健康・体質・栄養

【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

おはようございます。

All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道です。

本日も当協会のメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今日も

理学療法士・作業療法士・柔道整復師・整体師など

セラピストの皆さんに向けて、

明日からの臨床ですぐ使える治療テクニックや

介入のヒントをお伝えします。

 

今日は腰痛シリーズ第二回

 

下肢からの運動連鎖・筋膜のつながりで腰痛に対応する方法

寛骨前後傾編をお伝えいたします。

 

 

腰痛症状をお持ちの患者様で骨盤のアライメントを調整することは必須となります。

 

いままでなんとなくDFLをリリースすれば腰の痛みが取れていた、

いままでなんとなく筋膜張筋をリリースすれば腰の痛みが取れていた、

いままでなんとなく大腰筋をリリースすれば腰の痛みがとれていた、

いままでなんとなく足部をリリースすれば痛みがとれていた、

 

といった状態で

 

緩めることができ、痛みが改善するものの

 

症状が戻ってしまう

 

リリースできるが筋膜だけでいいのだろうか?

 

といった悩みに、

 

なぜその筋・筋膜を調整する必要性があるのか、

運動連鎖を絡めてお伝えさせていただきます。

 

筋・筋膜は体の中で、一つの筋が

ばらばらに働くために存在するのではなく

 

一定のグループで連鎖的に働くようにシステム化されています。

そのグーループを歩行周期に当てはめていくと

 

・立脚初期・後期グループ

(イニシャルコンタクト:IC  ターミナルスタンス:Tst)

 

・荷重反応期・遊脚準備期グループ

(ローディングレスポンス:LR プレススウィング:Psw)

 

・立脚中期・遊脚中期グループ

(ミッドスタンス:Mst  ミッドスウィング:Msw)

 

の大きく三つに分けることができます。

 

この3つグループに対して、

 

運動連鎖を理解し、

 

どの周期でどの筋が伸長され

どの周期でどの筋が短縮するのかを

明確にすることができれば

自然とアプローチする筋・筋膜が明確になってきます。

 

今回は

・荷重反応期・遊脚準備期グループ(以下LR・Psw)

(ローディングレスポンス:LR プレススウィング:Psw)

 

について説明し、アプローチすべき筋についてお伝えし、

 

運動連鎖によって寛骨の前後傾をコントロールすることで

仙腸関節・腰椎・股関節にかかるストレスを調整する方法を

理解していただければと思います。

 

LRの特徴 歩行周期の中で立脚側の骨盤が最も前方回旋し、かつ前傾する。

Pswの特徴 歩行周期の中で立脚側の骨盤が最も後方回旋し、かつ後傾する。

 

【LRの運動連鎖】

股関節・骨盤:

股関節は屈曲内転

骨盤は前方回旋+寛骨は前傾

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・大殿筋上部、中殿筋後部伸長(寛骨前傾)

・大腿筋膜張筋、大腿直筋、内転筋 収縮

 

膝関節:

膝関節は屈曲し、膝蓋骨上方移動、下腿は後方移動

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・中間広筋伸長

・膝蓋腱・脂肪体伸長

 

足関節:

足部に対して下腿が後方に移動し、

足関節は背屈内反し、前脛骨筋の収縮に伴って

第一中足骨底が挙上し、第一中足骨頭は底屈

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・前脛骨筋の収縮

・ヒラメ筋の伸長

 

 

【Pswの運動連鎖】

股関節・骨盤:

股関節は伸展外転

骨盤は後方回旋+寛骨は後傾

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・大殿筋上部、中殿筋後部収縮(寛骨後傾)

・大腿筋膜張筋、大腿直筋、内転筋 伸長

 

膝関節:

膝関節は伸展し、膝蓋骨下方移動、下腿は前方移動

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・中間広筋短縮

・膝蓋腱・脂肪体短縮

 

足関節:

足部に対して下腿が前方に移動し、

足関節は底屈外返し、前脛骨筋の伸長に伴って

第一中足骨底が下制し、第一中足骨頭は背屈

 

この動きを実現するために必要な筋の作用

・前脛骨筋の伸長

・腓骨筋・ヒラメ筋収縮

 

【腰痛への応用】

寛骨の前後傾を

大殿筋上部・中殿筋後部が収縮することで後傾(Psw)

大腿筋膜張筋・大腿直筋が収縮することで前傾(LR)

でコントロールしている。

 

寛骨後傾や前傾のズレを評価して仙腸関節にアプローチする方法は

当協会でもセミナーでお伝えしていますが、

後傾している方を整復するのは一つの手段として有効ですが、

その寛骨後傾の運動連鎖を作り出しているのが骨盤ではなく

足部や下腿、膝関節が影響している場合や恥骨結合・寛骨を介して

反対側の影響を考慮する必要があります。

 

特に足部の影響を考慮することで腰痛に影響するケースは多くあるので、

IC・Tst、RL・PSwで紹介した

距骨下関節の回内・回外(長趾伸筋・後脛骨筋)

内側縦アーチのコントロールとして前脛骨筋・腓骨筋の調整をして

 

骨盤のアライメントを修正してみてください。

 

今日も最後までメルマガをご覧いただきありがとうございました。

 

今日も一日良い時間をお過ごしください。

 

鈴木 正道

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

【セミナーご案内】

 

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中

 

追伸
特典盛りだくさんのメルマガ登録はこちらから

理学療法士-作業療法士-セミナー

 

ピックアップ記事

  1. 【評価テクニック】経絡と筋膜を掛け合わせた評価方法
  2. 内臓治療の負荷・禁忌について【好転反応‐マニュピレーション】
  3. 手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】
  4. 神経リンパ反射点(内臓治療)を用いた前立腺・子宮広間膜調整【セルフメンテナンス紹…
  5. あなたは腸内細菌の奴隷

関連記事

  1. 山口拓也

    多裂筋の治療が腰痛改善のヒントとなる?【解剖・腰痛・コアマッスル】

    多裂筋が腰痛治療のヒントとなる・・・From 山口拓也埼玉 越…

  2. セルフメンテナンス

    赤血球の質と冷え性・血流障害

    おはようございます。all アプローチ協会 鈴木 正道です。本…

  3. ALLアプローチ協会

    肝臓治療における「五行色体表」の活用

    おはようございます。 オールアプローチ協会  鈴木正道です。 …

  4. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】【膝OA】膝の屈伸制限に圧倒的な結果を出せる筋について

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。…

  5. ALLアプローチ協会

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態と特徴を踏まえて】

    坐骨神経痛で見るべき筋膜・骨格・内臓治療とは…?【病態…

  6. ALLアプローチ協会

    【変形性膝関節症】立ち上がり時の痛みへの対策~運動療法・セルフメンテナンス~

    皆さんこんにちはALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー 渡会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 内臓治療

    内臓マニュピレーション【心臓アプローチ 精度アップする3つの方法】
  2. ALLアプローチ協会

    仙腸関節アプローチ・テクニックの重要性について
  3. ALLアプローチ協会

    内臓治療 胸腺編 【免疫力向上 内臓調整 テクニック】
  4. ALLアプローチ協会

    【内臓治療:肺】胸腔内の膜と胸郭アプローチに関して
  5. 健康・体質・栄養

    体調管理に必要な事!自分のエネルギー量を高める方法!
PAGE TOP