ALLアプローチについて

体質改善における筋膜アプローチについて

体質改善アプローチの指導

from 山口拓也
ホテル デスク より

いつもALLアプローチ協会公式ブログをお読み頂き、
ありがとうございます!

 

本日は、
体質改善における筋膜アプローチについて
というテーマでお話をさせて頂きます。

 

体質改善ですが、

体質改善のアプローチ方法と栄養指導の脂質の話をさせて頂きました‼︎

 

今回は、パート2という事で生活習慣の栄養指導と筋膜アプローチの話をさせて頂こうと思います‼︎

 

少し前回のおさらいですが

体質改善という言葉は、詳しく話すと

体液(血液・脳脊髄液・リンパ液)の質(栄養・ホルモン・毒素・O2、CO2)を変えることが重要で

内臓アプローチや頭蓋仙骨療法が有効という記事を書かせて頂きました。

生活習慣指導でも利用指導の中で脂質が重要とも書いたので興味がある人は、

ぜひ前回の記事を見ていただければと思います↓

体質改善アプローチについて

 

しかし、体質改善をするためのアプローチや指導するべき事は山ほどあります‼︎

ですから、今回は前回書けなかった内容をお伝えさせて頂こうと思います。

【体質改善に必要な筋筋膜アプローチについて】

まず、なぜ体質改善に筋肉や筋膜が関係するか?という話なのですが

何度も伝えますが、体質改善とは体液の質を変えるという事です。

筋肉の緊張や筋硬結などで、血流やリンパを阻害する事はもちろん

筋肉が骨格のアライメントや動きを制限して1次呼吸の動きを小さくするなど

理由はたくさんあります。

 

その中で私が体質改善として、アプローチして欲しい筋肉は2つです‼︎

1つ目は、大腰筋です‼︎

大腰筋は非常に粗大筋であり、腹部の深層部にある筋肉で

腹部からの下肢への血流に非常に関与します。

また、交感神経幹の近くにあるので自律神経系との関連が深い筋肉です。

 

また、腸腰筋が硬くなるとDFL(ディープフロントライン)全体が硬くなるので

脊柱の動きを阻害します。

 

脊柱の動きやアライメント不良が起こると

脳脊髄液も硬膜管を通して流れにくくなりますし

脊柱の前には内臓があるので、移動力が失われしまい内臓系の機能低下とつながり体質が悪くなってしまいますね。

※移動力とは、器官の位置の他動的変化を指す。

移動力が分からない人はこちら↓
移動力・可動力・自動力

 

2つ目の筋肉・筋膜アプローチとしては

横隔膜です‼︎

横隔膜が重要という話は何度もさせて頂いておりますが、

横隔膜がなぜ重要なのかというと

・リンパ最大のポンプ器官であるという事

・横隔膜から起こる可動力によって内臓は常にマニュピレーションされているという事

・呼吸に関与しているため、自律神経系に影響が出やすい筋肉であるという事

・横隔膜が硬くなると呼吸補助筋が硬くなるため(腸腰筋も呼吸補助筋です)

などなど・・・

 

体質改善をする場合は、この2つの治療は必要不可欠ですのでぜひ行ってください。

もちろん、頭蓋の動きを制限する胸鎖乳突筋とか前頭筋・肩甲骨や骨盤調整なども重要ですよ‼︎

 

 

他にも体質改善で気をつけるべき事はたくさんありますが

1つずつ意識してアプローチしていきましょう。

 

本日も最後までお読み頂きまことにありがとうございました。

ALLアプローチ協会 代表 山口拓也

 

【もし、この記事が気に入って頂ければシェア・リツイートして下さると幸いです↓】

    

 

体質改善アプローチに必要な栄養指導を学べるセミナー↓

体質改善アプローチにも使えるプレミアムコース↓

【メルマガ登録】

興味のある方は、公式サイトよりご登録お願いします。↓

LINE@登録はこちらから LINE@限定の治療テクニック配信中 

「いいね」と思った方は、ツイッター・FB等でシェアしてくれますと幸いです↓

ピックアップ記事

  1. 【心理学×筋膜・経絡・内臓治療セミナーin大阪】面白かった1日!(内臓治療・頭蓋…
  2. 天才になるには……モデリングの方法!
  3. 【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する
  4. 【評価テクニック】評価に必要な3つの診とは?(問診・視診・ 触診)
  5. 便秘で困る本当の理由

関連記事

  1. 内臓治療

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】

    視床下部の重要性【生理学₋症例₋頭蓋治療】ALLアプローチ協会代表…

  2. 山口拓也

    体性感情解放アプローチ(SER)に関連が強い胸骨・肋骨ついて

    from 山口拓也整体院 デスク よりいつもALLアプローチ協…

  3. セルフメンテナンス

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベルアップ】

    グラウンディングの重要性【エネルギーワーク・内臓治療、頭蓋治療のレベル…

  4. 内臓治療

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレーション】

    なぜ、内臓治療を行った方がいいのか…【内臓調整、テクニック、マニュピレ…

  5. 内臓治療

    肺の解剖学・生理学について【肺解剖₋生理】

    肺の解剖学・生理学・治療について【肺解剖₋生理₋治療】…

  6. 健康・体質・栄養

    【腰痛治療 パートⅡ】腰痛に対して、運動連鎖を理解して筋膜を治療する

    おはようございます。All アプローチ協会 関東支部長 鈴木 正道…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


公式メルマガ

LINE@登録

関連サイト

セミナー案内

セミナー案内

最近の記事

Facebookページ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YouTubeチャンネル

17種31個以上の治療テクニックを公開

公式メルマガ

ALLアプローチ協会

セミナー案内

セミナー案内

  1. ALLアプローチについて

    肝臓の運動学的特徴「移動・自動・可動」
  2. ALLアプローチ協会

    グランフェルト三角について・・・上腰三角の重要性!
  3. 疾患別 治療

    脳卒中片麻痺に対する姿勢コントロールの重要ポイント
  4. 健康・体質・栄養

    【血管アプローチ】血管・血流にアプローチする考え方「入門編」
  5. ALLアプローチ協会

    【筋骨格治療】階段昇段時の膝の疼痛でアプローチすべき筋は?
PAGE TOP