ALLアプローチ協会

大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?

皆さんこんにちは♪

ALLアプローチ協会 山口拓也です。

 

最近、こんなツイートをしました↓

皆さんは100%の情熱を持って取り組みたい仕事ってありますか?コメント待ってます↑

 

本日も、当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございます。

今回は、

「大腰筋のアプローチ方法をいくつ知っていますか?」

というテーマでお話しします。

 

「大腰筋」

というワードはよく聞いたことがあると思います。

また、

腰痛の原因であったり、基本動作・ADLのパフォーマンス低下の原因であったり、血流低下の原因であったりと、

臨床上かなりアプローチする頻度の高い筋だと思います。

 

最近であれば、

触診方法や調整方法、促通の方法を知っている理学療法士・作業療法士・柔道整復師は多いと思います。

皆さんは、

大腰筋へのアプローチ方法をいくつ知っていますか?

大腰筋は色んな部分とのつながりがあり、

大腰筋自体の硬さも様々な部分からの影響で硬くなっていることが臨床上多いです。

どれだけ引き出しを持っているか?

が大腰筋をより正確に調整していく上で重要になります。

私が今思いつくアプローチ方法だけでも大きく分けて7つのアプローチ方法があります。

動画では、9種類解説してます↓

  ダイレクトマッサージ

<触診>

臍から4横外側のところから前額面上垂直方向に指を侵入していき、そこから内側に指を入れていくと大腰筋の筋腹を触れることができます。

<方法>

これはシンプルに、大腰筋をマッサージする方法です。

 

  ディープフロント・ライン(DFL)のつながりを使う

小胸筋、斜角筋、内転筋、内側ハムストレングス、腓腹筋内側、後脛骨筋、頸長筋など、

アナトミー・トレインの著書で知られているDFLのつながりを活用して筋を調整する方法です。

大腰筋自体の硬さが、DFLでつながりがある他の筋の硬結により硬さができているという考え方のもと筋を緩めていきます。

 

  近位のハムストレングスとのつながり

近位(坐骨結節に近い部分)のハムストレングスが収縮ができる状態(筋が伸びることも縮むこともできる状態)に調整をすることで、大腰筋も収縮しやすい状態(筋が伸びることも縮むこともできる状態)、つまり緩んでいる状態になるため、近位ハムストレングスへのアプローチで大腰筋を調整できます。

 

  腎臓とのつながり

大腰筋と腎臓は解剖学的に隣接しており、腎臓の硬さにより大腰筋の硬さを作っているケースが多々あります。

筋・筋膜ではなかなか取り切れない硬結やすぐ硬さが戻ってしまうような症状の患者様には腎臓の調整により、大腰筋を調整できるケースが多いです。

 

  肝臓とのつながり

解剖学的に肝臓は横隔膜と接しており、横隔膜と大腰筋はDFLのつながりで直接つながっています。

そのため、肝臓の硬さを取ることで横隔膜が緩み、結果的に大腰筋が調整できるケースがあります。

特に、TH12L!の部分(横隔膜と大腰筋のクロスポイント)の硬結に関しては、肝臓由来のものが多いです。

 

  経絡(脾経、肝経、腎経)とのつながり

②で解説した通り、大腰筋はDFLの筋膜に含まれます。

DFLは、経絡の中の脾経、肝経、腎経とリンクしている傾向にあります。

そのため、この3つの経絡の調整や経穴を調整することで大腰筋の硬結を取ることができる方もいます。

 

  腰椎を使った大腰筋リリース

腰椎を操作することで、大腰筋の調整は可能です。

理由としては、

・腰椎肋骨突起に付着する筋のため

・多裂筋とのつながり(ICTSTの運動連鎖)

運動連鎖では、多裂筋が伸張されるときには大腰筋も伸張し、多裂筋が短縮するときは大腰筋も短縮するといったつながりがあります。

 

以上、7つのアプローチ方法の具体例を挙げました。

他にもアプローチ方法はあります。

 

なぜ、いろいろなアプローチ方法を知っておく必要があるのか?

それは、

対応できる患者様の数が圧倒的に増えるということです。

逆に、

1つか2つしか大腰筋のアプローチ方法を知らないと、

対応できない患者様が出てきてしまうことになります。

大腰筋が痛みやパフォーマンスの原因だと評価で分かっていても、しっかりと調整ができるスキルを持っていなければ非常に勿体ないです。

患者様によって、筋膜のつながりでアプローチで緩む方もいれば、経絡・内臓のつながりを知らないと緩まない方も中にはいるのです。

なので、

セラピストとしてどんな患者様にも結果を出すためには、

1つの筋・関節に対するアプローチの引き出しをどれだけ持っているか。

がとても重要だと思います。

 

なので、

1つの手技にこだわらず、様々な角度から1つの筋や関節に対するアプローチをしていく視点を日々の臨床に取り入れていただけたらと思います!

次回のメルマガでは、実践方法を実技でお伝えしますので楽しみにしていてください♪

<関連記事・動画>
こむら返りに対する対処法と指導↓
https://bit.ly/2ykLXjW

全身揺らしで身体活性法↓

本日は以上になります。

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき誠にありがとうございました

FB・ツイッターでシェアしてくれると嬉しいです。

ALLアプローチ協会 山口拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 頭部・表情筋の意外な重要性とアプローチ効果について
  2. 【内臓治療】なぜ肝臓を治療する必要があるか分かりますか?
  3. 視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】
  4. 花粉症に対する、内臓・頭蓋治療+食事指導
  5. 内転筋の効果的なアプローチに必要な知識・重要性について

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    内臓評価時間を短縮する問診スキル「西洋編」

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木 正道です。…

  2. ALLアプローチ協会

    【内臓治療】便秘に対する内臓アプローチ(大腸の奇形や変形パターン含め)

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  3. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛介入の新しい知見!~運動連鎖の視点から考える~

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

  4. ALLアプローチ協会

    なぜ「咬筋」の治療が頭痛改善に繋がるのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  5. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?

    皆さんこんにちは!ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. ALLアプローチ協会

    足揺らし操体×経絡治療!【全身調整テクニック】
  2. メンタルアプローチ

    東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  3. ALLアプローチ協会

    肩こりアプローチ 肘・手首による影響について
  4. ALLアプローチ協会

    内臓治療 反射点治療の臨床活用法とは?
  5. ALLアプローチ協会

    【筋膜アプローチ】トリガーポイントのおさらいと使用方法について
PAGE TOP