渡会賢太

【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?

いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太です。

本日も、

勉強熱心な理学療法士・柔道整復師・整体師などセラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療のアイデアやヒントをお伝えします。

 

今回は、

【脊柱管狭窄症】なかなか取りきれない痛みを改善させるには?

というテーマでお話していきます。

「脊柱管狭窄症」

という診断で、

腰痛、大腿部のシビレなど、

を訴える患者さんってよくいらっしゃると思います。

 

特に、

長時間の立位、歩行によって、

症状が現れたり、

増悪するような方っていますよね。

 

その影響で、

「買い物に行くのも大変…。」

「途中で休まないと痺れちゃって…。」

「出かけるのもおっくうで…。」

といったことでお悩みの方って多いです。

特に、

外来のクリニックで勤めている理学療法士や、

接骨院で勤めている柔道整復師の先生。

腰痛専門の整体院ではよく診るケースだと思います。

 

そんな患者さんに対して、

皆さんはどのようなアプローチを行っていますか?

脊柱管狭窄症であれば、

腰椎が前弯しないようにするため、

大腰筋や内側ハムや後脛骨筋など、

いわゆる

「ディープ・フロント・ライン(DFL)」上の、

筋を調整することで、

いくらか症状が改善する方も多いでしょう。

しかし、

これだけでは改善しない方がたくさんいることを、

このブログをご覧になっているあなたならわかると思います。

では一体どう考え、どこにアプローチしてくべきなのか?

詳しく解説していきます♪

 

【脊柱管狭窄症は原因ではなく結果】

西洋医学的な考え方では、

「脊柱管狭窄症が原因で痛みや痺れが起きている。」

という風に考えますが、

果たして本当にそうなのでしょうか?

東洋医学など、

代替医療の考え方では、

「脊柱管狭窄症は何らかの原因による結果である。」

があります。

たしかに、

「脊柱管狭窄症によって神経の圧迫を受けて症状が出ている。」

こともあるでしょう。

しかし、

そもそも、

脊柱管狭窄症になってしまった原因がありますよね。

そこに私たちは視点を向けていくことで、

症状改善の糸口や可能性は無限に広がるわけです。

 

「ではなぜ、脊柱管狭窄が起きてしまったのか?」

その一つの可能性を紹介いたします。

 

【中枢から末梢に目を向ける】

脊柱管狭窄症の方の特徴として、

「腰椎前弯で固定している」

俗に言う、

「反り腰」

のような姿勢で、

立っていたり、歩いていると思います。

この姿勢では、

大殿筋や中殿筋などの殿筋軍。

腹横筋・腹斜筋などの腹筋群。

腸腰筋など。

身体の中心部分(体幹・股関節周囲)の筋が、

ほとんど機能していない方がほとんどです。

では、どこで代償しているか?

中枢部が使えていないと、

そのしわよせは末梢部に負担がかかっています。

具体的には、

「後脛骨筋」、「腓骨筋」、「前脛骨筋」、「下腿三頭筋」など、

足部~下腿の筋で過剰に代償していて、

末梢から中枢部の筋を筋膜のつながりで引っ張てしまい、

その結果、

体幹・股関節周囲の筋が収縮不全を起こしたり、

反り腰の原因に繋がったりします。

 

つまり、

末梢部の筋・筋膜、関節、骨が原因で、

脊柱管狭窄症を引き起こしている

という可能性もあるわけです。

 

なので、

脊柱管狭窄症を起こしている根本原因にアプローチすることで、

なかなか取り切れない痛みや痺れの改善に繋がります。

 

【まとめ】

今回は、

「なかなか取りきれない脊柱管狭窄症の痛みを改善させるには?」

というテーマでお話しました。

西洋医学的な視点として、

「脊柱管狭窄症が原因で痛みや症状が現れている。」

がありますが、

そこを一度手放して診て、

「そもそも脊柱管狭窄症が起きてしまった原因は何か?」

に視点を向けることで、

なかなか取り切れない痛みや痺れでも、

改善する糸口を導き出す可能性が広がります。

それを基に、

私が臨床で得た経験として、

「末梢」の筋・筋膜、関節、骨などが、

原因で、

そこへのアプローチによって、

改善するケースが多かったので、

ご紹介させていただきました。

以上に述べた考え方と具体的なアプローチ部位を参考にしていただき、

明日からの臨床で活用していただけたらと思います♪

 

本日は以上になります。」

最後まで当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございました!

ALLアプローチ協会 テクニカルトレーナー 渡会 賢太

 

【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】

セミナー

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです

ピックアップ記事

  1. 苦手な人を無くす抜群の方法とは?
  2. 緊張性頭痛に対するアプローチポイント・思考方法
  3. ストレス軸に対する頭蓋・内臓アプローチ
  4. 便秘に対する7つの筋骨格・内臓・生活習慣アプローチとは?
  5. ストレス・重だるさに対する治療アプローチについて

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    頭蓋仙骨療法を腰痛治療にどう活用するのか?

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございま…

  2. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  3. ALLアプローチ協会

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】

    横隔膜の重要性【内臓との関連、可動力、作用】 皆さん こんにち…

  4. ALLアプローチ協会

    【骨格・筋膜調整】足部アライメントを調整して結果を出す考え方

    おはようございます。いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、…

  5. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part①

    ALLアプローチ協会 スタッフの渡会です。本日も当…

  6. ALLアプローチについて

    アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!

    アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 山口拓也

    椎間板ヘルニアを治すための筋膜・骨格・内臓アプローチ一覧
  2. 健康・体質・栄養

    グルテンがあなたの患者さんの治りを妨げている!?
  3. セルフメンテナンス

    【内臓アプローチ】胃の形と動きを勘違いしていました!
  4. ALLアプローチについて

    瞑想の重要性・効果・方法【内臓治療精度や集中力アップ】
  5. 内臓治療

    内臓マニュピレーション【心臓アプローチ 精度アップする3つの方法】
PAGE TOP