチは、プレミアムコース4日目で行なっておりますので興味がある人はぜひ‼︎

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

一般社団法人 ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

【FBページ「いいね」を押すと定期的に最新情報を確認することができます。】

 

 

追伸

特典たっぷりの無料メルマガはこちらから↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

「いいね」と思ったらFB・ツイッターなどでシェアして頂けると幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 大網、小網の機能って知ってる?内臓治療に活用する!【免疫】
  2. 脈診とは?【内臓評価・テクニック・東洋医学】
  3. 大腸の生理学~反射点一覧~治療について【どんな人に治療するのか?】
  4. 内臓治療の精度・効果を更に上げる3つのポイントとは?
  5. 【脊柱治療】脊柱の問題は脊柱にはない!?

関連記事

  1. 山口拓也

    ラポール形成テクニック① なぜ、苦手な患者さんに対応できないのか?

    皆さんこんにちは ALLアプローチ協会代表の山口拓也です。今回…

  2. ALLアプローチ協会

    【難治性疼痛】なかなか治らない足部痛(前半)

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  3. ALLアプローチ協会

    膝ope後の屈曲制限で結果の出しやすい筋ランキング

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    【症例報告】メンタルアプローチにより立ち上がり動作が改善した症例

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  5. ALLアプローチ協会

    細菌と血液の質が、自己治癒力を高める

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 健康・体質・栄養

    体液循環システムの治療「リンパ液」
  2. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える
  3. ALLアプローチ協会

    肋骨と内臓の関係性【内臓治療‐反射点一覧】
  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】【肩関節拘縮】鎖骨・第一肋骨・小胸筋の解剖学的重要性
  5. メンタルアプローチ

    【脳波】頭蓋アプローチと脳波に対する応用の視点
PAGE TOP