ALLアプローチについて

浅層フロントライン(SFL)&浅層バックライン(SBL)

フロントライン(SFL)の基礎・応用まで (アナトミートレイン)

皆さん こんにちは 
ALLアプローチ協会代表 山口拓也です。

越谷駅近くのスタバにて
アナトミートレイン集の記事作成中(笑)

最近こんなツイートをしました↓

皆さんはどれだけ挑戦していますか?

 

さて今回は、理学療法士、作業療法士、柔道整復師に向けて
浅層フロントライン(SFL)・バックライン
というテーマでお伝えしていきます。

【浅層フロントラインって?】
浅層フロントライン(SFL)は、スーパーフェイシャルフロントラインと呼ばれております!
身体の前にある浅い筋膜ラインってことですね!ディープフロントラインは、深さが違います!

(下記に筋膜の走行を書かせて頂きます!)
・頭皮筋膜
・胸鎖乳突筋
・胸骨筋
・腹直筋
・大腿直筋
・前脛骨筋
・前下腿区画(長、短指伸筋)

【浅層フロントラインの機能って何?】
バランス機能が一番の機能ですね!

特に瞬間的なバランスに非常に関与しています。

なぜかというと、筋のタイプとして速筋繊維がほとんどです!

なので、大きな外乱刺激の際は速筋繊維が豊富な浅層フロントラインが機能しています!

後は、姿勢保持筋が何個か含まれているので姿勢保持にも関与しますね。(腹直筋や大腿直筋、TFLなど)

リハビリなどで、姿勢保持や外乱刺激でバランスが取れない場合などにSFLの機能が失われている可能性が高いですね!特に後方のバランスですが……

次は、バックラインについて解説いたします!

【浅層バックラインって?(SBL)】
浅層バックライン(SBL)は、スーパーフェイシャル・バックラインとも呼ばれています!
さっきのフロントラインとは、対をなすラインです。

(浅層バックライン(SBL)↓)
・帽状腱膜
・脊柱起立筋
・仙結節靭帯
・ハムストリングス
・腓腹筋→アキレス腱
・足底腱膜

【浅層バックラインの機能って?】
こちらも姿勢保持(直立姿勢)に関与していますね!

抗重力筋である姿勢保持筋が含まれています!遅筋繊維が多く含まれているのがバックラインです。
※赤筋繊維が多いとも言えます!

後面全体の筋膜であるがために
前屈の動きが硬い人は、バックラインが硬くなっている人がほとんどですね。

臨床上でも「腰が重い」「目の上が疲れる」などおっしゃられる方は、バックラインに影響することが多いです!

あとは、帽状腱膜などあまり聞かないかもしれませんが
頭部の血流障害や目の上の疲れ、1次呼吸の阻害するに関与しますので注意ですね!

【まとめ】
浅層フロントライン、浅層バックラインどちらも姿勢保持に関与します。
違うのは、フロントラインが速筋繊維でバックラインが遅筋繊維であること。なので、バランス機能にも非常に影響するので臨床に少しでも役立てて頂ければと思います!

毎日このような記事を配信しておりますので、ぜひメルマガ登録よろしくお願い致します!
ユーチューブもやっておりますのでそちらも確認していただければと思います。

【治療の関連記事はこちら↓】
ラテラルラインについて
https://goo.gl/QetSFA
ディープフロントラインについて

https://goo.gl/nVTYfy
スパイラルラインについて
https://goo.gl/BWmfFF

それでは、また明日!
山口 拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 横隔膜評価、テクニック編【呼吸補助筋や腰痛、背部痛】
  2. 手のアーチ 足のアーチの重要性とは?【構造‐機能‐筋肉】
  3. 【仙腸関節】仙腸関節アプローチの応用的視点
  4. 肝臓治療における五行の活用 「相乗」 「相侮」
  5. 【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part①

関連記事

  1. ALLアプローチ協会

    顎関節症に対するアプローチについて

    from 山口拓也 整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協会…

  2. ALLアプローチ協会

    【症例報告】下腿外側のシビレが運動連鎖のつながりで、8割以上改善した症例

    皆さんこんにちは♪ALLアプローチ協会 代表 山口拓也です。当…

  3. ALLアプローチ協会

    【腰痛治療 パートⅣ】体幹機能を支える神経システムと内臓の関係性

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

  4. ALLアプローチ協会

    血管を知るって楽しいね♪ 血流と内臓から股関節を考える

    おはようございます。 all アプローチ協会 鈴木 正道です。 …

  5. 内臓治療

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法 どちらが効果が高い・・・?

    内臓治療VS頭蓋仙骨療法についてFrom 山口拓也埼玉県 越谷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

プレミアムコースのご案内

年間コミニティー×オンラインサロン

栄養学プロフェッショナル認定コース

関連サイト

 

 

セミナー案内

最近の記事

マーケティング公式メルマガ

美容テクニック専門の公式メルマガ

心理学専門の公式メルマガ

Facebookページ

インスタグラム

YouTubeチャンネル

 

 

 

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

スタッフ・仲間募集中

  1. 内臓治療

    【大公開!】内臓治療における症状別傾向と対策 part⓶左肩編
  2. セルフメンテナンス

    【栄養指導・たんぱく質 パートⅡ】セラピストに必要なタンパク質指導の知識
  3. 山口拓也

    頸長筋を治療することによる劇的なメリットとは…?
  4. ALLアプローチ協会

    古傷、事故、外傷の既往が筋・筋膜・疼痛に与える影響
  5. ALLアプローチ協会

    眼精疲労に有効な筋・関節・頭蓋アプローチについて
PAGE TOP