ALLアプローチについて

アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!

アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
アナトミートレインの基礎・基本 ラテラルラインについて(LL)治療まで!
というテーマでお伝えしていきます。

ラテラルラインの基礎~治療まで書かせて頂こうと思います!

【ラテラルラインの筋連結について】

ラテラルライン(LL)は、身体の外側にある筋膜のつながりです!

(下記の流れがLLです!)
長腓骨筋→短腓骨筋→腸脛靭帯→中殿筋・大殿筋・大腿筋膜張筋→外腹斜筋→外・内肋間筋→頭板状筋・胸鎖乳突筋

【ラテラルラインの機能って何?】

・左右から外側面の筋膜(LL)が協調的に下肢~体幹~頸部を固定していることによって、安定した上肢の
機能や歩行などの粗大動作の安定性を作り出している筋膜ラインとなっております!この固定(制限)が人間特有の屈曲・伸展を行えるようにしているんですね!

【ラテラルラインが崩れるとどうなるの?】

ここの筋膜が破綻してしまうと、固定しきれずに真っすぐ歩けなくあるんですよね!トレンデレンブルグ兆候や膝OAによくみられるラテラルスラスト(外側への動揺性)からの膝痛などにつながってしまいます!

【ラテラルラインと痛みの関係?】

ラテラルラインが硬くなると様々な痛みとの関連があります!

ラテラルラインは、協調的な固定に働いていることと伸縮性が無いがゆえに硬くなりやすいです。

それゆえ、すぐに血流障害を引き起こし痛みとつながってしまいます!

具体的には、肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛などに関係しております!

【ラテラルラインの中で注目すべき筋肉とは?】

もちろん、全部大事なのですが1つ1つの筋肉に絞って説明していきますね!

〇腸脛靭帯について
ここの硬さに関しては、リハビリを進めて歩行や動作レベルが上がっても硬さが残っている患者様が非常に多い

ですね。なので、ここの調整方法についてお話させて頂こうと思います!

ポイントとしては、腓骨を調整すること!です。特に頸部骨折の患者様とかは、ラテラルラインが使えず腓骨の

部分に負担がかかってしまうことが多いです!そのため、外側にある骨の腓骨に負担がかかり下方外側にアライ

メントがずれてしまうことがあります。ここの調整をせずに腸脛靭帯自体をストレッチしても良くならないとい

うことです!まずは、腓骨のアライメント修正をしてあげましょう!

そもそも、腸脛靭帯は伸縮性がほとんどないですからね。

他にも大腰筋や胸鎖乳突筋も重要ですが、また今度書かさしていただきますね!

【まとめ】
ラテラルラインで覚えて頂きたい事↓
・ラテラルラインの筋膜のつながりをしっかり記憶すること
・左右から固定することにより、動作を強調的に行える
・ラテラルラインが破綻すると、トレンデレンブルグ徴候やラテラルスラスト、様々な痛みにつながってしまう
・筋肉1つ1つの特徴をしっかり把握する

本日の記事はこれで以上となります!
最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

毎日知識や治療についての知識がたっぷりのせたメルマガを配信しておりますのでご登録よろしくお願い致します!ユーチューブも行っておりますので、そちらのチャンネル登録もよろしくお願いします!

【前回の復習はこちらから↓】
副腎機能、重要性について
https://goo.gl/4Vi9zr

【治療の関連記事はこちら↓】
胸鎖乳突筋の重要性
https://goo.gl/UN1Ldz
大腰筋 筋膜治療
https://goo.gl/mn2Pag

それでは、また明日!
山口 拓也

追伸
栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、運動療法、経絡、エネルギー治療、メンタルアプローチ、心理学を掛け合わせた内容について、ALLアプローチ協会公式メルマガにて配信しております。
興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

理学療法士-作業療法士-セミナー

セミナーのご案内
【心理学×栄養学セミナー】開催致します!
栄養学と心理学の資格取得者でもあるセラピストが数百万円をかけて学んだ心理学や栄養学の知識・技術を同時に学べます。

ALLアプローチ協会

いよいよ【心理学×筋膜・経絡・内臓セミナー】が開催されます!
心理学とすべてのテクニックを掛け合わせた最先端の技術セミナーを学べます!
テクニックだけではなくメンタルアプローチや人生の価値基準の高め方なども学びるセミナー。
以下がセミナー詳細です!

ピックアップ記事

  1. 【頭蓋×筋膜】顎二腹筋・後頭下筋 リリーステクニック&セルフメンテナンスを公開し…
  2. 東洋医学でストレス解消【内臓₋ストレス₋感情】
  3. 【小腸インナーアプローチ】小腸内細菌増殖症SIBO 原因と対応策に関して
  4. 股関節内転症候群と坐骨神経痛の症状・機能障害・治療までのご紹介
  5. 【内臓治療×基本動作】内臓と立ち上がり動作の関係性について

関連記事

  1. ALLアプローチについて

    湿布は効かないという固定観念を手放す

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 テクニカルアドバイザー改め…

  2. ALLアプローチ協会

    【五十肩・肩関節拘縮】 結帯動作の可動域制限・痛みのワンポイント

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます…

  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療】腰椎圧迫骨折の痛みを改善させる方法~後頭下筋~

    いつも当協会の公式ブログをお読みいただき、本当にありがとうございます!…

  4. 健康・体質・栄養

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療?

    大腸、小腸について!経絡治療?役割は?内臓治療? 皆さん こん…

  5. ALLアプローチ協会

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ‼︎

    ネットワークビジネスのメリットとデメリットとは‥?理学療法士のあなたへ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. 山口拓也

    患者様の頭痛を改善するために筋膜リリースが必要な筋肉をご紹介 
  2. 山口拓也

    どんな人でも行動できるようになる秘密のルールとは?
  3. セルフメンテナンス

    【血管アプローチ第4弾】末梢毛細血管を守って増やす3つのポイント(脊柱管狭窄症・…
  4. ALLアプローチ協会

    【五十肩】「仰向けで寝ていると右肩が痛くなる…。」そんな患者様には〇〇を診ろ!
  5. ALLアプローチ協会

    触診の極意「触診の在り方」とは?
PAGE TOP